CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 里山ガーデナー | Main | お勉強レポート♪»
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
fuming
すぽっとガーデンの秋 (10/24)
kasumi
フェリーチェ通信110114  (01/23)
うらん
フェリーチェ通信110114  (01/19)
ポールさん講演会 [2012年01月19日(Thu)]
1月19日はポール・スミザーさんをゲストに
植物主義の暮らしとしごと
〜すべては好きからはじまった〜
第4弾「宿根草」

が日比谷公園内 緑と水の市民カレッジ2階で開催されました。


参加希望の方が殺到し、多くの方をお断りしなければならないほど大人気でした。

なにを隠そう私はポールさんのお話を聞くのは初めてで・・・

たのしかったです〜

内容もさることながら、

話術がすばらしい〜^^

会場は100人以上の方が詰め掛けていましたが、笑いの渦!


そして、本を買ってくれた方にサイン会!
お一人お一人にカエルのイラストを!




私も書いてもらっちゃいましたが、みなさんのはカラーで何色も使って丁寧に書いてくださったのです。

感動ものです〜


宿根草をたくさん植えて、きれいに咲かせて
たくさんの人にも分けてあげたいな〜っ!と感じました。
日本に自生している土着の植物を組みあせて素敵になったら。。。

ネイティブ・ペレニアム・ガーデンかな^^
生物多様性にも寄与しちゃったりして


年月を重ねるごとに成長し、
美しくなっていく宿根草のガーデン。
枯れゆく姿も美しい。



そういうものに私もなりたい^^



by akiko



ハーブ・暮らしに役立つ植物 講座 [2011年10月06日(Thu)]
10月3日に
「植物主義のくらしとしごと〜すべては'好き'からはじまった〜」
シリーズの第3弾

「ハーブ・暮らしに役立つ植物」

を、薬用植物の第一人者で、東京薬科大学名誉教授の指田豊先生と
ハーブ研究家で国際中医薬膳師の草香もえさんをお招きして
開催しました。

震災直後の3月に予定していた講座ですが、
やむなく延期にしたものを、ようやく開講に至った講座です。

当日になって参加の方も多く、盛況な講座となりました。

暮らしに役にたつ色々な植物をスライドでたくさん見せていただきました。



グリーンワークスのシンポジウムなど企画ものには、お茶がつきもの。



もえ先生の語りかけるようなお話はとっても分かりやすかったです。



もえ先生が作ってきてくださった2種類の薬膳おやつ。



このシリーズはまだまだ続きます。
次回は1月19日。宿根草をテーマに行います。

そうそう。

その前に 10月27日にも日比谷ガーデニングショーの一貫で
シンポジウムを行います。
「ガーデナーの復興支援〜花と緑でできること〜」
のタイトルで。
詳細はまた近いうちにブログにアップしますね。

報告:TOM
「オーガニックなバラ育て」講演会 [2011年01月28日(Fri)]
「植物主義のくらしとしごと〜すべては'好き'からはじまった〜」
第二回「オーガニックなバラ育て」は、おかげさまをもちまして、
盛況に終了いたしました。
ご来場いただきました皆さまに、心より感謝申し上げます。





バラという植物が醸し出す気は、やはり(というか、思ったより)
格別なもので、来場の皆さまの熱意が
ひしひしと伝わるような講演会でした。
化学薬品に頼らないバラ栽培のパイオニアの梶さんと、
「バラの薗を夢見て」を見て、オーガニック園芸の道に
足を踏み入れた梶浦さん。
梶さんが切り開いてきた、無農薬のバラ育てが、
後に続く方々に、手法は違えど、確実に継承されていることを、
体現出来たような講演会でした。

そんな観点からみると、ただのお勉強会ではなく、
オーガニックなバラ育ての流れの一部分を担うことが出来たかな・・・
なんて思ったりもして・・・
ちょっと大袈裟ですかしら?^_^;

私自身、何冊も持っているバラの本の中でも「バラの薗を夢見て」は
それまで知っていたバラの概念を覆すようなバイブルのような存在。
バラの育て方は、ある程度基本の決まりはありますが、
手法はいろいろです。
どの方法を選ぶのかは、その人のライフスタイル。
生き方と言ってもいいのかもしれません。
そんなことも感じた講演会でした。

ご多忙の中、ご出演下さいました梶みゆきさん梶浦道成さんに、
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。



報告:kasumi


「植物主義」講演会 終了〜^^ [2010年11月05日(Fri)]
あっという間に…先月のことになってしまいますが…
日比谷公園ガーデニングショーでの講演会、無事に終了しました^^
写真がまだ手元に届いていないので、私が会場でちらっとだけ
撮った写真だけで、簡単なごほうこく♪



準備の時間のようすです。
北海道の梅木あゆみしゃちょうから届いた、愛あふれるトマトたちを
皆さんにおわけすべく、50個の袋に詰めて、その残りをディスプレイに
しようとしているところ。
宝石みたいに、とってもキレイ・・・うっとり。



講演会が始まるのをまつお客さまたちのようす・・・早くから、しかも
何より、遠方からのお客様が多かったこと!ビックリ。




トップバッター、御倉さんのお話は、皆さん、引き付けられましたね!
グリーンワークスの中でも、ファンが一気に増えました!
梅木しゃちょうの元気印の話には、いつもながらのパワーをいただき
ました。



まずは…ご来場いただきました皆さまに感謝感謝のご報告として
第一報でした。
本当にありがとうございました!!         報告:fuming
講座の開催 [2010年09月29日(Wed)]
日比谷公園ガーデニングショー2010
において今年は講座の開催をいたします。

準備を着々を進めているところです。

「植物主義」のくらしとしごと

「キッチンガーデン」「やさい」をテーマに開催します。
講師は『トマトマニア」著者の御倉多公子さん、北海道で
ガーデニング界をけん引しているコテージガーデンの
梅木あゆみさん。
お二人のお話とトークを展開します♪
ぜひおいでください!

日時・・・2010年10月26日(火) 13:30〜16:30
会場・・・日比谷公園「緑と水」の市民カレッジ教室
参加費・・・1,000円(資料代)  定員・・・80名

チラシはこちらです。


印刷してお友達にあげてくださっても嬉しいですし、もちろん、「送れ」と一言いただければ、何部でも郵送いたします。お気軽にメールをお送りください。

お待ちしていま〜す!!!!
今年も、やります! [2009年10月06日(Tue)]
毎年10月に、都心は日比谷公園にて開催されます
日比谷公園ガーデニングショー2009にて、シンポジウムを
開催します。
今年のテーマは「わたしの庭からまちづくり」
副題はガーデニングが地域を変える、です。
個人の庭を公開する「オープンガーデン」と
地域住民の共有の庭である「コミュニティガーデン」
その両方に関わる私たちにとって、どちらも
等しく、人と人の気持ちをつなぐ場。
それをそのまま、テーマとしてみました。

<チラシ表面>


<チラシ裏面>


ぜひ、ご来場いただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
自然と仲よくするガーデニング 満員御礼感謝ですm(_ _)m [2008年10月27日(Mon)]
今年で3回目の日比谷公園ガーデニングショーでのシンポジウム。
毎年、真剣勝負なのが伝わってか、今年も満員御礼です。
リピーターの方が多くいらっしゃるのは、嬉しい限りです。
昨年いらしてくださった方たちに、ご案内を図々しくも郵送もしま
したしね^^;
今回、告知が遅れたので、なりふり構わずの広報活動をしたの
ですが、何とか無事に会場を埋めることができました。
継続は力なりを、実感します。



細かいご報告は、いずれ落ち着いてから・・・
まずは速報で感謝感謝をお伝えします。
講師の皆さんにも、ホントにありがとうございました!!

