CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 春期集中コース01 | Main | 春期集中コース2012»
夏期集中コース、最終研修・成果発表会終了 [2011年10月01日(Sat)]


8月から開始した夏期集中コースもついに終盤。
9月24日(土)には杖の水ころころハウスにて最終研修を行い
翌、25日(日)には、東山いきいき市民活動センターにて成果発表会を行いました。

[9月24日(土)]最終研修
 8月29日の中間研修以降、再び集合したインターン生。
 アイスブレイクの後、明日の成果発表会に向けた
 プレゼンテーションレクチャーを行いました。

 午後からは、プレゼンテーションワークショップとして、
 下記5点を盛り込んだ発表を早速実践。
  ・インターン先の説明
  ・プロジェクトの目的、活動内容
  ・活動の結果・成果
  ・気づき・発見・反省点
  ・一番伝えたいこと(一番の学び・提案) 
 実践後は、発表方法や態度などについて、他者からフィードバックを受け、
 明日に向けて、各自でブラッシュアップのポイントを確認しました。

 その後は、各自模造紙に向かって絵を書いたり、パソコンでパワーポイントの
 作成をしたり、など、各インターン生それぞれの発表準備を行いました。

 多くのインターン生が深夜(明け方)まで、翌日の発表のために
 発表リハーサルや資料の作り込みに力を注ぎました。

[9月25日(日)]成果発表会
 
 伏見区のころころハウスから、東山いきいき市民活動センターへ地下鉄で移動。

 10時から13時まで、2ヶ月間活動したプロジェクトの成果発表を行いました。
 インターン受け入れ担当者も同席いただき、一言コメントをいただきました。



 <発表プロジェクト・発表者>
 (特)山科醍醐こどものひろば
  松本美紗子(龍谷大学4回生)

 (社福)京都福祉サービス協会
  下中絵里加(立命館大学4回生)

 (特)気候ネットワーク
  中井光左(関西外国語大学3回生)

 (株) Hibana
  小林望美(立命館大学4回生)

 (特)木野環境×(有)ひのでやエコライフ研究所 JV
  野村明弘(帝塚山大学3回生)・中村里奈(京都嵯峨芸術大学3回生)

 (特)テラ・ルネッサンス
  坂口知里(大阪女学院大学3回生)

 (特)Salut
  小野菜々子(立命館大学3回生)・竹内知咲(京都府立大学2回生)

 スペシャルサポートネット関西
  岩下明日香(関西外国語大学3回生)

 いわてGINGA-NETプロジェクト
  中島直行(京都産業大学)

午後からは、「プロジェクトのふりかえりワークショップ」

各インターン先ごとにプロジェクトをふりかえった後、
インターン生、受け入れ先担当者をシャッフルして、
お互いのプロジェクトについての改善点を話し合い。
さらに、インターン先ごとに戻り、改善点を深めました。

最終研修・成果発表会の最後は、「今後への決意表明」
インターン生、受け入れ担当者が輪になって、この2ヶ月をふりかえり、
一人一言、インターンの感想・今後への決意を発表しました。

「今回関わったプロジェクトをもっと高めたい!」
「自分への約束という言葉を大切にしたい!」
「自分の力不足を感じた」
「自分の進路を改めて考えてみたい!」

など、それぞれの「次」、が楽しみな言葉ばかりでした。



これで、NPO・NGOインターンシッププログラム夏期集中コースの
プログラムはすべて終了です。

インターン生のみなさん、受け入れ担当者のみなさま
運営にご協力いただきましたすべての方、本当にありがとうございました!

次回予告!
来年2・3月に活動する「春期集中コース」も現在企画中!
「おもしろそう!」「やってみたい」と思った、学生のみなさんぜひ、ご参加ください。


ユースビジョン事務局


9/25NPO・NGOインターンシッププログラム夏期集中コース成果発表会を開催します! [2011年09月01日(Thu)]

9月25日(日)、京都の東山いきいき市民活動センターにて、
NPO・NGOインターンシッププログラム夏期集中コースの
プロジェクト成果発表会
を開催します!

2カ月間、さまざまな社会的課題の現場で活動をすすめてきた
11名のインターン生がその成果を発表します。

夏期では調査やマーケティング、広報などのプロジェクトすすめてきました。
活動を通じて、地域や社会の中に見えてきたものとは?
インターン生がどのように成長したのか?
挑戦してきたインターン生たちの生の声をお聞きください。

【日 時】9月25日(日) 10:00~
【場 所】東山いきいき市民活動センター
【対 象】
・インターンシップに参加してみたいと考える大学生の方
・インターンシップの導入を検討しているNPOの方、人材育成担当者
・インターンシップを通じたNPOとの連携を考えている大学関係者の方 など
【インターン先・インターン生】
 特定非営利活動法人 山科醍醐こどものひろば
 松本美紗子(龍谷大学4回生)

 社会福祉法人 京都福祉サービス協会
 下中絵里加(立命館大学4回生)

 特定非営利活動法人 気候ネットワーク
 中井光左(関西外国語大学3回生)

 株式会社 Hibana
 小林望美(立命館大学4回生)

 特定非営利活動法人 木野環境×有限会社 ひのでやエコライフ研究所 JV
 野村明弘(帝塚山大学3回生)
 中村里奈(京都嵯峨芸術大学3回生)

 特定非営利活動法人 テラ・ルネッサンス
 坂口知里(大阪女学院大学3回生)

 特定非営利活動法人 Salut
 小野菜々子(立命館大学3回生)
 竹内知咲(京都府立大学2回生)

 スペシャルサポートネット関西
 岩下明日香(関西外国語大学3回生)
 中島直行(京都産業大学)

◆ご興味がある方は、ぜひお越しください!
*NPO・NGOでインターンするってなんだろう?という方はとくに必見です!

【主 催】ユースビジョン
事務局:ユースビジョンインターン担当:高橋・三輪
電話:075-254-8617
e-mail: uketsuke@youthvision.jp
インターンサイト: http://www.youthvision.jp/internship/


夏期集中コース、中間研修を実施! [2011年09月01日(Thu)]

8月29日(月)、ユースビジョン事務所にて
NPO・NGOインターンシッププログラム夏期集中コース中間研修を行いました。

10:00-11:00 概要説明、チームアイスブレイク
17日ぶりに集まったインターン生。
相手との共通点や相違点を探すゲームを行いました。



11:00-12:00 団体・活動紹介ワークショップ
今までのインターン活動をふまえ、
改めて団体のミッションは何か、事業内容は何か、
そして現在自分が行っているプロジェクトの目的・意義・これまでにやってきたことを
各班にわかれ班内で発表し合いました。
17日間のうちでも、様々なことを感じてきたようで、
これまでの活動での気づき・発見が多かったようです。




12:00-13:00 昼食休憩
13:00-14:00 反省点・目標共有ワークショップ
これまでの活動でわからなかったことや、反省点などを
・これまでにやってきてよかったこと
・これまでに活動でうまくいかなかったこと
・これからの活動で改善すべきこと
・これまでの活動でよくわからなかったこと
の4点を個人でワークシートに記入しました。

その後、プロジェクトの目標を共有しながら
班内で発表し合いました。
はじめてお互いのインターン活動内容が見え、
「それってどういうことなん?」という質問がたくさんありました。

14:00-16:45 問題洗い出しワークショップ
プロジェクトの目標を達成するために、
・これからやらなければならないこと
・不安なこと
・団体にたしかめなければならないこと
をポストイットに書き出しました。

その後、班内で話し合いながら、
上記の中で一番大切なプロジェクト上の問題は何かを1枚の紙に書き出しました。
そしてその問題について、背景・原因・考えられる対策について書き出し、自分の班以外のインターン生からも対策やアドバイスをもらいました。

最後に、コメントを踏まえ成果発表会にむけての意気込みを一人ひとり発表しました。




16:45-17:00 事務連絡



事前講義から17日間が経ち、
現在までの各インターン生の活動状況について報告。
それぞれのの活動の問題を洗い出し、
残りのインターン活動に向けて各プロジェクトの目標を再確認した中間研修。

参加したインターン生からは以下ような声があがりました。
「仲間と問題を共有できた」
「これからの活動に向けてやるべきことがはっきりした」

これから後半のより本格的な活動に取り組むインターン生たち、
すでに長期のインターンにもチャレンジしたいという意気込みも聞かれ、
成果発表会が楽しみです!
夏期集中コース、事前講義3日目 [2011年09月01日(Thu)]

事前講義期間も最終日。
インターン生は緊張もほぐれ、
朝から集まったインターン生同士で会話が弾んでいました。


8月10日(水)
10:00-12:30  NPOでのCRM・顧客管理
         栗田佳典(テラ・ルネッサンス)
午前中は、実際にセールスフォースを使って顧客管理をされている
テラ・ルネッサンスの栗田さんからCRM・顧客管理について講義がありました。

また、ワークでは「戦略とは?」という考える時間もあり、
カメとうさぎのレースで、カメが確実に勝つ戦略を考えるワークもあり、
ワークを通して戦略のイメージを深めました。




12:30-13:30  昼食休憩
13:30-16:00  広報とPR
   森本のり子(きょうとNPOセンター)
午後からは、広報について学びました。
はじめにチラシらっくや、長机に広がっているチラシから
自分の目に止まったチラシを選びました。
そのチラシは、どんな色をしているのか、どんなレイアウトなのか、どんなフォントを使っているのかなどチラシを分析しました。
また、後半の講義では「◯◯に向けてのPRアクションプラン」を考えるワークを行いました。
インターン先である団体の「目的」「目標」「手段」を記入し、
誰に向けて広報するのかなど、広報についてワークを通して理解を深めました。

各々のワーク作業でしたが、インターン生全員が真剣に取り組む姿勢が見られました。




16:00-16:30  事務連絡・日報について
   高橋あゆみ(ユースビジョン)
16:30-17:00  活動への決意表明
          片付け・移動
最後にこれからはじまるインターン活動にむけて、決意表明をしました。
事前講義での1日目ではとても緊張を感じられたインターン生も
この決意表明では堂々と発表をしており、これからのインターン活動がどのようなものになるか期待と不安を抱えている表情でした。

18:00-20:30  懇親会
本インターンシッププログラムの運営も交え、懇親会を行いました。





参加したインターン生からは
「インターンについての具体的イメージができた」
「同じ思いを抱いている仲間がいることが分かり、心強かった」
などと、これからのインターン活動を始めるにあたっての
意欲がみられる感想がありました。


これから社会課題に取り組む現場に挑戦するインターン生たち。
どんな気づきや発見が待っているのでしょうか。
9月末に行われる最終研修が今からとても楽しみです。
夏期集中コース、事前講義2日目 [2011年09月01日(Thu)]

2日目もユースビジョン事務所にて、夏期集中コース事前講義を行いました。
緊張しっぱなしの1日目を終え、少し疲れている様子もありました。

2日目は主に「社会調査」と「マーケティングリサーチ」を学びました。

8月9日(火)
10:00-13:00  NPOにおける社会調査とマーケティングリサーチ
        三輪芳和(ユースビジョン)
午前中は「調査」というキーワードを用いて講義が進みました。
はじめに講師である三輪の自己紹介を兼ねて、三輪にとって「調査」が
いかに身近なものであったか紹介されました。

次に、「調査」と聞いてどのような調査があるのか
思いつく限りポストイットに書きだすワークを各班で行いました。
「世論調査」「アンケート」「浮気調査」など様々なワードが出ました。


13:00-14:00  昼食休憩
14:00-17:00  調査の手法と進め方
         三輪芳和(ユースビジョン)
午後は「調査の進め方」を学びました。

はじめに、質問紙調査について実際に質問紙を見て、
どの部分が、どのように問題なのか話し合いました。

次に、実際にヒアリング調査を体験しました。
言葉の表現を変えるだけで、相手からの答えが違うように返ってくるというのを実感していました。




そして、調査報告の方法はどのような方法があるか、各班で出し合いました。
「ウェブサイト」を使っての報告や
「メディア」を使っての報告。
また「報告書」としての報告など、様々な報告の仕方があるのだと学びました。

最後に、調査をする上で大切なことを聞き、2日目が終わりました。






3日目へ続く。
夏期集中コース、事前集中講義を実施! [2011年08月11日(Thu)]

8月8日(月)・9(火)・10(水)の3日間、ユースビジョン事務所にて
NPO・NGOインターンシッププログラム夏期集中コース事前講義を行いました。

3日間連続の集中講義で、
NPO・NGOの実態とそこで活動する人びとの思い、
NPOにおけるマーケティング、調査、顧客関係管理、広報などについて、
ワークショップを交え、各インターン生が学びました。


プログラム:
8月8日(月)
10:00-11:00  概要説明、自己紹介・チームアイスブレイク
         三輪芳和(ユースビジョン)
緊張感が漂う中、事前講義が始まりました。
チームアイスブレイクでは、相手の第一印象だけを見て
相手の好きなものや、趣味などを想像し
当てはまる項目にチェックをし、後で答え合わせをするゲームを行いました。
少し緊張はほぐれたように見えましたが、まだまだお互い緊張しているインターン生でした。




11:00-13:30  京都NPO最前線
   芝原浩美(ユースビジョン)、竹久輝顕(京都市ユースサービス協会)
この講義では
@NPOを知る
Aインターンの先輩を知って、自身を見つける
Bインターン参加の心構えをつくる
というねらいがあると、はじめにインターン生へ伝えられました。

次に、もう少しお互いを知ろうということで、
A4用紙に「インターンの参加動機」と「NPOのイメージ」を書いてもらい
2人1組になり、発表し合いました。
インターン生それぞれが、相手の話を聞こうという姿勢が見られ
また、積極的に伝えようという姿勢が見られました。

そして、講師二人の学生時代に経験された
「NPOスクール」がどのようなものだったかトークセッションが始まりました。
「NPOスクール」に参加しようと思った経緯や、その後の活動、
また今の仕事につながっていることなどを聞きました。
インターン生からの質問では、学生を卒業する際の進路はどのような進路だったのか、など
NPOで働くきっかけを聞く質問がありました。






13:30-14:30  昼食休憩
少し緊張がほぐれてきたところで、昼食休憩。
アイスブレイクで一緒だったチームメンバー同士での交流などがちらほら見られました。


14:30-17:00  NPOマーケティング概論
         小林健司(ユースビジョン)

午後は、NPOのマーケティングを学びました。
その一つとして、この夏期集中コースに参加する学生はどんな学生がいるのか?を考えだして、対象者を分析し、どう短期集中コースというインターンを伝える・届けるのかを考えました。

「SNSをやっている学生が多い」「社会問題に興味がある」
という学生が多く、
「短期だからこそ、インターン経験がなくてもOK」「友人参加OK!」
というキャッチフレーズがあれば参加しやすい、という意見がありました。




2日目に続く。