CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«江東区民まつりで受賞! | Main | 丸の内&日比谷お疲れ様会»
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
fuming
すぽっとガーデンの秋 (10/24)
kasumi
フェリーチェ通信110114  (01/23)
うらん
フェリーチェ通信110114  (01/19)
本の紹介 [2010年12月14日(Tue)]
当会とつながりのある男性お二人が、本を出版されたのでご紹介です^^
「花の本 ボタニカルアートの庭」「バラはだんぜん無農薬」です。



まずは「花の本 ボタニカルアートの庭」から。
これは、私たちグリーンワークスロゴマークをデザインしてくださった
山内浩史デザイン室の山内画伯が自身のコレクションを披露したもの。
私たちもときどき見せていただくのですが、それはわくわくする瞬間。
中には、「この品種が今の時代にこの世にあったらいいのに!」っと
思うものもたくさん描かれています。



そんなボタニカルアートとガーデニングの世界を織り交ぜて「花を好きな
人が、見て読んで楽しめる本」になってくれることを願って作られた、との
ことです。
こちらは、バラといえば、のルドゥーテ。
優雅で美しいですね^^



さて、こちらは「バラはだんぜん無農薬」
カジビジョンの梶浦道成さんが出された本です。
梶浦さんは、一昨年の秋の日比谷公園でのシンポジウムに講師として
お招きした方でもあります♪
写真がちょっと暗いので、わかりにくいかもしれませんが、左ページの写真は
梶浦さんのご自宅の「壁庭」です。
「だんぜん無農薬」でのバラ育てによって、庭に生きものがたくさん集まって
くるとのことです。



この本では、9人のオーガニックバラ栽培家とそのコツが紹介されていますが
こんな風にカレンダー形式でわかりやすく紹介されているのも特徴です。



どちらもちょーオススメ本です!
ぜひ、書店もしくはアマゾンへ!
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント