CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 会について | Main | 里山ガーデナー»
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
fuming
すぽっとガーデンの秋 (10/24)
kasumi
フェリーチェ通信110114  (01/23)
うらん
フェリーチェ通信110114  (01/19)
コミュニティガーデナー養成講座 [2010年09月04日(Sat)]
コミュニティガーデナー養成講座の第9弾が始まりました!

都立狭山公園で行っている、「コミュニティガーデンを作ることができる人材を養成する」、まる4年続けてきている大好評の講座。なんと5年目に突入!の第1回めが9月4日に始まりました。

自己紹介などを終えた後、コミュニティガーデンにはコンセプトが大切という話をします。


狭山公園の実習花壇の前で前回講座の受講生から花壇の紹介をしてもらいます。


午後は、「コミュニティガーデンとは?」という講義を受けた後、公園レンジャーの案内で狭山公園を知るためのガイドウォークに出かけます。


公園内にはガガイモの花が咲いていました。(すみません。報告者の趣味です



コミュニティガーデンってなんだ?
と、最初はクエスチョンマークでいっぱいだった新規受講生の方も、「コミュニティガーデンって素晴らしい!」「次からの講座が楽しみです!」といった感想を言って、笑顔で帰って行かれました!

報告:TOM
狭山ひとやすみ花壇 [2010年07月07日(Wed)]
狭山公園の「コミュニティガーデナー養成講座」は、引き続き開催されています。
先日第8弾が皆さんの笑顔のうちに無事に終了しました。
昨日2週間ぶりに訪れたら、夏のしっとりとした花壇が美しかったので、おすそわけです。







9弾も9月から行われる予定。

みなさんのご参加をお待ちしています!

前に行ったガーデナー講座の様子はこちらをどうぞ!

報告 TOM
コミュニティガーデナー講座 午後のオプションワーク [2009年03月28日(Sat)]
コミュニティガーデナー講座では、午前の本編では花壇のメンテナンスをする時間が確保できません。
それでも、伝えきれない内容がまだまだあるほど、内容がぎっしり。なのです。
そこで、毎回午後に、自由参加でオプションワークショップを行っています。
お日様が出てくると、少し暖かいので、外でお弁当を食べている人も居ます。



こんな風に講座をやっていると、大変目立つみたいで、多くの方が覗きこんでいきます。
そのまま、公園友の会に興味を持ってくださる方も多くて・・・壁も取れて、素晴しい公園になった狭山公園で、何か役に立ちたい、と思う方は、とても多いようです♪



今日の作業で使う道具類です。
グループごとに、同じ数の道具を渡して、作業に臨んでもらいます。
もちろん、後片付けも必須です。



皆さん、午前中は干されていたので、午後の作業時間になると、水を得た魚のようなもの。
一部黙々と、一部賑やかに・・・作業が始まります♪



皆さんで作業をした後の花壇は、まるで光って見えて・・・本当に輝いて見えましたよ〜^^



来月の講座では、いよいよグループごとに、デザインワークショップを行います。
皆さんが、一番燃える場面ではないでしょうか?
楽しみです^^
狭山公園コミュニティガーデナー講座2日目 [2009年03月28日(Sat)]
狭山公園でのコミュニティガーデナー養成講座、今日のメニューは、「花壇デザインの基礎」を学びます。
とはいえ、ここでの花壇のデザインには、大前提があって・・・「コミュニティガーデン」のデザインであることを、まずは時間をかなりかけて、丁寧に説明します。
木村さん、渾身のパワーポイント!
その次に、植物を形でとらえたデザイン手法の説明をしました。



植物の育つ姿を、楕円や丸で捉えて、ワークシートの上で配置して、花壇を作ったつもり♪になってみる、と言う学習法・・・前回から新たに取り入れた手法です。



こんな感じで、ハサミで切って並べて・・・これでよしっ!となったら、のりで貼って完成です♪



会場を、公園に移して、イメージワークショップ。
花壇を眺めながら、グループごとに意見を出し合います。



グループで出てきた意見を、みんなの前で発表します。
壁が取れたせいか「風を感じるガーデン」「ハンモックがあったらいいな」などなど、これまでとはまた趣向の変わったイメージキーワードが出てきました。



