CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年07月20日

演習3[NPO法人会計基準]

****************************************************
この演習問題は、実践編テキスト[全6分冊セット]のうち、
第6分冊の最終ページに掲載をしているものです。
[上下2巻]セットには記載がありませんので、
こちらで公開させていただいています。
なお、検定試験の対象範囲については変更ありませんので
[上下2巻セット][全6分冊セット]のどちらでも影響はありません。
****************************************************

演習3
NPO法人会計基準に準拠した「財務諸表の注記」について、以下の事例に関して、「役員及びその近親者との取引の内容」を完成させなさい

事例
[指定管理事業を実施するNPO法人]
会館管理責任者の理事長に対して、労働の対価として月額250,000円の給料を払っているが、委託者との契約条件により「役員報酬」という科目を使用できないために、事業費に「給料手当」の科目で計上している
また、副理事長が代表取締役を務めている清掃会社に、当法人が管理している会館の清掃業務を委託している。清掃料は、毎月100,000円を支払っている


NO349.png
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 【演習問題】実践編
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック