CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« エルガーデン | Main | 民地のみどり»
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
fuming
すぽっとガーデンの秋 (10/24)
kasumi
フェリーチェ通信110114  (01/23)
うらん
フェリーチェ通信110114  (01/19)
シンポジウム おさそいです^^ [2011年10月19日(Wed)]
・・・ガーデナーの復興支援・・・
〜花と緑でできること〜

というテーマで、シンポジウムを開催します。
一見ちょっと硬いテーマのように見えるかもしれません。

・・・花と緑の力による復興支援・・・
そこにはいつも、笑顔があります。

庭や植物を愛する人たちによる、土に根を下ろした活動。
種まきや球根の植えつけをして、育つ姿を思い描きながら
春を待つ・・・思い出の花や緑で、風景を作っていく・・・。
そんな取組が、現地で暮らす皆さんの心の支えになっている
笑顔をたくさん作っていることを知っていただきたいのです。

そしてもちろん、そうした活動を続けていくためには
資金力が必要となってきます。
その力を持つために必要なことはなにか、ということについても
学びの一歩を踏めたらと思っています。
ファンドレイジングという言葉を、皆さんにお伝えしたいです。

ともあれ、ぜひ、会場においでいただければと思います。
スタッフ一同、お待ちしています。
丸の内&日比谷お疲れ様会 [2011年01月17日(Mon)]
新年の気持ちも新たな1月7日に、丸の内仲通りガーデニングショー
日比谷公園ガーデニングショーのお疲れ様会を催すことができました。
皆さま、本当にお疲れさまでした。ありがとうございます!

丸の内仲通りのガーデニングショーで、二つの賞をいただきましたが、
そのうちのひとつ、三菱地所賞の副賞で頂戴した丸ビル35階、
AUXAMIS TOKYOのお食事券を利用しての会でした。

高層ビルからの眺望がなによりのごちそうです。



別の角度からの風景。
都会だからこその風景を堪能しながらのお食事会は、
それだけで非日常ですね。



確か・・・真鯛のポワレ・・・^_^;



こちらは、フォアグラのリゾット



年末は皆忙しく、スケジュールを合わせることが困難で、
結局年明けのこの日程となりましたが、
新年の優雅で穏やかな気持ちで集まることができたかな・・と思います。

今回は、お疲れ様会メインでしたが、来年も新年の会を・・・
という声がすでに出ていましたので、いつもとは違う晴れ着で、
おしゃれに優雅な会を催したいです〜〜



私のエコスタイル〜生物多様性ガーデン〜 [2010年10月22日(Fri)]


日比谷公園ガーデニングショーのライフスタイルガーデン部門に「生物多様性のベランダガーデン」を出展しています。



3m×2mの小さなベランダですが、あちこちにたくさんの生き物の命を支えるための仕掛けをしています。



棚の裏側に解説コーナーを設けました。こちらもどうぞご覧ください。

○「生物多様性の庭」オフィス街バージョンを丸の内仲通りにて展示中
オフィス街のコミュニティガーデン〜生物多様性の庭〜 [2010年10月21日(Thu)]


●どこでも誰でも作れる「生物多様性の庭」

「生物多様性の庭」は、どこでも誰でも簡単につくることができます。この庭はそのモデルガーデンです。



●すべての生き物を支える植物たちと様々な環境

地球上のたくさんの生き物の一番もとになるのが植物たちです。
多様な生き物たちが生きていくためには、「たくさんの種類の植物」たちが町の中にあることがとても重要です。
また生き物には、それぞれ好きな環境があります。例え不毛の荒れ地でも、そこでなければ生きていけない生き物もいます。豊かな森にすればよいという簡単な話ではありません。色々な環境があることが大切です。



●基本を押さえて「生物多様性の庭」をつくる

この庭には荒れ地や草むらのような花壇を設け、生物多様性のためには、さまざまな環境が必要ということを表現しました。
また蜜源食草となる植物を集め、生き物と植物との深い関係を表現しました。この庭の植物には生き物たちのための様々な機能が隠されています。



チョウの幼虫が食べるミカンやセリの仲間、蜜でハチを呼ぶ花、実で鳥を集める木、トンボや鳥のための水辺…生き物の視線でながめると、色々な発見があります。
このように、生き物との関係を考えて植物を選ぶと、たとえ小さな庭でも、チョウやハチはすぐに好みの植物を見つけて集まってきて、生物ネットワークを作り始めます。やがて、鳥や他の生き物も加わって、自然に生物多様性の庭ができていきます。

「生物多様性の庭」は同時に人と人、人と自然が語り合うコミュニティーガーデンでもあります。庭によって人や環境が変わり、町が変化していきます。
「生物多様性の庭」…あなたのオフィスや庭にもつくってみませんか?

○生物多様性のベランダガーデン日比谷公園に出展中  ○庭の詳しい説明→こちらへ(準備中)  ○外来植物と園芸植物→こちらへ(準備中)
丸の内仲通り ガーデン完成! [2010年10月21日(Thu)]
丸の内仲通りガーデニングショーのための施工は、3日目は昼間の明るさの中で行われました。植栽の最後の仕上げです。



なんとか時間内に完成。みんなのこだわりが細部まで行きわたっていました。



タイトルは「オフィス街のコミュニティガーデン〜生物多様性の庭〜」です。
COP10でにわかにはやり言葉のようになった「生物多様性」という言葉ですが、Green Worksでは「自然と仲良くするガーデニング」という言葉で、「生物多様性の庭」の提案をずっとしてきました。誰でもどんな場所でもできる「生物多様性の庭」のモデルガーデンを、今回、丸の内、日比谷両方で作っています。

ぜひご覧ください。



報告:TOM

丸の内仲通り施工2日目 [2010年10月20日(Wed)]


丸の内の施工2日目。今日はGreen Worksのメンバーが集まって、植栽作業をしました。



おおまかな計画は決まっていたものの、細かい配置は現場で。ああでもないこうでもない意見を交わしながら位置を決めていきます。



夜中の作業なので、暖かいお茶やコーヒーで休憩です。



ほぼ出来上がり。あとは昼間に太陽の光の中で最終仕上げです。

電気を消したところ。ああ、こんなに暗い中でやっていたのね。
仕上げ作業の後に、出来上がり風景をアップします!

丸の内仲通り施工開始! [2010年10月19日(Tue)]


ガーデニングショー週間のはじまりです!
18日夜10時、丸の内仲通りに集合。何にもないところから始まりました〜。



今回の施工に協力していただいたのは、川越の造園屋さん栗原造園さん。Green Worksとは古いお付き合いの、センス抜群の造園屋さんです。









木を切ったり、ペンキを塗ったり、そんな下準備をしてきてくださって、あれよあれよと言う間に組み立て上がっていきました。









とは言っても思う通りにはいかないところもあって、終わって現場を離れたのは19日朝、すでに明るくなってから。



19日夜も10時に集合。今日は植栽を行います。
(写真の植栽は仮植え状態)
出来上がりをお楽しみに〜〜!!!
コンテストガーデン 出展場所 [2010年10月02日(Sat)]
私たちの出展するガーデンを見るためには、どこに行ったらよいで
しょうか?・・・ということで、展示予定の場所をお伝えしますね^^
こちらのマップは、日比谷公園ガーデニングショーの公式サイトから
いただいてきました。

日比谷公園ガーデニングショーは、今年で8回目になるイベントです。
初年度より、コンテナガーデン、ハンギングバスケット、ガーデンや
ベランダなどの作品が並ぶ「ガーデンコンテスト」が開催されています。
今年はその中に、新たな部門として「ライフスタイル部門」が創設され
ました。
私たちはその部門に応募しています。
「メイン会場」の右側にある、噴水周辺に作品が並べられる予定です。



こちらのマップは、丸の内仲通りのサイトからいただいてきました。
このマップの有楽町寄りのほうに「新有楽町ビル」という建物
がありまして、1階に「ドコモショップ」がありますが、その前の
あたりになります。



変更があったりしたら、またアップしますね〜〜^^  (fuming)
コンテストガーデン出展 [2010年09月30日(Thu)]
キャー!!!!大変なことになってしまいました!

今年も行われる、日比谷公園の日比谷公園ガーデニングショーと、丸の内仲通りで開催される丸の内仲通りガーデニングショーの両方に、コンテストガーデンの出展をすることになってしまいました!

いや、もちろん、エントリーしたのは私たちです。
(色々事情もあるのですがっっ)

実は、どちらのガーデンとも「生物多様性」をテーマにしたガーデン。

今年は国際生物多様性年で、名古屋では10月に「生物多様性」をテーマに国際会議が開かれます。
いわゆるCOP10(コップテン)と呼ばれている会議です。
単にクジラだけ、パンダだけ、守ろう!!!ではなく、それらを取り巻く生態系もすべて守らなければならないということが、ようやく認知されるようになってきて、ようやくこういった会議が開かれるようになりました。

しかし〜!!!

「生物多様性」という言葉を知っている一般の人は本当にまだ少ないのです。

というわけで、コミュニティガーデンなどを自然と仲良くしながらつくっていこう!と具体的に活動してきた私たちが個人が身の丈からできる「生物多様性」についての取り組みを具体的なガーデンと言う形で表現し、みなさんに伝えていこう!!!とメンバーが思いたっちゃいました(*^_^*)

丸の内仲通りのコンテストでは、書類と図面による一次審査があり、58点の応募作品中、15作品が実際に出展できるのですが・・・その一次審査も通過してしまいふたつのコンテストに出展!ということになったわけです。

弱小NPOだし、スタッフも色々忙しいけれど、頑張ります。
準備報告もおいおいしていきますので、応援よろしくお願いいたします

報告:TOM