今日も午後は、オプションワークショップとして、花壇のメンテナンスを行います。
午後のレポートはこの次に♪
オプション講座:友の会と一緒に作業 [2008年11月19日(Wed)]
今日は狭山公園で、公園ガーデナー講座のオプション講座。
公園友の会の活動日に合わせての花壇作りの準備講座でも
あります。
公園についたら、友の会でお世話をしているスクエア花壇に
皇帝ダリアがようやく開花!
見事な姿です。
背の高い花なので、どうしても写真に写すとこうなるのですが
青空に映える花色ですね。



今日は講座で使っている「ひとやすみ花壇」の一年草たちを
抜き取り、今週末の講座で花を植える前の土作りまでの
準備をしました。



抜き取ったあとは、こんな感じにすっきり。ここに冬〜春の花が
入ることになります。



今日は友の会の活動日ですので、もちろん友の会の花壇の
植替えもします〜^^
スクエア花壇も、苗を引き抜き、腐葉土や石灰を入れて耕し
花苗を植えました。
デザイン班の皆さんの案に基づいて、花苗の仕入れも近所の
農家の方を探すなど、どんどん活動が進化してきています。





花壇を育てることによって人が育ち、人が育つことによって
花壇もよりよく育っていく・・・そんな進化する花壇を実現して
いるのを実感した一日でした。
公園ガーデナー講座 午後は花壇のメンテナンス♪ [2008年10月25日(Sat)]
今日のオプションワークは、やはり花壇の作業。
花ガラなど、茶色いものを取り除く作業と、クローズアップ植物は
ヤブランに決定。
カンナの花を見本にして、花ガラ摘みの指導をするのは三浦さん。
メンテナンスの組み立てにおいては、さすが豊富な経験で的確な
プログラムを組んでくれます。



茶色い部分を取り除くと、こんな風に花が生き返ります。



というわけで、皆さんでメンテナンス〜〜なのです。



ヤブランのかたまりになっている部分から、一部分をざっくり掘り取り
株分けをして、花壇の後ろの部分にある通路脇に植えます。



植える場所を作るための穴掘りは、男性陣が喜んで♪自ら進んで
やってくれます。
林の中の小径が、ちょっと風情ある小径になりました。

公園ガーデナー講座 花壇のデザイン案作成 [2008年10月25日(Sat)]
さて、講義のあとは、実際に手を動かしての実践編。
まずは個々人で、花壇を実際に作ってみます。
それをグループ内でシェアし合って、一つの案にまとめてもらって
皆さんの前で発表します。



まずは自分の案を作ってみたところ。
色とりどりで、楽しい花壇がたくさん出来上がります。
どれも採用したいところですが、花壇は一つしかありませんし、皆さんの
意見をそれぞれに反映させるためには、みんなで意見を吸い上げて
一つの案に絞っていく作業が必要です。
公共の花壇=みんなの花壇。。。「みんな」の中には、作る人も見る人も
みんな含まれます。



講師も机の間を練り歩いてアドバイスをします。



さいごは公園に移動して、グループでまとめた案を発表します。





皆さん、とても誇らしげに、発表していました。
キチンと、コンセプト、イメージワークなどのキーワードを意識しつつ
まとめてくださっているのは、各グループに配置されている
ボランティアスタッフの皆さんの努力の賜物です。
私たちがこんな講座を運営できるのは、皆さんのお力をお借り
できているからだなあと、今回も深く深く感じたのでした。
公園ガーデナー講座 イザ、花壇をデザイン! [2008年10月25日(Sat)]
今日はいよいよ、花壇のデザインを考える日。
前回の講義と実習の手法に基づいて進めるのですが・・・
まずは復習をかねての講義から。

