CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

検索
検索語句
法人プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
リンク集
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
東北地方太平洋沖地震応援基金
https://blog.canpan.info/npokayama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npokayama/index2_0.xml
NPOのための「新型コロナウイルス対応相談窓口」開設 [2020年05月20日(Wed)]

岡山県内NPOのみなさまへ
新型コロナウイルス感染症に係る支援策について
ご相談ください!


200520npokayama_COVID-19.jpg 5月21日(木)より、岡山NPOセンターでは、岡山県から委託を受けて、新型コロナウイルス感染症により事業の継続や組織運営等に影響を受ける県内のNPO法人をはじめ、様々な公益的な活動を行う団体の皆様を対象とした相談窓口を設置します。
 新型コロナウイルス感染症に関する国等の事業者支援制度(持続化給付金、雇用調整助成金等)のご紹介や申請書の書き方、その他NPO等の事業継続に向けてのご相談など、専用の電話番号、またはWeb受付フォームまでお気軽にご相談ください。


【ご相談方法】
名前、法人の所在市町村、連絡先、相談内容、活動内容、活用したい支援などをご入力いただきます。なお、持続化給付金、雇用調整助成金の申請をご希望の方は、相談の際にはお手元に、昨年度の同じ月の事業収入の比較が分かるものをご用意ください。
また、パソコンをお持ちの方はお手元にご用意ください。


<窓口専用番号>
電話086-206-5673
受付時間:平日10時〜16時 *混雑時は繋がりにくいことがあります。

<ご相談フォーム>
別画面で開く場合はこちらをクリックしてください。


<お問合せ先>
NPO法人岡山NPOセンター
NPO事務支援センター
担当:妹尾(せのお)、那須(なす)、柴田(しばた)、北内(きたうち)
※上記に記載の窓口専用電話番号までお問合せください。
【6/10締切】第2回「新型コロナウイルス感染拡大への対応及び支援に関する岡山県内NPO法人緊急アンケート」ご協力のお願い [2020年05月20日(Wed)]

岡山県内NPO法人及び市民活動団体の皆様へ

【第2回】「新型コロナウイルス感染拡大への対応及び
支援に関する岡山県内NPO法人緊急アンケート」
ご協力のお願い


岡山県内NPO法人及び市民活動団体の皆様において、新型コロナウイルスにより2020年4月〜5月中に受けられている影響および必要な支援についてご意見をお聞かせいただきたく、緊急アンケートを実施しております。
お寄せいただいた回答は集計のうえ、 結果(法人名を除く)について当法人のウェブサイト上で公開するとともに、新型コロナウィルスに関する各種ご支援、NPO法人等への支援策や手続き等の緩和策などへの政策提言へ活かして参ります。
お忙しい時節に大変恐縮ですが、ご協力を賜りたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。

締め切り:2020年6月10日
実施主体:NPO法人岡山NPOセンター

第1回アンケート(2-3月の影響について調査)の結果はこちら
https://blog.canpan.info/npokayama/archive/589


■アンケート用紙のダウンロードはこちら
>>Word
>>PDF

用紙へ回答をご記入の上、FAX:086-224-0997 または E-mail:npokayama@gmail.com まで

■フォームからのご回答はこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[お問合せ先・事務局]
〒700-0822
岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
TEL:086-224-0995 FAX:086-224-0997
E-mail:npokayama@gmail.com
URL:http://www.npokayama.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

200327COVID-19survey_npokayama.png
新型コロナで様々な課題を抱える岡山の親子を支えたい!県内組織が連携する支援プロジェクトとクラウドファンディング、物資の募集を開始しました [2020年05月16日(Sat)]

original.jpg


#だれもひとりではない

心の手で繋がり続けよう!新型コロナに負けない!

おかやま親子応援プロジェクト


新型コロナウイルスの影響拡大により、ここ岡山県でも休校や休業の措置が取られ、子どもたちの育ちや学び、家庭内での親子関係などにさまざまな課題が起こっています。

私たち「おかやま親子支援プロジェクト」は、岡山県内で活動する子どもや親子支援を行う民間組織(NPO、サークル、企業など)が連携し、子どもたちや各家庭をひとりにしないことを目指し、さまざまな体験や学習支援、必要な物資を家庭に届けるための活動を開始致しました。


<プロジェクト内容>

1:オンラインプログラム提供(5月18日〜予定)

子どもたちの生活リズムの乱れや体験不足に悩まれる家庭に、オンラインによる対面型の運動や遊び、工作、音楽などの体験学習のプログラムなど、参加団体が行っているさまざまなプログラムを集めて提供します。

2:学習支援マッチング(5月20日〜予定)

学習の遅れに悩む小中学生の家庭に対し、大学生などによる個別学習支援のマッチングを行います。

3:物資の寄付募集(5月13日〜)

インターネット上で物資支援の仕組みを活用し、体験や学習に必要な材料や道具を集めて各家庭や支援団体へお届けします。

プロジェクト参画団体紹介ページ:https://okayama-oyako.jp/


<クラウドファンディングについて>

上記プロジェクトを実施するための寄付を、クラウドファンディングの手法により募集します。

・募集期間:2020年5月13日12:00〜6月25日 23:00

・目標金額:300万円

※目標金額に達した場合のみ資金調達が可能なAll or Nothing形式です。

クラウドファンディングの実行URL:https://readyfor.jp/projects/okayamaoyako


<物資の募集について>

一般社団法人 Smart Supply Visionが運営する、インターネット上で市民のみなさまからの物資の寄贈を募る仕組み「スマートサプライ(Smart-Supply)」を活用し、体験や学習に必要な道具や材料のご支援を募ります。



<呼びかけ人>

公益財団法人YMCAせとうち / 代表理事 太田 直宏

NPO法人岡山市子どもセンター / 代表理事 美咲 美佐子

サンサポートおかやま / 代表 ボウズ 満恵

NPO法人だっぴ / 事務局長 森分 志学

NPO法人チャリティーサンタ / 理事 河津 泉

NPO法人岡山NPOセンター / 代表理事 石原 達也

ほか、岡山県内の約22団体が参画団体として活動を予定しています(加入受付中)。

ご参画はこちらから>>https://forms.gle/oW6dP2zixqkkQsr9A


okayama-oyako.jpg


<事務局>

特定非営利活動法人岡山NPOセンター

〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64 上之町ビル3階

Tel. 086-224-0995 Fax. 086-224-0997

※現在職員が在宅勤務を行っておりますため、なるべくメールでご連絡をいただけますと幸いです。  

E-mail:npokayama@gmail.com
公明党NPO局会議に出席し要望を行いました。 [2020年05月16日(Sat)]

公明党NPO局会議「コロナ禍におけるNPO法人の事業継続について」に出席し要望を行いました。



2020年5月15日(金)17:00〜18:00に開催された公明党NPO局会議(議題:コロナ禍におけるNPO法人の事業継続について)に、オンラインにて代表理事の石原が出席し、要望を行いました。同会には、公明党より濱村進衆院議員(NPO局長)、山本香苗参院議員、谷合正明参院議員が出席をされ、各省庁から陪席が行われました。

石原からは以下の点について要望しました。

1.小規模なNPO等への持続化給付金に代わる支援
 (1)持続化給付金の代替措置
 (2)雇用調整助成金の改善または代替措置

2.災害に関する対応と協働
 (1)官民連携での体制づくり
 (2)避難所の根本的な見直しと在宅避難者の支援における協働
 (3)民間支援の準備に係る費用的な援助
 (4)民間で行われているノウハウの周知

3.関係機関による助成などの実行


詳細は以下の要望書をご確認ください。

【オンライン】2020年度事務局セミナー 実務講座 会計基礎と会計基準研修 [2020年05月15日(Fri)]

2020年度事務局セミナー 実務講座

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6月25日(木)
13:30〜16:30

会計基礎と会計基準研修

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なぜ会計が必要なのか?
NPO法人の会計基準とは
簡単な仕訳をしてみよう!


●開催日時

 6月25日(木) 13:30〜16:30


●会場

 Zoomを使用し、オンラインで開催します。

 Zoomを初めて使う方でも大丈夫!

 お申込みいただいた方へ、セミナーのご視聴方法について折り返し事務局からご案内のメールをお送りします。


●対象

NPO法人会計担当者など

●参加費

会員:1,500円

非会員:3,000円

※本講座参加へあわせてのご入会もお待ちしております。

>>岡山NPOセンターご入会についてhttp://www.npokayama.org/supporter/


●参加のお申込み

以下いずれかの方法でお申込みください。


【郵便振り込みの方】

@チラシ裏面の申込み用紙をFAXでお送りいただくか、以下のフォームからお申込みください。



Aお申し込み後、指定の郵便口座まで参加費をご入金ください。

 口座番号:01360-3-72091

 名  義:特定非営利活動法人 岡山NPOセンター 代表理事 石原達也

Bご入金の確認後、事務局からセミナーを視聴いただくためのURLをお知らせいたします。


【クレジットカード決済(VISA, Master, JCB, AMEX)、ATM等の方】

@こちらのURL(Peatix)よりお申込みください。


 画面の右側に表示されている[チケットを申し込む]をクリックし、決済へお進みください。

A決済手続きの完了後、事務局からセミナーを視聴いただくためのURLをお知らせいたします。


●講師

岡山NPOセンター 事務支援センター所長 加藤彰子


●お申込み・お問い合わせ先

特定非営利活動法人岡山NPOセンター NPO事務支援センター

〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階

電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997

E-mail:npokayama@gmail.com


(祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)