自然と仲よくするガーデニング 開催案内! [2008年10月07日(Tue)]
★★日比谷公園ガーデニングショー2008★★
「シンポジウム:自然と仲よくするガーデニング
            〜共生・共存の庭づくり〜」


今年も、日比谷公園ガーデニングショー会場にてシンポジウムを開催します。

シンポジウム詳細案内ページ

日比谷公園ガーデニングショー案内ページ

◆日時:2008年10月27日(月) 13:30〜16:30
◆会場:日比谷公園「緑と水」の市民カレッジ教室
◆参加費:1,000円(資料代として)
◆出演者:
 泉  健司氏(植物生態コンサルタント)
 梶浦 道成氏(コピーライター/園芸愛好家)
 牧野 ふみよ氏(NPO法人 Green Works) 
 
今年のテーマは「自然と仲よくするガーデニング〜共生・共存の庭づくり〜」
私たちが植物を愛しみ育てる庭には、昆虫たちが吸蜜や産卵のために
訪れたり、鳥たちが羽を休めたり、気に入ったら住処にしたり・・・という
具合に、都会に生きる小さな生き物たちがさまざまな目的で訪れます。
「害虫発見!」とばかりに、農薬をかけてしまうこともしたくないけど、かと
いって、大事な花たちも守りたい。上手に共存する方法を見つけたい、と
考える人が増えているように感じています。

植物生態コンサルタントの泉健司さんのお話は、いつも聞く人が目から
ウロコを何枚も落としてしまうようなユニークな視点で、植物と生き物の
かかわりについての話をしてくださいます。一度話を聞くと、街なかの風景
を見る目が変わってしまうこと間違いなし!
「玄関先にレモンの木を置いてあってね、葉っぱが半分くらい幼虫たちに
食べられちゃうんだけど、全部なくなって枯れるほどでもないし・・・渋谷で
産まれたチョウが空を舞うって考えたら、そっちのほうが素敵でしょ?」
シンポジウムの打合せのときに、出演者の梶浦さんがおっしゃっていた
言葉です。そんな風に考えると、庭の景色が違って見えてきます。

自然と仲よくするガーデニングで、都会の環境はもっと豊かになる。
そんな思いと知恵を分かち合える場にできたら、と願っています。
  
◆主催:特定非営利活動法人Green Works
◆共催:(財)東京都公園協会「緑と水」の市民カレッジ
     
◆後援:(社)日本家庭園芸普及協会     
     (社)園芸文化協会

◆問合せ・申込みは、コチラ
アンケートを集計しました^^ [2007年11月12日(Mon)]
先日開催しましたシンポジウム「ガーデニング〜私の庭からエコロジー」にご参加くださった皆様からいただいたアンケートを集計しました。
読み直していると、会場の熱気がよみがえります。
こちらにPDFファイルで貼り付けておきますね。どうぞご覧ください。



参加されなかった方には、意味不明〜っと思いますので、近いうちにレポートもアップできればと思っています。
シンポジウムを開催しました! [2007年11月01日(Thu)]
10月25日(木)、日比谷公園ガーデニングショー2007の一環として、シンポジウム「ガーデニング〜私の庭からエコロジー〜」を開催しました。



写真は、基調講演の甲斐徹郎氏。
豊富な体感実験によって、暑さ、寒さの科学的根拠を解説し、それらを個々の周りにある「みどり」とさらには「そのつながり」によって、どんなことが起きるのか、という話を、丁寧にしてくださいました。

たぶん、「ガーデニング」の世界の方たちにとって、体感実験はとっても新鮮だったのではないかと思います。
アンケートでも「とてもわかりやすかった」と、好評でした。
その後、参加されていた企業の方から、講演依頼のお問合せもいただいているほどです。






第二部のトークセッションのようすです。
はっきりいって、時間が足りませんでした!
テーマに対しても、出演者の皆さまに対しても、というところで、反省大です。
ともあれ、皆さん、満足の笑顔で終えることができたのは、よかったかな・・・というところです。
無事に終了してほっとしています。
年内には(出来れば今月中には)レポートを書き上げたいと思っています。