• もっと見る

2022年06月26日

第5回「実践(ベーシック・アドバンス)」試験、ただいま申込受付中!

----------------------------------
◎8月28日(日)、全国5か所で開催◎
----------------------------------
スタッフを雇用して一定規模の事業を行っている
NPO法人の会計担当者はもちろん
会計相談に力を入れている中間支援組織や所轄庁
税理士事務所の方には必須の内容です!

次回の「実践」編試験開催は2024年2月の予定です。
受験を検討されている方は
ぜひこの機会をご活用ください!

★お申込みはHPから(〜7月19日(火)まで)

★オンライン説明会
7月11日(月)14時〜
くわしくはこちら
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「実践」に関するお知らせ

2022年06月13日

本日(6/13)19時開催!オンライン説明会

8月に実施する第5回「実践」試験の
オンライン説明会を
6月13日(月)19時より開催します。

過去に間違いが多かった問題のミニ解説会も
同時開催!

申込不要、出入り自由、耳だけ参加も歓迎です。

詳細・参加方法はこちら
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「実践」に関するお知らせ

申込受付スタート!第5回「実践」試験(8/28)

8月に実施する第5回「実践」試験の申込受付が
本日6/13(月)よりスタートしました。

「実践」試験の次の開催は2024年2月になります。
少し間が空きますので
受験を検討されている方はこの機会をぜひご活用ください!

また、本日19時〜オンライン説明会も予定しています。
説明会は申込不要、出入り自由、耳だけ参加も歓迎です。

たくさんのご参加、お申込みをお待ちしています!
情報拡散もぜひご協力ください!

★詳細はこちら
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 「実践」に関するお知らせ

2022年06月07日

6/13(月)より受付開始!「実践(ベーシック・アドバンス)」編

第5回NPO法人会計力検定
「実践(ベーシック・アドバンス)」編は
6月13日(月)より申込受付を開始します。
(〜7月19日(火)まで)

【こんな人におススメ】
・スタッフの雇用があるNPO法人で会計を担当している
・日々の業務から決算まで、自信を持って実務を行いたい
・NPO法人の「設立」「運営」だけでなく
 「会計」の相談対応をしている(所轄庁や中間組織支援のスタッフ)

【日 程】
2022年8月28日(日)

【会 場】
東京、愛知、大阪、福岡、沖縄

【受験料】
ベーシック・アドバンスともに各3,300円(税込)

※次回の「実践」編試験の開催は、少し間が空いて、2024年2月の予定です。

★詳細・お申込みは検定協会HPから

★実践編試験のオンライン説明会を2回予定しています。
6月13日(月)19:00〜
7月11日(月)14:00〜
いずれも申込不要、参加費無料です。
詳細・参加方法はFacebookのイベントページでご案内しています。
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 「実践」に関するお知らせ

2022年04月20日

演習1[NPO法人の会計]

****************************************************
この演習問題は、実践編テキスト[全6分冊セット]のうち、
第6分冊の最終ページに掲載をしているものです。
[上下2巻]セットには記載がありませんので、
こちらで公開させていただいています。
なお、検定試験の対象範囲については変更ありませんので
[上下2巻セット][全6分冊セット]のどちらでも影響はありません。
****************************************************

演習1
NPO法人の会計に関する次の文章について、正しい場合には〇を、間違っている場合には×を、それぞれ解答欄に記入しなさい

@NPO法人が会計処理をする目的は、総会のときに報告するためである
A一般市民へ向けて公開される会計情報には、事業別、内訳別、担当別のようにできるかぎり詳細な情報が求められる
BNPO法人の財務諸表は、社会の信頼にこたえる会計報告であるためにNPO法人会計基準を採用することが推奨されている
C会計ソフトでは、必ず「勘定科目」を使用する
DNPO法人が作成する財務諸表は、「公開された情報を見る側」の視点が重要である

NO345.png
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 14:27| Comment(0) | 【演習問題】実践編

演習2[NPO法人会計基準]

****************************************************
この演習問題は、実践編テキスト[全6分冊セット]のうち、
第6分冊の最終ページに掲載をしているものです。
[上下2巻]セットには記載がありませんので、
こちらで公開させていただいています。
なお、検定試験の対象範囲については変更ありませんので
[上下2巻セット][全6分冊セット]のどちらでも影響はありません。
****************************************************

