CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«edge活動報告 | Main | これまでとこれから»
カテゴリアーカイブ
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
最新コメント
森本のり子
学生名刺第一号 (02/17) カナコ
ポスティング第三弾 (02/16) せばた
Edgeファイナル!! (02/14) せばた
ユースビジョン短期インターン研修会 (02/14) ナナコ
学生名刺キャンペーン (02/07) カナン
学生名刺キャンペーン (02/04) カナン
Edgeファイナル!! (02/02) 高橋あゆみ
きょうとNPOセンターの窓から (02/01) 高橋あゆみ
Cプロ営業チーム 第二回ポスティング (02/01) salut つだ
Cプロ営業チーム 第二回ポスティング (01/31)
連携組織リンク
2011.4.16京都新聞を読んで [2011年05月24日(Tue)]

こんにちは(*゚ー゚)v
ユースビジョンインターンの西端です。
インターンの業務の中には新聞からNPOや大学生に関わる記事の切抜きをするという業務があります。
その中で、私の印象に残った記事について、これから少しずつ書いていこうと思います〜
では第二回目☆

2011年4月16日 京都新聞朝刊、野良猫の姿見て
 梅小路公園(京都市下京区)の野良猫の不妊・去勢手術に取り組む市民団体「京都どうぶつあいごの会」が公園の猫を写した「梅猫写真展」を、4月23日まで行っていたそうです。同団体の喜多村賢会長は、「写真のように猫が生き生きと暮らしていけるよう地域で見守ってほしい」と話し、野良猫を虐待したり、飼い猫を安易に捨てたりしないよう呼びかけている・・・という記事でした。

 インターネットで調べてみたところ、同団体は「守ろう!みんなで 小さな命を!をスローガンに殺処分ゼロを目標とし、京都で野良猫の『地域猫活動』『TNR運動』を主に活動する新しく出来た動物愛護団体(http://kyotodak.blog116.fc2.com/)」だそうです。
確かに、犬や猫の殺処分が保健所で行われているというのはよく聞きます。私は実家で猫を3匹飼っており、その猫のうちの一匹は、このような動物愛護団体の野良猫の里親募集がきっかけで飼い始めました。実家の猫もほんの少し運命が違えば殺処分を受けていたかもしれないと思うと胸が痛み、この記事に注目せざるをえませんでした。
 日本では、毎年30万匹以上の犬や猫が殺処分で亡くなっているそうです。また、平成19年度の犬殺処分数は100,963匹、猫殺処分数は209,494匹、犬猫合計で310,457匹にのぼり、これは1日850匹、約100秒に1匹の犬や猫が保健所で殺されている計算になるそうです。
大変悲しいことに、数字で見てしまうとイメージがわきにくく、印象だけでなく衝撃や悲しみさえも曖昧に感じてしまうように思います。このような事を考えていると、3月に発売された某週刊誌上でビートたけしさんがコメントしていた言葉を思い出します。(以下、一部抜粋)
「この震災を『2万人が死んだ一つの事件』と考えると、被害者のことをまったく理解できないんだよ。・・・(中略)・・・そうじゃなくて、そこには『1人が死んだ事件が2万件あった』ってことなんだよ。」
動物に関しても同じで、数字やデータではなく、具体的なペットもしくは大切な人に置き換えてみると良いのではないかと私は考えます。一人ひとりに量ることのできない命の重みと人生があるのと同じように、一匹一っぴきにも命の重みがあります。それを天秤にかけることはできません。私はもう一度この機会に野良猫や捨て犬(猫)の見方を見直し、かかわり方を考え直してみようと思います。  
コメントする
コメント
ちはるん

edgeの川上です。こんにちは。

「管理社会」の時代なのよなって
猫殺処分の話聞いて思ったな。

「動物の個体数」が把握できるようになって、コントロールしようと頑張って、
「人間の人口」もコントロールしてる時代

人っていったん知っちゃうと、色んな事に思いを巡らせて
それに対処したくなっちゃう生き物なんだよね

俺は猫がさっ処分されても、猫が去勢されても、
蚊でも魚でも平気で殺してる自分としては、
何が違うんだと思ってしまうから、あまり
特別なことには思えない部分があるんだが、

雑誌で、猫とか犬がボックスに入れられて、ガスで
殺されてるのを見たら心が動いてしまった自分が
なんとなく欺瞞に見えていやだったな。

「人はもっと、生き物を殺すことをもっと実感したほうが
いいような気もする。いつのまにか、見えなくて済んでしまいすぎて
生きることが楽になりすぎてしまったのかもしれない。」
と自分に投げかけてみたりして・・・・・・・・・

Posted by: 川上純一  at 2011年06月22日(Wed) 12:28

遅ればせながら…

ちはるん、まりりんです。
動物×いのち、には関心があるので
黙ってられなくなりました。笑

ちなみにうちも、昔は捨て犬飼ってました犬
そしてわたしは、いままで犬のいない生活を
したことがないので、ほんとに犬=家族ですね*

一度、動物の権利・福祉や虐待に関する勉強会に
参加したことがあるんやけど、
欧米では日本みたいなペットショップはまれで、
施設や殺処分もほとんど少ないかないくらいみたい。
ペットを飼うのであれば、日本でも店頭販売じゃなくて
きちんとブリーダーから買うのが、
殺処分を防ぐひとつの方法になるかもね音符

かたや実験用動物がいたり、
毛皮に使うために恐ろしい殺し方してたりとか・・・
あとドイツ(たぶん)では、ペット税とか
あるらしいですよん。
ってだんだん関係なくなってきましたが。困った

またお話しましょうー!
長くなってごめんなさい!
Posted by: やのまりか  at 2011年06月21日(Tue) 02:24

よっこんです

ちはるんのブログの今回のテーマは動物、いのち、かぁ。
うちも家で飼ってたネコは野良出身やったよ〜猫
カワイイから今度写真見てラブ(若干強制 笑)

前に聞いたことあるのは、
ヨーロッパではいわゆる「ペットショップ」には餌とか衛生用品とかは売ってるけど、犬とかネコは売ってなくて、里親から引き取るってゆうモデルがあるんやって。

それを日本で導入すべきかは、議論になるとこかもしれんけど
扱ってるのは小さくても立派ないのち。
人間の営利を目的にして、小さないのちを軽視したらあかんよね。

そういや2年前に梅小路公園でお花見してたら
めっちゃ人懐っこい子猫がいつの間にかお花見に混じってたよ。笑
でもきっとあの子もボロボロの首輪付けてたし、捨てられたんやろうな…。

販売業者だけじゃなくて、人間が人や生き物のいのちを「扱う」立場を取るなら、もっと真摯に向き合っていく必要があるね。
Posted by: よこぜき  at 2011年05月26日(Thu) 01:35