CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【7/2(土)】リアル・インターンシップ・フェア2011開催しました! | Main | 9期プロジェクト No.17 京都フォーライフ»
カテゴリアーカイブ
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
最新コメント
森本のり子
学生名刺第一号 (02/17) カナコ
ポスティング第三弾 (02/16) せばた
Edgeファイナル!! (02/14) せばた
ユースビジョン短期インターン研修会 (02/14) ナナコ
学生名刺キャンペーン (02/07) カナン
学生名刺キャンペーン (02/04) カナン
Edgeファイナル!! (02/02) 高橋あゆみ
きょうとNPOセンターの窓から (02/01) 高橋あゆみ
Cプロ営業チーム 第二回ポスティング (02/01) salut つだ
Cプロ営業チーム 第二回ポスティング (01/31)
連携組織リンク
9期プロジェクト No.16 京都フォーライフ [2011年07月27日(Wed)]

情報発信力向上プロジェクト

▼団体名;特定非営利活動法人 障害者就労支援事業所 京都フォーライフ

▼プロジェクトテーマ:情報発信力向上プロジェクト

このページの印刷はコチラ





▼プロジェクト概要:
京都フォーライフに関する情報発信を行っていただきます。
京都フォーライフは、障害者の就労支援を行う、就労継続支援A型事業所で、3つの工場と、4つの施設外就労先を持つNPO法人です。会員0人、寄付も受けずに、自らの事業収入だけで運営できて、職員にも、利用者にも、給料が支払える団体です。
このように事業収入で事業を運営できておりますが、もっと地域への発信、そして、地域を巻き込めるようなNPO法人を目指しております。
京都フォーライフは、企業を地域の社会資源として位置付け、地元企業と協力して設備や社屋を有償で借り受け、地域(とくに地元の企業)と連携し、より充実した就労支援を行なっていきたいと考えています。そのため、充実した情報発信が行なえるように、我々スタッフ一同とインターン生が共同で情報環境の開発・整備を協力して行なうのが本プロジェクトとなります。







▼業務内容:

既存のブログを使用しながら情報発信を行なっていただきますが、Twitter
やFacebook等得意とするSNSがあれば、そちらも並行させて進めて行くことも可能です。
1.意識調査
他のNPO団体の方や助成財団、企業、可能であれば、支援者さんからのブログに対する反応を調査します
2.ブログを書くスキルを身につける
  どんなブログが人気なのか調べる 等(情報量、書き方、対象者 等)
3.ブログを書く
 京都フォーライフは。人とのつながりももちろんですが、企業等との連携を望んでいます。このあたりの開発をお手伝い願えればと考えています
4.マニュアル作成・体制づくりの提案
※本プロジェクトでは、スタッフと共同で、ブログアップ、書き方のルール、マニュアル、そして体制づくりをすすめ、より地域を巻き込めるようなメッセージを発信し、コミュニケーションを促進していきます。
思わず観てしまいたくなるような視覚的な効果、有効的な寄付の集め方、HPを作るならこんなスタイルが良いです等の提案をして頂き、共同で作業できればと考えています。


▼採用人数:2名

▼勤務地:
京都府久世郡久御山町佐山新開地16
最寄り駅:近鉄京都線大久保駅から、京阪バス淀駅行きに乗車して頂き下津
屋口バス亭下車、徒歩5分。



▼勤務日数、時間:
2日程度/週
※日程は要相談の上で決定いたします。


▼参加必須行事・会議:
忘年会、バス旅行は職員・利用者との交流が深まる機会ですので、可能であれば出席ください。費用は京都フォーライフが負担します。

▼必要なスキル・知識・経験
・基本的なPC操作
(■Word、■Excel、■PowerPoint、■メールソフト)

▼参加要件:
パソコンが得意な方
(パソコンなしでは生きられないという方は大歓迎)。
利用者との交流も重要なミッションとなります。余った時間はできるだけ、作業場に入り、利用者の声、職員の声を集めて、依頼する業務内容に反映させて下さい。



▼団体、もしくはインターンに適する人材像;
今回は、障害者施設での情報発信をお手伝い願いますが、「いっちょ、NPOでやったろかい」という方は大歓迎です。

▼事前学習事項・図書・ウェブサイトなど
・パソコンのタイピング練習
・情報を発信するのですから、文章には親しんでおいてください。
*例えば、毎日欠かさず新聞を読むなどの事で結構です。


▼費用弁償
 報酬 なし
□支給 ■自己負担(調査交通費のみ支給)


▼インターンを通して得られること
・どれぐらい、京都フォーライフの環境が変わるのか、そんな事が確認できると思います。
・誰に、どんな情報を、どのように伝えるかなど、情報発信力が高まります。



▼団体情報
―ミッション:利用者が『自信』と『誇り』を持って働くために〜、これが、京都フォーライフの基本理念であります。京都フォーライフは、従来の箱ものに依存する福祉の在り方を否定し、企業を地域の社会資源と位置付け、地元企業と協力し、社屋と設備を借り受け、低コストで大きな障害者雇用の場を創出してきました。また、京都フォーライフは、障害者自立支援法に則した訓練給付金に依存した運営では、利用者に最低賃金を保障することが難しいと判断し、職員自らが企業との共同の中で新しい事業を起業し、利用者の最低賃金確保を目的として収益事業に取り組む姿勢は、イギリスを中心に展開される社会的企業と同様に位置付けられるでしょう。

―主な事業
特定非営利活動法人障害者就労支援事業所京都フォーライフ(以下、京都フォーライフと記述します)は、京都府久世郡久御山町狭山新開地16番地の久世工業団地内に2009年3月24日に開所しました。京都フォーライフは、その立地条件を活かし、地域企業と共に歩む就労継続支援A型事業所です。職業を求める障害者に、雇用契約を結び働く場を提供するとともに、企業就労を目指す障害者の就労移行支援を実施します。すなわち、倒産や解雇された利用者、年齢的に長時間労働が困難な利用者に対して安定的な仕事を提供し、企業就労を目指す利用者には、職員が積極的に職場開拓を実施し、企業就労へと移行させることが他施設と大きく異なる特徴と言えるでしょう。

代表者 井上 学
設立年 2009年3月23日
組織体制
     常勤職員  12名 (法人全体では、約3,000名)
     非常勤職員 2名
     インターン 0名
     
上記のほか、ボランティアはいません
URL http://canpan.info/open/dantai/00006465/dantai_detail.html

*このプログラムに関する問い合わせは、下記事務局まで。
(特)ユースビジョン (担当:高橋、三輪)
E-mail: info@youthvision.jp Tel:075-254-8617(火〜金 13:00-18:00)


コメントする
コメント