皆さんがデザインを考える花壇の一部を、写真で見るとこんな感じ。



その写真の上に、トレーシングペーパーをかけて、一年草を抜いた
状態のラフスケッチを起こします。



そこに花を置く前に、環境チェック!
この花壇は、樹木の下になっていることから、同じ部分であっても
奥と手前では、微妙に日当たりなどの条件が違います。
それをしっかり把握してから、その環境にあった植物を並べること
を忘れないでね〜っと強く念押し。



そして、今回使うパーツの説明。
今回は、具体的にパーツごとに、花の種類が当てはめられています。
この形はパンジー、この形はストックなどなど、この時期に植栽する
植物の形を模したパーツを起こした、オリジナルの素材です。



これらに色を塗って並べるのは、前回と同じです。
これを各自でやってみて、それをグループワークに反映させます。



さて、5枚分アップしちゃったので、この後の皆さんの実践編は
次の記事にて。
公園ガーデナー講座 みっちりメンテナンス [2008年09月27日(Sat)]
午後の部は、オプションワークショップということで、自由参加で
のんびりと進めています。
いつもは花壇のメンテナンスが駆け足になっていることから、
今回のテーマは「みっちりメンテナンス」
それと、数多い宿根草の中から、一つ「クローズアップ」の植物を
選んで学ぶという方式で進めることにしました。

というわけで、まずはみっちり、丁寧にメンテナンス作業。



今日のクローズアップ植物は、アジュガレプタンス。
最初の植栽で植えたものですが、とても丈夫で、ドンドン殖えて
通路を埋めたりしている部分もあります。
一方で、土がむき出しになっている部分もあるので、株分けして
その部分に植えてしまおう、ということで。



季節もベストですし、何しろ丈夫な植物なので、マット状になって
いる部分をざくっと切り取ります。
そしていくつかのパーツに分けて、植えつけていきます。



S村さんは、倒れこんだシュウメイギクが気になり、枝を捜して
支柱を立てています。
どういうわけか、ポケットからビニタイが出てきて??しっかり
支柱にくくりつけていました。



最後はお茶タイム♪
ちなみにこの講座、やたらとハーブティが出てきて、皆さんに
とても喜ばれています。
お茶を飲みながら、いろんな疑問に答えたり・・・質疑応答なんて
カタイ場面ではなくなります。
そんなところも、リピート率の高い理由かもしれませんね。

公園ガーデナー講座 ガーデンデザインの基礎を学ぶ [2008年09月27日(Sat)]
このブログ、写真が5枚しかアップできないので、今日の報告は
3回の記事にわたってのレポートになります。
でもね、5枚って制限があることで、写真を厳選することになるのは
◎かなあ、って思ってます^^

さて、今回はガーデンデザインの基礎講座。
まずは講義をスライドを使って行います。



実は今回は、これまでと違った方法を用いたデザイン手法を学ぶ
講座になっています。
なので、リピーターの方たちも、先輩風が吹かせられません^^;
今まではいきなり平面図に「塗り絵」状態で図面を起こしていましたが
今回は、立体的に考える手法ということで、こんな着せ替え人形の
ようなパーツを作って、紙の上で花壇を作ってみましょう、という
プロセスを踏んでいます。
これは、花壇に植え込む花や木のパーツに色を塗っているところ。



それらをハサミで切って、こんな風に並べてみます。
パズルみたいで、何度も並べなおすことができるので、いろんな
組み合わせを試してみることができます。
気に入るデザインができるまで、何度も直してみましょう〜という
手法を使って、次回は実際の花壇をデザインするのです。



こんな風に、花壇以外にも、家の庭のデザインにも使えるよ、っと
いうお話を、再度スライドで紹介。



講義と実習が終わったところで、公園に移動して、今回の植栽の
イメージワークを皆さんで行いました。
いろんなイメージが出てきて、これまた、デザインに反映させていく
のは大変ですが、これこそが公共花壇作りの醍醐味ですから・・・^^

| 次へ