CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年09月27日

【NPO知識】間違いの多かった問題(実践ベーシック)

第4回実NPO法人会計力検定(2021年8月実施)
「実践ベーシック」レベルにおいて、
間違いの多かった問題をご紹介します。

NPO法に関する出題
問:正しい場合は〇、間違っている場合は×を

@NPO法は、NPO法人が毎年作成する事業報告書及び決算書類について
 社員総会での承認を要する、と、定めている

A監事は、決算作業が終了した後に財産状況の監査もおこなうとともに、
 必要に応じて理事の業務執行に関する監査も行うことができる

解答: @×、 A×

解説:
@NPO法で定める総会承認事項は、定款変更、解散、合併のみで、それ以外は
 各法人が定款で定めることになっているため

ANPO法では、監事の職務ついて次のように定めています
法第18条
 監事は次に掲げる職務をおこなう。
 1.理事の業務執行の状況を監査すること
 2.特定非営利活動法人の財産の状況を監査すること

そのため、理事の業務執行の状況の監査も必須となります。

NPO法で定める総会決議事項や監事については、特に重要なため
正確に覚えておきましょう。
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 05:56| Comment(0) | 過去問題のうち間違いの目立った事例(実践ベーシック)
この記事へのコメント
コメントを書く