CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年07月20日

演習2(解答・解説)

演習2
『該当する内容がある場合には、記載義務がある』ものに、〇を記入

NO348.png

「重要な会計方針」は、NPO法人会計基準を採用する際には、記載義務有り

「借入金の増減内訳」は、貸借対照表に借入金の残高がある場合には、記載義務有り

「役員及びその近親者との取引の内容」は、役員及びその近親者と取引がある場合には記載義務有り

「会計方針の変更」は、会計方針を変更した場合には、記載義務有り

「使途等が制約された寄付等の内訳」は、活動計算書に、使途が制約された寄付金、補助金、助成金の記載がある場合には、記載義務有り

「固定資産の増減の内訳」は、貸借対照表に固定資産の記載がある場合には、記載義務有り

「その他NPO法人の資産、負債及び正味財産の状況並びに正味財産の増減の状況を明らかにするために必要な事項」は、資産、負債及び正味財産に影響を与える後発事象がおこなったときや、財務諸表を見る側にとって重要な情報であると法人が判断した時に記載義務有り

posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 【演習問題解答】実践編
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック