CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年08月 | Main | 2010年10月»
<< 2010年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
fuming
すぽっとガーデンの秋 (10/24)
kasumi
フェリーチェ通信110114  (01/23)
うらん
フェリーチェ通信110114  (01/19)
コンテストガーデン出展 [2010年09月30日(Thu)]
キャー!!!!大変なことになってしまいました!

今年も行われる、日比谷公園の日比谷公園ガーデニングショーと、丸の内仲通りで開催される丸の内仲通りガーデニングショーの両方に、コンテストガーデンの出展をすることになってしまいました!

いや、もちろん、エントリーしたのは私たちです。
(色々事情もあるのですがっっ)

実は、どちらのガーデンとも「生物多様性」をテーマにしたガーデン。

今年は国際生物多様性年で、名古屋では10月に「生物多様性」をテーマに国際会議が開かれます。
いわゆるCOP10(コップテン)と呼ばれている会議です。
単にクジラだけ、パンダだけ、守ろう!!!ではなく、それらを取り巻く生態系もすべて守らなければならないということが、ようやく認知されるようになってきて、ようやくこういった会議が開かれるようになりました。

しかし〜!!!

「生物多様性」という言葉を知っている一般の人は本当にまだ少ないのです。

というわけで、コミュニティガーデンなどを自然と仲良くしながらつくっていこう!と具体的に活動してきた私たちが個人が身の丈からできる「生物多様性」についての取り組みを具体的なガーデンと言う形で表現し、みなさんに伝えていこう!!!とメンバーが思いたっちゃいました(*^_^*)

丸の内仲通りのコンテストでは、書類と図面による一次審査があり、58点の応募作品中、15作品が実際に出展できるのですが・・・その一次審査も通過してしまいふたつのコンテストに出展!ということになったわけです。

弱小NPOだし、スタッフも色々忙しいけれど、頑張ります。
準備報告もおいおいしていきますので、応援よろしくお願いいたします

報告:TOM

講座の開催 [2010年09月29日(Wed)]
日比谷公園ガーデニングショー2010
において今年は講座の開催をいたします。

準備を着々を進めているところです。

「植物主義」のくらしとしごと

「キッチンガーデン」「やさい」をテーマに開催します。
講師は『トマトマニア」著者の御倉多公子さん、北海道で
ガーデニング界をけん引しているコテージガーデンの
梅木あゆみさん。
お二人のお話とトークを展開します♪
ぜひおいでください!

日時・・・2010年10月26日(火) 13:30〜16:30
会場・・・日比谷公園「緑と水」の市民カレッジ教室
参加費・・・1,000円(資料代)  定員・・・80名

チラシはこちらです。


印刷してお友達にあげてくださっても嬉しいですし、もちろん、「送れ」と一言いただければ、何部でも郵送いたします。お気軽にメールをお送りください。

お待ちしていま〜す!!!!
メネデール研修 [2010年09月07日(Tue)]
グリーンワークスでは春と秋に各地のガーデンセンターやホームセンターで
園芸セミナーをしています。

これは(株)メネデールという園芸資材メーカーとのコラボレーションで行っていて
「挿し木」や「ランの植え替え」などガーデニングの基礎的な知識を広くたくさんの
方に知っていただくために行っています。

今日は半年に一度の、講師自身が勉強する講習会でした。
朝10時から夕方6時までびっしりの講習会。
土や肥料のこと、お客様が理解しやすいような話し方など、とても勉強になり
ました。

今回、新たに講師チームに入ってくださった方がいたので、各々の自己紹介を
兼ねて、近況報告タイム♪なども和やかに^^
仲間の近況を聞くことも、とても刺激になります。

忙しさに追われてついつい後回しになってしまう自分自身のスキルアップ。
やっぱり日々頑張らなくちゃと想いを新たにした一日でした。

報告:TOM
すぽっとガーデン種まき [2010年09月06日(Mon)]
三鷹の小さなコミュニティガーデン、すぽっとガーデンの活動のサポートをしています。

まずはあいさつ。今日の大まかなスケジュールを確認します。今年の夏の猛暑でかなり枯れてしまったものもあり、枯れた部分を取り除く作業をまずはやることにしました。また、とにかく暑いので水分補給をこまめにやって、作業はさっと早めに終わらせようと言う話も…。(申し訳ないけれど、こう暑くては、お花の元気よりも人の健康維持が大切…)



伸びすぎた部分を切り戻し、、茶色になったものを取り除く作業をします。みなさん1年半前に比べると別人のよう。早くて適確な作業で短い時間でどんどんガーデンがすっきりしてきます。
去年、このガーデンの改修の時に枯れてしまったフヨウの木があったのですが、Mさんが種を取ってあってそこから育てた苗を持ってきてくれたので、元の場所に植えました。


9月は大きなカマキリが出てきます。去年と同じです。


ある程度のところで作業を切り上げてお茶タイム。梨を切ったり、Aさんがメロンを冷やしてくれていたメロンが出てきたり…。優雅なお茶タイムとなりました。この時間のおしゃべりがあるからコミュニティガーデンっていいのですよね。


落ち着いたところで種まき。今年はジフィーセブンというピートモスでできた種まき用のポットに4種類の植物のタネを播きました。芽が出るのが楽しみです。


報告:TOM
コミュニティガーデナー養成講座 [2010年09月04日(Sat)]
コミュニティガーデナー養成講座の第9弾が始まりました!

都立狭山公園で行っている、「コミュニティガーデンを作ることができる人材を養成する」、まる4年続けてきている大好評の講座。なんと5年目に突入!の第1回めが9月4日に始まりました。

自己紹介などを終えた後、コミュニティガーデンにはコンセプトが大切という話をします。


狭山公園の実習花壇の前で前回講座の受講生から花壇の紹介をしてもらいます。


午後は、「コミュニティガーデンとは?」という講義を受けた後、公園レンジャーの案内で狭山公園を知るためのガイドウォークに出かけます。


公園内にはガガイモの花が咲いていました。(すみません。報告者の趣味です



コミュニティガーデンってなんだ?
と、最初はクエスチョンマークでいっぱいだった新規受講生の方も、「コミュニティガーデンって素晴らしい!」「次からの講座が楽しみです!」といった感想を言って、笑顔で帰って行かれました!

報告:TOM