CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年06月 | Main | 2010年08月»
<< 2010年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
fuming
すぽっとガーデンの秋 (10/24)
kasumi
フェリーチェ通信110114  (01/23)
うらん
フェリーチェ通信110114  (01/19)
すぽっとガーデン納涼会 [2010年07月27日(Tue)]

Green Worksで行っている活動の中に、コミュニティガーデンのサポートがあります。
昨年三鷹市が作った小さなコミュニティガーデン「すぽっとガーデン」は、花と緑のまち三鷹創造協会からの要請を受けて昨年からNPO birthと共にサポートを続けているお庭です。

7月は当初12日に活動を予定していましたが、お天気が悪く延期。26日に行いました。前のメンテナンス日から時間がたってしまったのと、この夏の異常なほどの暑さで、一年草は元気がありませんでしたが、多年草や樹木はなんとか頑張ってくれていました。オイランソウが美しかったです。まずは作戦会議をしてその後一気にメンテナンス作業。この時期は涼しく過ごさせてあげるために、風通しをよくします。2年目の夏のメンテナンスなので、みんな慣れた手つきで、さっと作業を終えることができました。

昨年の終わりに「来年は何をしたい?」とみんなで話し合った中で、「納涼会」という意見がありました。日程が変わってしまったためにフルメンバーにはなりませんでしたが、持ち寄った飲み物と食べ物でミニ納涼会。Mさんのガーリック風味のラスクやTさんAさんお手製の桑の実ジャムなどが話題を提供してくれて、楽しい時間となりました。


お酒ではありません。ちょっと気分で、ノンアルコール。
こんな風に、作業と共にみんなが交流できる時間を持つのが、コミュニティガーデンの活動の醍醐味。
三鷹市周辺の方、ご一緒にいかがですか?

報告: TOM

FG植物図鑑100716 [2010年07月17日(Sat)]
ヤマホロシ
別名:ツルハナナス、ソラナム
花言葉:真実・微笑み



ヘレニウム‘マーティーグラス’
別名:ダンゴギク
花言葉:上機嫌・寛容な心



アリストロメリア‘プルケラ’
別名:百合水仙
花言葉:エキゾチック・幸福な日々・持続



ティーツリー
別名:メラルーカ
殺菌、消炎効果のあるハーブ



ユリ‘カサブランカ’
花言葉:雄大な愛・威厳・高貴・純潔
フェリーチェ通信100716 [2010年07月17日(Sat)]
東京は梅雨明け宣言!
昨日、日比谷交差点から撮った空はまさに梅雨明けを予感させるような夏空でした。



この時期のガーデンは暑さとの闘いです。
まず最初の作業はコンテナの水やり。
天水がかからない位置にあるコンテナはいつも水切れ状態なのです。
鉢底からあふれてくるまで、たっぷり、ゆっくりと水を与えます。
Green Worksのガーデンに対する基本的スタンスはローメンテナンス、ローコスト。
水やりに関しても同様で、地植え植物の水やりは植え付け時にたっぷりあげたら、あとは自然の雨任せなのですが、容器の中の限られた空間では、水を求めてどこまでも・・・というわけにはいきません。
水やりの手間はかかりますが、空間を演出するためには、ハンギングやコンテナガーデンは欠かせませんね。



純白のカサブランカが存在感を放っています。
ゴージャスで、洗練された印象でありながら、清楚で上品なオーラが感じられると思いませんか?
花言葉は「雄大な愛」・「威厳」・「高貴」・「純潔」など・・・
カサブランカは、ヤマユリなどの日本原産のユリを数種類ブレンドして作られた
「オリエンタル・ハイブリット」と呼ばれる園芸種のユリです。
そういえば、友達から、ヤマユリが咲いたよ〜とメールをもらっていました。
都会のガーデンのカサブランカを見て、山の中のヤマユリに思いを馳せました。





最後の写真は定点観測です〜



報告 kasumi
フェリーチェ通信100710 [2010年07月11日(Sun)]
毎週金曜日は日比谷公園内フェリーチェガーデンのお手入れの日です。
公園の緑に包まれた明治期に建てられた建物はとても雰囲気がありますね。




今は季節の端境期でもあり、植物にとっては一年でも一番厳しい季節を迎える時期です。
そんな中、清々しさを漂わせてくれる植物たちを・・・

オキシペタラム(ブルースター)


クレマチス“ロマンティカ”


マートル


作業の終了と同時に雨が降り出し、しっとり濡れたテラスです。



365日いつでも綺麗なガーデンを維持するためには毎週のメンテナンスが欠かせません。
それと、もうひとつ大切だと思うのは、多年草を適材適所に配置し、きちんと育てること。
そうすることで、一年草の植え替えを最低限にすることができます。
一年草は華やかだけど、ガーデンの中でなんとなくよそよそしく感じませんか?
季節ごとに現れて、風景を織りなす植物の自然な混ざり合いは目にも優しいですね。

報告 kasumi




フローラルウオーター作り [2010年07月08日(Thu)]
ガーデンで収穫したラベンダーは、主にバンドルズやサシェなどのクラフトに使いますが、専用の器械を使うと、精油やフローラルウオーター(芳香蒸留水)も作れます。
ということで、メディカルハーブの先生をお招きして、フローラルウオーター作りとアロマの講習会を開催しました。



アランビックという蒸留器を使います。
家庭サイズの銅製のイタリア製蒸留器です。



一回分のラベンダーの量はこれくらい。150gです。



タンクの中で熱せられたハーブ成分を含む蒸気が冷却パイプを伝い、
排出口からフローラルウオーターが抽出されます。
上部に浮いている油状のものは精油成分です。



一回の出来上がりは約240ml。
化粧水として、ルームスプレーとして、お風呂にも入れてもオッケイです。
ほんのわずかですが、皆さんに持ち帰っていただきました。
5ml程度とれた精油は今後のプロジェクトで活用する予定です。
新木場ラベンダー収穫中! [2010年07月08日(Thu)]
今日はラベンダーのおすそ分け。
新木場ハーブガーデンでは先月中旬ごろ、ラベンダーが満開となり、
順次収穫を進めてきました。



刈り取ったラベンダーを30本程度に束ねます。
これは一回の収穫量のほんの一部。



束ねたラベンダーは本社ビルエントランスホールの乾燥コーナーで自然乾燥します。
収穫をサポートしてくれる地域応援団“ラブリーラベンダー”の皆さん、ありがとうございます〜。



乾燥コーナーの全体像はこんな感じ。



エントランスホールに入ると、フワッと優しいラベンダーの香りに包まれます。



収穫は残すところあとわずか。
一か月近い収穫作業ももう少しで終了です。

報告:kasumi
狭山ひとやすみ花壇 [2010年07月07日(Wed)]
狭山公園の「コミュニティガーデナー養成講座」は、引き続き開催されています。
先日第8弾が皆さんの笑顔のうちに無事に終了しました。
昨日2週間ぶりに訪れたら、夏のしっとりとした花壇が美しかったので、おすそわけです。







9弾も9月から行われる予定。

みなさんのご参加をお待ちしています!

前に行ったガーデナー講座の様子はこちらをどうぞ!

報告 TOM