【オンライン】2020年度事務局セミナー 新設のNPO法人向け実務講座 [2020年05月15日(Fri)]

20200609新設NPO法人向け実務講座 .png

2020年度
事務局セミナー 

6月9日(火) 13:30〜15:30 
新設NPO法人向け実務講座オンラインセミナー



参加お申込みフォームはこちら


●会場

 Zoomを使用し、オンラインで開催します。

 Zoomを初めて使う方でも大丈夫!

 お申込みいただいた方へ、セミナーのご視聴方法について折り返し事務局からご案内のメールをお送りします。

●内容

NPO法人を設立!その後必要な手続きとは

法人として必要なこととは?
●対象

NPO法人設立間もない役職員

これからNPO法人を作ろうと思っている方


●参加費

2,000円


●参加のお申込み

以下いずれかの方法でお申込みください。


【郵便振り込みの方】

@チラシ裏面の申込み用紙をFAXでお送りいただくか、以下のフォームからお申込みください。



Aお申し込み後、指定の郵便口座まで参加費をご入金ください。

 口座番号:01360-3-72091

 名  義:特定非営利活動法人 岡山NPOセンター 代表理事 石原達也

Bご入金の確認後、事務局からセミナーを視聴いただくためのURLをお知らせいたします。


【クレジットカード決済(VISA, Master, JCB, AMEX)、ATM等の方】

@こちらのURL(Peatix)よりお申込みください。


 画面の右側に表示されている[チケットを申し込む]をクリックし、決済へお進みください。

A決済手続きの完了後、事務局からセミナーを視聴いただくためのURLをお知らせいたします。


●講師

岡山NPOセンター 事務支援センター所長 加藤彰子




●お申込み・お問い合わせ先

特定非営利活動法人岡山NPOセンター NPO事務支援センター

〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階

電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997

E-mail:npokayama@gmail.com


(祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)
【オンライン】2020年度事務局セミナー 実務講座 雇用と給与計算 [2020年05月15日(Fri)]

2020年度
事務局セミナー 実務講座  

6月3日(水) 13:30〜16:30 
雇用と給与計算

そもそも人を雇ったらどんなことを考えるのか?
労務の実務ってどんなこと?!




参加お申込みフォームはこちら


●会場

 Zoomを使用し、オンラインで開催します。

 Zoomを初めて使う方でも大丈夫!

 お申込みいただいた方へ、セミナーのご視聴方法について折り返し事務局からご案内のメールをお送りします。


●対象

NPO法人会計担当者など

●参加費

会員:1,500円

非会員:3,000円

※本講座参加へあわせてのご入会もお待ちしております。



●参加のお申込み

以下いずれかの方法でお申込みください。


【郵便振り込みの方】

@チラシ裏面の申込み用紙をFAXでお送りいただくか、以下のフォームからお申込みください。



Aお申し込み後、指定の郵便口座まで参加費をご入金ください。

 口座番号:01360-3-72091

 名  義:特定非営利活動法人 岡山NPOセンター 代表理事 石原達也

Bご入金の確認後、事務局からセミナーを視聴いただくためのURLをお知らせいたします。


【クレジットカード決済(VISA, Master, JCB, AMEX)、ATM等の方】

@こちらのURL(Peatix)よりお申込みください。


 画面の右側に表示されている[チケットを申し込む]をクリックし、決済へお進みください。

A決済手続きの完了後、事務局からセミナーを視聴いただくためのURLをお知らせいたします。


●講師

岡山NPOセンター 事務支援センター所長 加藤彰子




●お申込み・お問い合わせ先

特定非営利活動法人岡山NPOセンター NPO事務支援センター

〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階

電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997

E-mail:npokayama@gmail.com


(祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)

JANPIAに対して提案書に関しての説明を行いました。 [2020年05月05日(Tue)]

JANPIAに対して提案書に関しての説明を行いました。



2020427日に一般社団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)に提出した提案書について、202052日、同会とオンラインにて代表理事の石原達也が面会し、提案書の内容について説明を行いました。


