CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年09月27日

実践アドバンス問題について


NPO法人会計力検定 
実践アドバンスレベルの問題構成


【範囲】
NPO法人会計力検定公式テキスト「レベル:アドバンス」

【出題数】
全6問

【内容】
NPO知識は、主に【〇×式、語句選択式、語句記載式】
会計知識は、主に【給与の仕組みの理解、仕訳及び財務諸表作成】

【問題の趣旨】
・NPO知識は、NPO法人のガバナンスを認識し、定款、役員、総会開催など
について正確に理解して、記憶しているかを問う
曖昧な覚え方だと、選択問題で悩む可能性が大きく、そこが問われる

・会計知識は、NPO法人にある事例をもとに、給与にかかる処理について
正しく理解して処理できるかを問う
また、事例をもとに、決算仕訳を行い、財務諸表を作成できる力を問う
posted by 一般社団法人NPO会計力検定協会 at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問題のうち間違いの目立った事例(実践アドバンス)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック