CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«春期集中コース2012 事前研修5日目 | Main | 春期集中コース中間合宿2日目»
春期集中コース中間研修合宿を行いました! [2012年04月01日(Sun)]

2月29日(水)-3月2日(金)に、
NPO・NGOインターンシッププログラム春期集中コース2012
中間研修合宿を行いました。

この合宿では下記の3つのねらいをもって行いました。
ねらい1)京都府北部・中部地域で活動するNPOや市民活動の実践を、
実体験を通して感じる&知ること。

ねらい2)実際に起こっている課題に当事者として関わり、向き合い、
課題解決の手法やプロセスについて学ぶこと。

ねらい3)このプログラムに参加しているインターン生たちと同じ時間/場所を共有し、
さらに深く交流することで、これからのインターン活動につながること。


【1日目】
9:30-12:30  集合・移動・バスレク
朝、京都駅・二条駅にそれぞれ集合しバスにて北部へ移動しました。
移動時間を利用し、バスの中で「バスレク」を行いました。

この研修合宿のねらいやスケジュールの確認、
今回訪れる地域についての簡単なレクチャー、
そして久しぶりに集まったインターン生をもっと知るために、
二人一組になって他己紹介を行いました。


IMGP0002.JPG


12:30-13:30  伊根町にて昼食
お昼は伊根町にて、伊根の舟屋を眺めながらお昼ごはんを食べました。


14:00-18:00  うみほし公園を体験する
午後からは場所を移動し、今回の宿泊先でもある
京都府立 丹後海と星の見える丘公園(通称:うみほし公園)にて
プログラムを行いました。

チェックインの後は、うみほし公園のスタッフの方から
施設についての紹介がありました。


IMGP0113.JPG




施設ができた経緯やそれに纏わる社会的な歴史、
うみほし公園が取り組んでいる環境に配慮した取り組み等を聞いた後は、
実際に公園内を歩きました。

2月の下旬且つ北部地域のため、
夏は田んぼが広がっている場所が雪で覆われていたり、
雪の上を歩いたうさぎや鹿の足跡を見たりしました。

公園内を散策した後は、
実際にうみほし公園が行なっている体験プログラム
「火から学ぶ(火おこし体験)」を体験しました。

火おこし体験では、うみほし公園のスタッフの方から
火に纏わるお話や実際に火のおこし方を聞き、
3チームにわかれて体験しました。


すぐに火がついた班もあれば
「1、2、1、2」と声を掛け合う班もあるなど
それぞれの班の特徴が時間が経つにつれ
みえてきました。

火がついた火種は
ドラム缶にある木につけ、
最後は大きな火を全員で囲むことができました。


18:00-19:00  夕食
夕食は地元で活動されるPAWWOWさんのよる
地元で採れた食材をつかった手料理をおいしくいただきました。


19:00-20:00  丹後観光口コミ大使語り部の会
夕食後は「丹後観光口コミ大使語り部の会」をお招きし、
丹後地域に纏わるお話を伺いました。
離島の名前の由来や、言い伝えなど
3人の方から興味ふかいお話を聴くことができました。

IMGP0328.JPG



21:00-21:30
入浴後は1日目のふりかえりを行い
様々な話を見聞きしどう感じたか、思い出してシートに書き出しました。


その後、インターン生や事務局スタッフで交流会を行い1日目を終了しました。


2日目につづく。
コメントする
コメント