CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«9期プロジェクト No.13 テラ・ルネッサンス | Main | 9期プロジェクト No.15 山科醍醐こどものひろば»
カテゴリアーカイブ
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
最新コメント
森本のり子
学生名刺第一号 (02/17) カナコ
ポスティング第三弾 (02/16) せばた
Edgeファイナル!! (02/14) せばた
ユースビジョン短期インターン研修会 (02/14) ナナコ
学生名刺キャンペーン (02/07) カナン
学生名刺キャンペーン (02/04) カナン
Edgeファイナル!! (02/02) 高橋あゆみ
きょうとNPOセンターの窓から (02/01) 高橋あゆみ
Cプロ営業チーム 第二回ポスティング (02/01) salut つだ
Cプロ営業チーム 第二回ポスティング (01/31)
連携組織リンク
9期プロジェクト No.14 塔南の園児童館 [2011年07月19日(Tue)]

子ども達の放課後を豊かにするプロジェクト
学生による居場所作り活動「Saturday Factory」の展開と発信


▼団体名;塔南の園児童館

▼プロジェクトテーマ:子ども達の放課後支援活動の展開

このページの印刷はコチラ






▼プロジェクト概要:
仲間と遊び、仲間と育つ。年下でも年上でも、男の子でも女の子でも、障がいがあってもなくても、仲間になる。そんな「あたりまえ」のことがあたりまえにできる社会にしていきたい、という思いから、地域のなかで具体的な活動を作っていくプロジェクトです。
放課後や学校が休みの日に友達と遊び、ちょっと年上のお兄ちゃんからは悪いことや大事なことを色々教わる。そうした子どもの集団でのやりとりは、子どもの育ちの中では非常に重要だと考えています。しかし、障がいのある子どもたちにとって、友達と共に過ごす場や機会が極端に不足しているという現実もあり、地域の中で子ども達が安心して遊んだり、友達と関われる場が必要とされています。
そんな思いから、このプロジェクト「Saturday Factory」は、障がいのあるなしに関わらず、子ども達が気軽に集えるプログラムとして、地域の児童館を拠点に活動を行なっています。具体的には、裏庭を活用した園芸プログラム、工作や編み物のプログラムなど少人数を対象とした多様なプログラムを展開し、遊びを通じたつながり作りを実践しています。子ども達の課題や興味から企画し、様々な課題を持った子ども達が自由に集えるように工夫をしながらの活動です。5期インターン生が中心となって活動を立ち上げ、6期、7期、8期のインターン生が学生ボランティアと共に活動を展開してきています。
今回のインターンシップでは、この活動の範囲をさらに広げ、展開していく事と共に、他の地域での活動づくりに向けて発信をすることが重要なテーマです。
活動を継続、発展に向けての取り組みとして、活動を担っていくスタッフ(学生ボランティア)の募集や研修を企画して頂きます。課題を抱え、このような場や活動を必要とする子どもは多くいる反面、子どもたちのサポート役になるスタッフ不足は常に現場の課題です。多くのボランティアを集め、共に活動を行なっていく核になって頂きたいと思います。
活動を広げる為の取り組みとしては、これまでの活動の様子や記録をまとめ、分かりやすい形で他の児童館等に伝えていくことを考えています。どのような形で表現していくかについては、一から相談しながら共に創り上げましょう。


▼業務内容:

<10月>
■プロジェクトの目的と児童館の事業について共有、引継ぎ
■活動へ参加、子ども達との関わりを作る
 →子ども達の特性を知り、関わりに慣れる期間です
※障がいの特性などは人により異なるので、この期間に職員から個別にレクチャーを行います
<11月〜12月>
■活動の企画、実施
  →土曜日の活動(月2回)を運営します。
■プロジェクトチーム作り
  →大学生を中心としたボランティアチームのコーディネート
   活動に向けたボランティア募集作戦の企画、実施
<1月〜2月>
■活動の展開と発信
  →活動の運営とこれまでの活動のふりかえり作業
   活動の記録をまとめ、発信の方法について考えます
   (先輩インターンの協力を得て行います)
<3月>
■活動の発信
 他の児童館等に向けて、この活動の意義を発信します。
■プロジェクトが継続するための取り組み
→引継ぎについての工夫を共に考えましょう



▼採用人数:2名

▼勤務地:
塔南の園児童館
住所:京都市南区西九条菅田町4−2
最寄り駅:近鉄『十条駅』から徒歩5分
     市バス『九条大宮』『東寺南門前』から徒歩10分

▼勤務日数、時間:
週2回程度(原則として、10時〜17時)
※平日の午後の活動、土曜日の活動が中心になります。
※勤務日数は相談の上決定します。
※平日の夜間にスタッフミーティングを行うことがあります。

▼参加必須行事・会議:
・活動は土曜日や長期休暇中を中心に企画します。
 土曜日の予定の予測がつくことを前提とします。
・週1回、平日の午後の活動に参加して頂きます。(曜日は相談によって決めます)


▼必要なスキル・知識・経験
・基本的なPC操作
(■Word、■Excel、□PowerPoint、■メールソフト)

▼参加要件:
・期間中にPCメールでの連絡が取れること
・地域づくりの活動への高い関心があること


▼団体、もしくはインターンに適する人材像;
・小地域の中での人のつながりを創っていく、ということへの意欲と関心を持つ方
・用意されたプログラムに乗っかるのではなく、一緒になって考え、アイデアの提案ができる方。
・コミュニケーション能力がある方


▼事前学習事項・図書・ウェブサイトなど
「障害児の放課後白書−京都障害児放課後・休日実態調査報告」(クリエイツかもがわ)を読んでおいて下さい。
障がいのある児童への支援制度について学習しておいて下さい。


▼費用弁償
 報酬 なし
□支給 ■自己負担
事業実施において発生する経費は当団体で負担します。


▼インターンを通して得られること
・地域の中で人がつながる具体的な場づくりのノウハウと、活動を実践する力は具体的な実践の中でこそ身につきます!
・様々な立場の人とのかかわりを仕掛け、促進していく役割を担います。人とかかわる力は確実に高まります。


▼団体情報
―ミッション:社会で子どもを育てる・子どもが社会を創る
・子どもと子育て家庭を支援します
・子どもの健やかな育ちを援助します
・子どもと子育て家庭を支える地域社会を創造します


―主な事業
・学童クラブ事業
・障がいのある児童の統合育成事業
・乳幼児クラブ、子育てグループ支援事業
・子育て支援ステーション事業
・中高生の活動支援、居場所作り事業 など

代表者 館長 中川左知
設立年 塔南の園児童館の開設は1996年
(運営する京都福祉サービス協会は1993年に法人化)
組織体制
     常勤職員  5名
     非常勤職員 1名
     インターン 1名
     その他、各事業に関わるボランティアとして20名程度参加
URL http://www.kyo-yancha.ne.jp/syousai/tounannosono.html


*このプログラムに関する問い合わせは、下記事務局まで。
(特)ユースビジョン (担当:高橋、三輪)
E-mail: info@youthvision.jp Tel:075-254-8617(火〜金 13:00-18:00)
コメントする
コメント