今回の提案書は以下の趣旨で提出したものです。
新型コロナウイルス拡大防止のための緊急事態宣言の影響により、困難を抱える人の増加や家庭内の問題の深刻化、様々な差別などの社会課題が拡大・増加している現状を踏まえて、この事態に早急に対応するために、行政の支援では時間のかかる点や手の届かない点、制度の狭間となる点を埋める「地域社会の共助」が不可欠であり、その担い手として市民社会(NPO、地域組織、公益法人、ソーシャルビジネスなど)の取り組み拡大が必要であることから、そのために休眠預金の活用と現状に即した助成要件の緩和等を提案しました。



石原からは、以下の点について説明いたしました。


1.今回の提案は、岡山を含め17都道府県で行われたNPO1,003団体に対するアンケートの結果を踏まえて行ったものであり、NPOが経営困難に直面する中で、NPO の支援を受けている人も支えを失いつつあり、困難を抱える人が急増しつつある状況に対して早急かつ実効性の高い対応が必要と考えて提案している。


2.そのため、休眠預金制度においても、既存の枠組みを超えて、特別枠を作るなどし、早急かつ実効性の高い支援を第一に、既存の資金分配団体から実行団体に対する追加助成のみありきではなく、新たな手段を視野に入れ、同時に早急かつ柔軟な対応によって、新型コロナウイルスの影響による多様な社会課題の拡大に対して効果的に対応することを提案するものである。


3.今回の提案書の中には織り込めていなかったが、今回の提案の後に呼びかけられた「新型コロナウイルス感染症の危機に対応するための休眠預金等活用法の暫定措置に関する要望書」に石原も賛同しており、47都道府県の市民社会組織に対する基盤強化として事業継続につながる支援を行うべきだと考えている。市民社会組織がなくなってしまっては、事業の担い手がいなくなり、この休眠預金事業も成り立たなくなるからである。


447都道府県単位での早急かつ実効性の高い支援を実現するには、審査基準や補助率、長期的な成果の評価等の要件緩和は一体的に必要不可欠であり、それが織り込まれる前提でなければ、本件について資金分配団体を担う組織についても判断ができないと考えざるを得ない。また、選考をはじめとする事務作業負担を簡略化できなければ、早期に多数の団体に対する助成も行うことができない。その実現を可能にする現実的な運営体制としては、各都道府県にその執行を担いうる連携先組織やそれにあたる組織を持つ団体でなければ難しいと考える。


5.上述の通り、状況の深刻化はさらに進みつつあり、早急にJANPIAからの案を作成・提示いただきたい。またそれをもとに、多くの方が意見を言える機会を設けてほしい。


6.地域の状況深刻度は、日に日に増している。困難を抱える人々についての声を聴くことも増えている。各地でその支え手となる市民社会組織に、早急かつ実効性の高い支援をしてほしい。現状の枠内ではなく、例えば、200億円等の規模を増額するなど大胆な方策を視野に入れて対応をしてほしい。

以上。



これに対し、JANPIAからは現時点では指定活用団体としての役割の中で、活動助成をベースとしつつ、どこまで柔軟に即応できるか模索中であるとの回答がありました。

JANPIAに対して提案書に関しての説明を行います。 [2020年05月02日(Sat)]

一般社団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)より、2020年4月27日に行った提言書の内容に関しての確認のための面会依頼があり、2020年5月2日にオンラインにて面会し、提案書の内容について説明を行うとともに、その内容確認の質問回答を行います。
JANPIAに提案を行いました。 [2020年04月28日(Tue)]

一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)に
新型コロナウイルスの影響による様々な社会課題の拡大・増加の
危機に対する休眠預金の活用に関する提案を行いました。




一般社団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)・二宮雅也理事長に、代表理事の石原達也が「新型コロナウイルスの影響による様々な社会課題の拡大・増加の危機に対する休眠預金の活用に関する提案書」により2020年4月27日、提案を行いました。

新型コロナウイルス拡大防止のための緊急事態宣言の影響により、困難を抱える人の増加や家庭内の問題の深刻化、様々な差別などの社会課題が拡大・増加している現状を踏まえて、この事態に早急に対応するために、行政の支援では時間のかかる点や手の届かない点、制度の狭間となる点を埋める「地域社会の共助」が不可欠であり、その担い手として市民社会(NPO、地域組織、公益法人、ソーシャルビジネスなど)の取り組み拡大が必要であることから、そのために休眠預金の活用と現状に即した助成要件の緩和等を提案しました。

提案書として送付したものには「特定非営利活動法人 日本 NPO センター理事」の肩書が入っていますが、日本NPOセンター内での手続きが取れていないため削除しました
| 次へ