CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«NPO・NGOインターンシッププログラム長期実践コース第9期 成果発表会開催します! | Main
カテゴリアーカイブ
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
最新コメント
森本のり子
学生名刺第一号 (02/17) カナコ
ポスティング第三弾 (02/16) せばた
Edgeファイナル!! (02/14) せばた
ユースビジョン短期インターン研修会 (02/14) ナナコ
学生名刺キャンペーン (02/07) カナン
学生名刺キャンペーン (02/04) カナン
Edgeファイナル!! (02/02) 高橋あゆみ
きょうとNPOセンターの窓から (02/01) 高橋あゆみ
Cプロ営業チーム 第二回ポスティング (02/01) salut つだ
Cプロ営業チーム 第二回ポスティング (01/31)
連携組織リンク
長期実践コース第9期 プロジェクト成果発表会開催しました! [2012年04月01日(Sun)]

2012年3月18日(日)に、京都私学会館1階大会議室にて
NPO・NGOインターンシッププログラム長期実践コース第9期の成果発表会・最終合同研修を行いました!

10月から半年間にわたり、インターン先で社会課題解決のためのプロジェクトに取り組んできた
11名のインターン生の「プロジェクト成果発表会」として、公開形式で行われた最終合同研修。

インターン生やインターン先の担当者・職員、運営委員、修了生の他に、
インターンに関心をもつ学生やNPO職員、本プログラムの春期集中コースのインターン生に来場いただき、
総勢52名が参加しました。


9:45-13:00 成果発表会
はじめに本プログラムの趣旨説明や内閣府・地域社会雇用創造事業交付金事業の2年間の取り組みの総括などを説明。
その後、下記9プロジェクトの活動内容やそこでの気づき、
生み出した成果とゴールへの達成度合い、今後の改善点など、プロジェクトの成果を発表しました。

【インターン先団体・プロジェクト名・インターン生】
1.「公益活動ポータルサイトやラジオを通じて、NPOの情報発信力・社会的信頼向上に取り組むプロジェクト」
特定非営利活動法人 きょうとNPOセンター
橋岡七海


2.「テラ・ルネッサンス啓発&物販事業」
特定非営利活動法人 テラ・ルネッサンス
和氣彩可

3.「子ども達の放課後支援活動の展開」
塔南の園児童館
大谷理栄、米田明花

4.「公益活動ポータルサイトやラジオを通じて、NPOの情報発信力・社会的信頼向上に取り組むプロジェクト」
特定非営利活動法人 きょうとNPOセンター
矢部亜花梨

5.「edge成果発信プロジェクト」
特定非営利活動法人 edge
下中絵里加

6.「東日本大震災支援活動(テラ・ルネッサンスともつな基金)」
特定非営利活動法人 テラ・ルネッサンス
松波澪

7.「地域の人が気軽に集える場を創ろう!〜福祉サロン(カフェ)の運営システムをデザインするプロジェクト〜」
社会福祉法人 京都福祉サービス協会
竹本真梨

8.「精神に障害を持つ女性たちの働く場作り サリュ×インターン生×企業」
特定非営利活動法人 サリュ
小野奈々子、竹内知咲

9.「芸術文化による地域コミュニティー活性化とまちづくり」
特定非営利活動法人 劇研
松原久


IMGP1760.JPG


9期生の発表方法は自分の得意分野を活かしながらの寸劇や落語なども見られました。
また、インターン先担当者の方が実際に舞台に登場するなどのシーンも見られました。

夏期インターンから長期へと継続されたインターン生は
約8ヶ月プロジェクトに関わることによって得られた成果があったようでした。
中間研修からは見違えるほどの堂々とした発表で、
半年間社会課題に向き合い、自分に向き合ってきた様子がうかがえました。

それぞれの発表後に質疑応答の時間を設け、来場者やインターン生、修了生、他のインターン先の職員から、
事業の対象者からの反応はあったのか?
気づきや課題に対してどのような工夫を行なってきたのか?など、プロジェクト成果に関する深い質疑が飛び交いました。
質疑応答時間後にはフィードバックとして、インターン生や修了生、他のインターン先の職員から、ここがよかった!
もっとこうすればよくなるのではといった意見を、来場者から感想・コメントを記入していただきました。


13:45-14:45 インターン先ごとでプロジェクト・自己のふりかえり
午後は各発表に対して来場者の方から得たフィードバックや感想・コメントを見ながら
インターン先ごとにプロジェクトや自己のふりかえりなどを行いました。

今後プロジェクトをどう引き継ぐのか、
どのようにしたらよりよいものとなるのか等を
インターン先の方と真剣に話している様子でした。

また、自己のふりかえりとして
参加動機は?参加目的はどのようなものだったのかなど
自己への成長についても向きあいました。

IMGP2190.JPG


15:00-16:40 プログラムのふりかえり
プログラムの全体のふりかえりとして改めてこのインターンの成り立ちを
運営委員の竹久さんより説明がありました。

そしてその後、インターン生と修了生で4グループつくり
インターンシッププログラムに対するふりかえりを行いました。

・「長期実践型」コースの成果と課題
・合同開催についてのふりかえり
・プログラムをよりよくするためには
上記3点の観点から、合同作業日や期間についてなどを
本年で修了生と語り合いました。

また、一方では担当者のみのふりかえりとして
・団体にとっての成果と課題
・運営側への要望 など
実際に受入れにあたっての成果や課題、現状を共有しました。

IMGP2214.JPG


16:50-18:00 今後について宣言
最後にこのインターンを通して気づいたことや学んだこと
そして今後について宣言を共有しました。

修了生や担当者の方からは、今後修了生として関わるインターン生に対して
エールが送られました。




半年間走り続けたインターン生の顔は
とても晴れ晴れしく今後の活動や自分に向き合い、
さらなる一歩を踏み出しました。


インターン生のみなさん、受け入れ担当者のみなさま
運営にご協力いただきましたすべての方、
半年間本当にありがとうございました!


これからの深化にもご注目ください!



IMGP2453.JPG
コメントする
コメント