演習2
NPO法人会計基準が定めている「財務諸表の注記」に記載する次の項目のうち、『該当する内容がある場合には、記載義務がある』ものに、〇を記入しなさい

NO347.png
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 14:15| Comment(0) | 【演習問題】実践編

演習3[NPO法人会計基準]

****************************************************
この演習問題は、実践編テキスト[全6分冊セット]のうち、
第6分冊の最終ページに掲載をしているものです。
[上下2巻]セットには記載がありませんので、
こちらで公開させていただいています。
なお、検定試験の対象範囲については変更ありませんので
[上下2巻セット][全6分冊セット]のどちらでも影響はありません。
****************************************************

演習3
NPO法人会計基準に準拠した「財務諸表の注記」について、以下の事例に関して、「役員及びその近親者との取引の内容」を完成させなさい

事例
[指定管理事業を実施するNPO法人]
会館管理責任者の理事長に対して、労働の対価として月額250,000円の給料を払っているが、委託者との契約条件により「役員報酬」という科目を使用できないために、事業費に「給料手当」の科目で計上している
また、副理事長が代表取締役を務めている清掃会社に、当法人が管理している会館の清掃業務を委託している。清掃料は、毎月100,000円を支払っている


NO349.png
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 14:14| Comment(0) | 【演習問題】実践編

演習4[仕訳と勘定科目]

****************************************************
この演習問題は、実践編テキスト[全6分冊セット]のうち、
第6分冊の最終ページに掲載をしているものです。
[上下2巻]セットには記載がありませんので、
こちらで公開させていただいています。
なお、検定試験の対象範囲については変更ありませんので
[上下2巻セット][全6分冊セット]のどちらでも影響はありません。
****************************************************

演習4
次の各取引について仕訳を解答欄に記入しなさい。なお、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと

NO351.png

@普通預金から25,000円が引き落とされていたが、その内容が不明である
A上記@の25,000円は、管理部門で使用している事務所に係る火災保険料1年分であったことが判明した
B今年度末に、次年度の正会員会費5,000円を、A氏より現金で受け取った
C新年度に入り、上記Bの会費を適正に処理した

NO352.png

posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 14:00| Comment(0) | 【演習問題】実践編

演習5[仕訳と勘定科目]

****************************************************
この演習問題は、実践編テキスト[全6分冊セット]のうち、
第6分冊の最終ページに掲載をしているものです。
[上下2巻]セットには記載がありませんので、
こちらで公開させていただいています。
なお、検定試験の対象範囲については変更ありませんので
[上下2巻セット][全6分冊セット]のどちらでも影響はありません。
****************************************************

演習5
次の会計に関する文章の(  )に適切な語句を下記から選んで解答欄に記入しなさい

NO355.png

現金主義とは、費用と収益の発生を( @ )の受け払いのあった時点で認識するという考え方をいい、費用と収益が現金の出入りと連動しているため、差異の発生するリスクが少なく、管理の手間がかからない反面、( A )や固定資産の( B )の記帳が行えない

発生主義とは、費用や収益を、現金の受け払いとは関係なく、その事実が( C )した時点で認識するという考え方をいい、費用と収益が現金の出入りと連動していないため、管理の手間がかかる反面、信用取引や固定資産の減価償却など現金の受け払いを(  D  )取引も記帳できる。また利益計算において、現金主義よりも(  E  )な計算ができる

NPO法人会計基準では、( F )ではなく、( G )に基づいて会計処理をすることとされている


NO354.png
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 13:58| Comment(0) | 【演習問題】実践編

演習6[商品売買]

****************************************************
この演習問題は、実践編テキスト[全6分冊セット]のうち、
第6分冊の最終ページに掲載をしているものです。
[上下2巻]セットには記載がありませんので、
こちらで公開させていただいています。
なお、検定試験の対象範囲については変更ありませんので
[上下2巻セット][全6分冊セット]のどちらでも影響はありません。
****************************************************

演習6
次の各取引について仕訳を解答欄に記入しなさい。なお、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと

NO357.png

@災害復興事業で被害地域の物産を販売するため、A地域のA商店に商品200,000円を注文してすぐに送られてきた。代金については、送料5,000円と共に、来月末に支払うことで了解を得た
A上記@の商品を350,000円で販売し、代金は来月末に受け取ることとした
B上記@の代金を、普通預金から振込で支払った
C上記Aの代金が普通預金に振込まれた

NO358.png
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 13:50| Comment(0) | 【演習問題】実践編