CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«9期プロジェクト No.14 塔南の園児童館 | Main | 【7/2(土)】リアル・インターンシップ・フェア2011開催しました!»
カテゴリアーカイブ
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
最新コメント
森本のり子
学生名刺第一号 (02/17) カナコ
ポスティング第三弾 (02/16) せばた
Edgeファイナル!! (02/14) せばた
ユースビジョン短期インターン研修会 (02/14) ナナコ
学生名刺キャンペーン (02/07) カナン
学生名刺キャンペーン (02/04) カナン
Edgeファイナル!! (02/02) 高橋あゆみ
きょうとNPOセンターの窓から (02/01) 高橋あゆみ
Cプロ営業チーム 第二回ポスティング (02/01) salut つだ
Cプロ営業チーム 第二回ポスティング (01/31)
連携組織リンク
9期プロジェクト No.15 山科醍醐こどものひろば [2011年07月19日(Tue)]

こどもへの豊かな体験はみんなの寄付で支えよう

▼団体名;特定非営利活動法人 山科醍醐こどものひろば

▼プロジェクトテーマ:子どもに地域の体験活動プレゼントプロジェクト
このページの印刷はコチラ






▼プロジェクト概要:
 子どもの成長には、家庭や学校だけでなく、地域/社会でのキャンプやものづくり体験等が大きく役立ちます。しかし、参加したくても参加費が大きな負担となり、だれもが参加できるわけではありません。そう「あきらめている」子どもたちがいるんです。そしてその「あきらめている子ども」こそ、そのような体験が必要な場合が少なくありません。
※具体的に山科醍醐こどものひろばが行っている体験活動は、
ホームページ:http://www.kodohiro.com/
活動ブログ:https://blog.canpan.info/kodohiro/ をご覧ください。

 本プロジェクトは、そんな「あきらめ」を抱えた子どもに、地域から寄付を集め、その寄付で参加費を補助するというカタチで、体験活動を「プレゼント」していく取り組みです。未来を支える子どもたちの「豊かな育ちの場」を一緒につくっていきます。具体的には、参加費補助のための「資金調達(ファンドレイジング)」、寄付者とのコミュニケーション、参加費補助を受ける子どもたちが、ただ免除や補助で守られるだけでなく一緒にこの仕組みを盛り上げて行けるように働きかける仕掛けも検討して行きます。
※寄付募集サイト:http://www.plus-social.com/shiteikifu/shitei_kifu10_2.html



▼業務内容:

○参加費補助の資金調達
・寄付の依頼/広報/営業ツールの作成:寄付募集媒体やSNS運営、また企業等への営業ツールの検討/作成を職員とともに行う。
・チャリティサロンの企画/実施:平日の午後に定期的に行う予定のチャリティサロンの運営補助や企画の提案実施。
・寄付者とのコミュニケーションツールの作成:寄付者へのお礼状をはじめ、日常的なやり取りができるようなツールを検討する。
・参加費補助制度の利用者が新たなサポーターに変わるための交流や恊働の機 
 会を検討
○地域の支援者との連携事業の補助
 ・寄付やチャリティイベント等で協力いただく地域の商店街等と実施する恊働
 企画の運営補助。⇒支援者とのコミュニケーションと継続的寄付者の獲得に向
 けたサポート的業務



▼採用人数:2名

▼勤務地:
住  所:京都市山科区竹鼻地蔵寺南町2−1
最寄り駅: JR山科駅・京都市営地下鉄東西線山科駅 下車徒歩7分


▼勤務日数、時間:
週2日(週16時間)以上来られる方。
※時間・曜日・日数に関しては応相談

▼参加必須行事・会議:
10月上旬「清水焼の郷まつり」補助、11月上旬「ぐるっとまちフェスタ」(商店街連携)※他理事会・事務局会議・勉強会など随時参加。

▼必要なスキル・知識・経験
・基本的なPC操作
(■Word、■Excel、■PowerPoint、■メールソフト)

▼参加要件:
*基本的に必要なこと
○PCメールで連絡とれる(毎日チェックできる)
○定期的に業務報告ができる
○インターンシップ中も業務以外に読書や外部の研修に積極的に参加する

▼団体、もしくはインターンに適する人材像;
こども・地域に関して真剣に考えてみたい・アクションしてみたい方

▼事前学習事項・図書・ウェブサイトなど
・平成22年版こども・若者白書
(内閣府 http://www8.cao.go.jp/youth/suisin/hakusho.html)
・NPO・市民活動に関する書籍(1冊。何でもよい)
・「社会を変える」お金の使い方―投票としての寄付 投資としての寄付 駒崎弘樹

▼費用弁償
 報酬 なし
□支給 ■自己負担
プロジェクトに掛かる経費・交通費は支給します。

▼インターンを通して得られること
メディアなどで語られている現状ではなく、地域に密着して数字と自身の目で
ニーズや課題を認識し、それらを地域の一人一人の支え合で乗り越えられる事例を学びましょう。また営業や組織運営に関する知識が身に付きます。

▼団体情報
―ミッション:すべての子どもたちが、心豊かに育つことをめざし、地域の社会環境・文化環境がより良くなることを目的に活動しています。

―主な事業
「子どもを真ん中に」をキーワードに、生の舞台を楽しむ活動や、異年齢集団の中での体験活動作り、こどもと家族が自由に集える居場所づくりや生活サポート、文庫活動、子育て相談などを実施しています。

代表者 理事長 幸重忠孝
設立年 1999年設立(前身団体(1980年設立)より改称)
(運営する京都福祉サービス協会は1993年に法人化)
組織体制
     常勤職員  7名
     非常勤職員 4名
     インターン年間15名
     上記のほか、スタッフ50名 ボランティア100名程度
URL http://www.kodohiro.com/


*このプログラムに関する問い合わせは、下記事務局まで。
(特)ユースビジョン (担当:高橋、三輪)
E-mail: info@youthvision.jp Tel:075-254-8617(火〜金 13:00-18:00)

コメントする
コメント