CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«サークル活動:挿し木の講習会 | Main | 関西rep1:伊丹空港屋上ガーデンに一同驚く»
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
fuming
すぽっとガーデンの秋 (10/24)
kasumi
フェリーチェ通信110114  (01/23)
うらん
フェリーチェ通信110114  (01/19)
大自然塾スキルアップ講座 T-3 [2008年11月02日(Sun)]
今日は大自然塾スキルアップコースTの最後の日。
葉っぱを見分けるコツをつかみます!ということで、今日も一日
盛りだくさんです。
田んぼでは、脱穀作業をしていました。
なつかしい風景です。



今日も「図鑑の呪縛から逃れよう」が隠しテーマ。
トチノキの葉っぱを見て、こんなに大きさが違うのに、同じ種類の
植物だなんて、みんな案外に気がつかないでしょう?ってか
図鑑にそんな情報までは書ききれていないでしょ?
っと・・・図鑑を責めているわけではないんですよ〜ただ、図鑑が
全てだと思っていると、落とし穴に落ちますよ〜ってこと。
あくまで自分の目とか手とかを信じようよ、ということなのです。
今日は葉っぱにクローズアップの日ということで、班ごとに外に出て
一人2種類ずつ、葉っぱを集めてきました。
葉っぱは一枚だけでなく、茎と葉の関係や、葉のつき方を観察する
ために、2-3節くらい、採取してきます。
※都立公園なので、学ぶと言う目的のための採取ですし、公園管理者
 の指示に従ってルールを守っての採取をしています。



今日は葉っぱを集めてきて、スケッチをするのと、ラミネートして
マイ図鑑を作るのと、大忙しです。
ホワイトボードで、スケッチのポイントを説明して・・・



早速、集中して短時間でスケッチを進めます。
皆さん、スゴイ観察力!
やはり根本に、里山の自然やそこにある生き物たちへの愛情がアル
からでしょうか〜スムーズに講座は進みます。



そして、葉っぱを紙と一緒にはさんでラミネート。
スケッチしている間に、雑誌に挟んで、軽く水分を取ってはいますが
まだまだ出てことと思いますので、紙も一緒に挟みます。
厚めの葉っぱは、図書シートや押し花シートでラッピング。
これとは別に、情報シートを書き込んで、マイ図鑑の出来上がりです。
もっともっと作りたい!という人も、簡単な方法ですので、いつでも
できますね?
そのうち、こんなすごいの作ったぞ〜って自慢しに来る人もいるかも^^



今回も盛りだくさんの講座で、皆さん、世界にたった一つしかない図鑑も
手にして帰ることができて、大満足のようでした。
今回は泉さんによると、半年くらいかけてじっくり学ぶべき内容を、たった
3回の講座に詰め込んだとのことなので、スムースに進んだのも、成果が
上がったのも、何より皆さんの熱意に支えられてのことと実感します。
もう少し深く学びたい人のための講座も、企画したいですね。
今後も、こうした目からウロコ講座を、展開していきたいものです。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント