CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

高蔵寺発!子育て支援と療育とまちづくり  NPO法人あっとわん『のほほん』考現学

NPO法人あっとわんは、「自立する市民の場づくり」を基本理念とした、子育て親(育児期の女性)支援とまちづくりの団体です。
高蔵寺ニュータウンの中心にある、ショッピングセンターの中にあります日々の活動の様子や、代表理事:河野の日々の雑感を≪のほほん≫と綴らせていただきます。よろしくお付き合いくださいませ。


プロフィール

NPO法人あっとわんさんの画像
かわの ゆみこ

バナーを作成
<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
カテゴリアーカイブ
RSS取得
http://blog.canpan.info/npoatone/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npoatone/index2_0.xml
最新記事
春日井市東部子育てセンターの一時預かりの予約状況や、
センター内の様子はこちらからご確認ください

ハートハートハート

プライベートブログはこちら。
あっとわん以外の内容も含め、結構更新しています。
良かったら遊びに来てください。アメーバブログです。

子育てコンサル【かわのゆみこ】ゆるっとふわっとすっきりと!』
こっちで更新してます [2014年03月19日(Wed)]
こんにちは。
春めいてきましたが、
花粉が大変なことに・・・(>_<)

今、杉がピークですよね(>_<)

ブログはこちらで更新しております。
ソーシャルプランナーのことや、
もろもろのこと、アメブロにほぼお引越しいたしましたので、
こちらに、お越しくださると嬉しいです。

よろしくお願いします。

子育てコンサル【かわのゆみこ】ゆるっとふわっとスッキリと!
Posted by NPO法人あっとわん at 15:09 | わたしのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
ブログのこと [2014年03月09日(Sun)]
いつも、ご訪問いただきありがとうございます。

CANPANブログと、個人的に書いているアメーバブログの
二つを書いています。

少し前から、アメブロにもCANPANの内容をコピペして
アップしています。

アメブロは、もっと個人的なことも書いていますが、
すこしずつアメブロに移行していく予定です。

CANPANも引き続き、そのままに置いてありますが、
アメブロの方がどうしても、書きやすく・・・
特に、画像のアップが簡単ということもあり、
スマホからも記事が書きやすく、CANPAN率が
下がっております・・・

ということで、
もしよろしければ、

⇒ ☆☆☆

こちらも、ご覧ください。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

かわのゆみこ
Posted by NPO法人あっとわん at 00:23 | わたしのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
ロジを究める道そのF【最終章スタッフ研修】 [2014年03月06日(Thu)]
ロジを究める道 その@
ロジを究める道 そのA
ロジを究める道 そのB
ロジを究める道 そのC
ロジを究める道 そのD
ロジを究める道そのE

*****

5日間のスタッフ研修の2日目です。

前回は、スタッフそれぞれの資質を知り、
対人援助をしていくための自分の傾向や
考え方の基準となる価値基準を出していきました。

その後、それぞれのスタッフは自分の価値基準を
意識しながら生活をしていたようです。

意識するって大切です。

そして、本日は
「支援学」から「支援とは何か」?を確認しました。

支援とは人間関係の基本です。
その人間関係の基本はコミュニケーションです。


コミュニケーションの3つの条件。
1、相手がいること
2、話しての方に成果があること
3、受け手に決定権があること

これを支援に当てはめると、
いくら伝えても、最終的には受け手が決めていくということになります。
それを確認したうえで、

では、あっとわんの支援とは何か?

の合意形成を図るためのワークをしました。

「支援で気を付けていることは何か?」


を付箋で出していきました。
一人、10枚ぐらいは出たかなぁ。

それを、分類分けしていきました。

伝えること」
「意識すること」


この内容をさらに分類分けして・・・・。

この支援が成立するために必要な要素は何か?

をじっくり考えていきました。


IMG_7544.jpg

なぜ、この支援が言葉だけではなく、
実際に私たちの「わざ」になっているのか。


いろんな流れを考え、
それぞれのスタッフが、
あっとわんで、働き、支援という仕事をしながら
なぜ、ここに存在しているのか・・・

そんなことを、じっくり、ゆっくり、
自分に問いかけ、スタッフそれぞれが語りました。

そこで出てきた答えは・・・

否定しない」

「否定されない


この言葉がキーワードとして出てきたのです。

・・・・・・つづく


Posted by NPO法人あっとわん at 21:15 | ロジを究める | この記事のURL | コメント(0)
発達障がい支援スペシャリスト養成基礎コース [2014年02月27日(Thu)]
今日は、講座の最終日でした。

今回で第4回になりますこの講座ですが、
6名の皆さんと一緒に「発達障がいの基本から支援者として」ということを学んできました。

発達障がいは難しい・・・

と良く言われます。
何が難しいのでしょうか。

発達障がいの特徴や診断名ごとの対応が
難しいと言われますが、本当にそうなのかな?と思います。

それは、もしかしたら、自分の価値観がアセスメントの時に
邪魔をしているからではないでしょうか。

支援に必要な基本は、アセスメント力だと思っています。

そこに自分の価値観やものの見方が入ってしまうと、
当事者目線が崩れてしまいます。

自分の価値観や見方なんて必要ないのです。

それが、とても難しい・・ということであって、
発達障がいが難しいということではないですよね?

個々の「人」に目を向けていくと、
見えることがたくさんあると思っています。

★発達障がいの支援が難しいのではない・・・

★アセスメントの時、価値観を外せない自分の存在・・・

★支援の理論を知っていても、その理論を使うための手立ての少なさ・・・。
(これは、ドラえもんのポケットに道具が少ないってことでですよね)


そんなことがまじりあって、

発達障がいの支援は難しい

と言っているのではないでしょうか。

そんなことを感じました。

*****

受講者の皆さんからの感想は
また別の記事にしますね。

受講者の皆さん、お疲れ様でした。








Posted by NPO法人あっとわん at 20:05 | 支援者養成 | この記事のURL | コメント(0)
さまざまな理論との出会いで・・・ [2014年02月24日(Mon)]
丁寧なかかわりが必要なお子さんの療育をはじめて、
10年を過ぎました。

そんな中で、いろんな先生方との出会いがありました。
要するに、いろんな支援の形や理論、考え方を教えていただいたのです。

file1441249342392.jpg

中でも、応用行動分析との出会いはとても鮮明に覚えています。
その他、スタッフが勉強してきた、感覚統合やいろんなアプローチを
チョイスしながら、現在の形になっています。

もともとは、子育てをしているお母さんたちを元気にしようと
作った団体なので、さまざまな理論をチョイスして、
いかに、子どもと保護者が安心していけるのかを常に考えています。

そう、今も・・・もちろんです。

最近、さらに新しい考え方を私は勉強しています。
勉強しているというより、
私としては、理論の整理と今後の方向性がクリアになっているかなと思っています。

「強み」「資質」などを知っていくと、
療育にどうやって生かしていくことができるのか・・・
が次のステップではないかと考えています。

このような理論を知っていく中で私が一番変化したのは、

精神論や根性論、
たまたま・・・とか、性格だから・・・

とか、全く関係ないというよりむしろ、
そんなの、いらない!


と思っています。

特に、応用行動分析は性格や精神論などいらない・・・(究極的に言えばです)
「資質」や「強み」にフォーカスしていくと、
無駄な精神論や根性論がいらない・・・



もちろん、がむしゃらに行動するとか、
行動を設定するまでの、自分との向き合い方は必要ですが、
「苦しい」「がんばる」「辛いことを乗り越える」
だけではないことを感じています。



性論」や「精神論」ではなく、「ただやるのみ」
ということの大切さを、私はいまひしひしと感じています。


Posted by NPO法人あっとわん at 21:59 | わたしのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
ロジを究める道その6【最終章はスタッフ研修】 [2014年02月21日(Fri)]
ロジを究める道 その@
ロジを究める道 そのA
ロジを究める道 そのB
ロジを究める道 そのC
ロジを究める道 そのD

*****

2月も終わりになってきました。
ロジ化を進めてきましたが、
これを、最終的にスタッフで落とし込んでいくことが
必要になります。


せっかくロジ化しても、
それをスタッフで共有しておかないと
意味がないですよね。

SHI83_kuri-muironosekai500-thumb-260xauto-3007.jpg


ということで、

今回2月3月で時間をとって、
5回ほど、研修をすることにしました。

本部の正社員のスタッフで落とし込みを始めます。

ロジ化も必要ですが、
法人としてスタッフ間の共有は大切です。
今回は、個々のスタッフの「資質」を探ることから始めました。

対人援助の仕事をしてくためには、
自分の価値観や価値基準となる考え方を知ることが基本となり、
自分を理解していくことから始まります。


今日は、ワークを通して、
グループで自分の価値基準になっているものを出していきました。

自分では、「こうだ」と思っていても、
いろんな質問に応えていくと、
「おや?」「本当は●●って考えているなぁ」
とか、自分の中のほんとうの声に気づいていけるように
していきました。


IMG_3036.jpg
(真剣にワーク中〜)


他のスタッフの話を聞いているうちに、
自分はどうだろう?と考えるうちに
それぞれの価値基準が浮き彫りになりました。

スッキリした〜〜〜!
というスタッフ
やっぱり、そうだったんだ・・・
というスタッフ
おもしろかった〜〜〜
というスタッフ
意外でした!
というスタッフ

もちろん、
全員バラバラの価値基準が出てきました。
それが、この対人援助の仕事にどうつなげ
どう考えていくのか・・・

んなに
自分と向き合って、考えたのは初めて・・・

というスタッフがほとんどでした。

PPW_genkanmaenohumiishi500-thumb-260xauto-727.jpg


次回のテーマは、
あっとわんの支援の基準になるものを
みんなで確認して落とし込んでいきます。

お疲れ様でした〜〜!




Posted by NPO法人あっとわん at 15:49 | ロジを究める | この記事のURL | コメント(0)
支援の基本的な合意ができていない事業所が多い気がするんです [2014年02月21日(Fri)]
みんな、子どものこと大好きだから、
子どもために頑張っているんです。
だから、ちゃんと支援したいんです。


と言われる支援者の方
多くいらっしゃいます。

子どもが好きで、
ちゃんと支援をしたい・・・
で、私たちは頑張っている・・・


それは、当たり前のことです。


bloomsters17.jpg


でも、そういうところに限って、

スタッフ間で支援の方向性がバラバラで
どうしていいのか・・・

というパターンに陥りがちです。


file1441249342392.jpg


応用行動分析的に考えていくと、

ちゃんとした支援
●子どもための支援


これを、より具体的に行動で表現し、かつ

誰にでも映像として浮かべることができるぐらい明確な

言葉で行動を表現することが求められます。


そして、さらに必要なのが、

その支援の基準となる考え方を
全員のスタッフが共有し、
理解していることが
最大の基本的要素だと思っています


このあたりになると、
組織マネジメントの分野になってくると思います。

どうやって決めていくのか・・・ですね。

でも、これらをあいまいにしていると、
結局スタッフ間の支援に対する考え方の距離は広がるばかりで、
みんな、子どもためを思っているんだから、
そう間違ってはいないし・・・

ま、とりあえずやってきましょうか。

で、終わり。

困るのは、子どもですよね?

子どものためにといいつつ、結局子どものためになっていない・・・


それぞれの事業所で、いい意味で特徴のある支援の基準や考え方は
決めたほうがいいと思います。

あいまいな時間が長いほど、
溝は深まるだけではないかと思うんですよね。


4506970902_96cd8ae739.jpg


アメブロでここでのブログ内容プラス個人的な内容も含め綴っております。
良かったら遊びに来てね。★★★

Posted by NPO法人あっとわん at 00:21 | 児童発達支援事業 | この記事のURL | コメント(0)
ソーシャルプランナー育成支援講座を平成26年度もやります! [2014年02月20日(Thu)]
平成25年度、
NPO法人あっとわんでは、

ソーシャルプランナー育成支援講座

というネーミングの講座を約1年かけてやってきました。

子育て支援をしていると、
お母さんたちの育児不安を取り除くことばかりに
目を向けている行政施策が目立ちます。

要するに
育児不安のある女性
という見方だけなのです。

保護する対象として子育て中のお母さんたちを見ていることに
私はとても違和感を感じています。

お母さんたちって、
実は地域の課題を見つけているプロなんです!

まさに、子どもを育てていると、地域や制度や環境、教育・・
などなど、いろんな問題点がたくさん見えてきます。

それらを、知っていくことで

●イライラしない
●不安が減る
●生活が客観的に見える
●私の存在と位置が理解できるようになる

など、生活が安心できるものに変わっていきます。

でね、
子育て支援関連の講座って、
単発とか、せいぜい2回〜4回ぐらいの連続講座ぐらいしかないのです。
そういうのもやっていましたが、
やっぱり、短いのです。

1年ぐらいかけてやりたいのですが、
今はそんなの行政ではあんまりやっていないのです。
ま、これにも立派な理由がありますけどね。
またその理由は書かなくちゃね。

ソーシャルプランナー育成支援講座では、
こんな方に受講してもらいたいのです。
(凝ったネーミングにしちゃったんだわ〜、ソーシャルワーク講座とかも言われたことあるしね(笑))

こんな方に参加してもらいたい!

■地域で活動した
■何か始めたい
■何がやりたいかわからないけれど、何かしたい!
■活動はじめたけどうまくいかない
■子育て支援のことを知りたい
■社会の仕組みを知りたい
■自分と向き合いたい
■育児休暇中を有意義に過ごしたい
■楽しそうだから受けたい


などなど、
子育て支援に興味のある方たちに受講してもらいたいと思っています。


【実施概要】*************************

■実施日:2014年5/21、6/4.25、7/16、9/10、10/1,22 11/19、
       12/3.17、1/14、2/4、3/4 ≪全水曜日≫    
■時 間:10:00〜14:00(90分×2コマと60分昼食)
      1コマ目:10:00〜11:30(90分)
      お昼休み:11:30〜12:30(60分)
      2コマ目:12:30〜14:00(90分)
■講 師:かわのゆみこ、他
■定 員:20名、保育6名(1日)
■受講料:13回で39000円(全額前納か分割が選べます)
■保育料:1人1日1000円(1歳以上〜)
■会 場:「なごみ」春日井市味美上ノ町2173-1    
      (県営名古屋空港隣接旧41号沿い)駐車場有
■対 象:地域で何か活動を始めたい子育て中の女性    
      地域のことや子育て支援のことを学びたい女性
■申し込み先:NPO法人あっとわん事務局
          0568−92−5481(月〜金10:00〜17:00)

Posted by NPO法人あっとわん at 16:15 | 子育て支援 | この記事のURL | コメント(0)
河野が講師の講座です。 [2014年02月12日(Wed)]
こちらの更新がちょっと間延びしておりますが、

その分、実はプライベートブログを充実させています。

こちらで人気のあった記事も、いずれ、そちらのブログに

コピーする予定です。

*****

今日は、

河野が講師を務めさせていただく講座をお知らせします。

発達障がいの基本の講座は、

単発で実施していますが。

こちらは、西区のこそだてmom.さんが

イオンタウン名西店で実施されているものです。

以下にコピーぺしますね

*******
*******

イオンタウン名西 まちコミ教室
子どもの発達について

ちょっとだけ配慮の必要なお子様への対応の仕方など、
発達障がいの基本を含め、発達の凸凹に焦点を当てた
お話です。たくさんの方に 知ってほしい内容です。
興味のある方、ぜひ気軽にご参加ください。

2/24 基本編:発達という視点から子育てのヒントを学びましょう
3/17 グループ相談会

【日  時】 2月24日(月)10:30〜12:00

【参加費】 1,000円

【定  員】 20名

【日  時】 3月17日(月)13:00〜14:30

【参加費】 1,500円

【定  員】 10名

【対  象】 どなたでも(お子様連れOK!各自でおもちゃをご用意ください)

【会  場】 イオンタウン名西2階 まちコミホールB(西区香呑町6-49-1)

【講  師】 NPO法人あっとわん代表理事 河野弓子

【持ち物】 筆記用具

NAT92_teatimetable500-thumb-260xauto-2963.jpg


よかったら、
ご予約下さいね。

単発での発達障がいの基本の講座は、
随時実施させていただきますので、
直接、あっとわんに、お問い合わせください。

0568−92−5481

Posted by NPO法人あっとわん at 21:55 | 子育て支援 | この記事のURL | コメント(0)
久しぶりにお会いしました [2014年02月03日(Mon)]
あっとわんを設立する前、
私は友人と、当時ブームだった、
「子育てマップ」というのを作成したり、
ミニコミ誌を作ったりしていました。


取材ということで、近隣の市の子育てサークルさんにも
お話を伺いに行ったりしました。


その時お知り合いになったのが、
現在、NPO法人Mama'sCafeの代表 山本博子さんです。
当時は、ママサークルの代表でした。
(その時のお子さんももう高校生だそうで・・・)


当時から、パワーのあるママで、
その後、あっとわんが平成12年に設立した
少し後ぐらいに、ママズカフェを立ち上げられたとお聞きし、
久しぶりに再会しました。

そして、それから、10年ぐらい経ったのでしょうか?


IMG_4969.jpg

フェイスブックでアップしたら、「似てる」ってコメントが・・・
実物は、山本さんの方がもちろん美人ですよ!


その後、たまに、ちょこっとお会いすることはあっても、
ゆっくりとお話しするのは
とっても久しぶりでした。
ご活躍のほどは、いつも、私の耳に届いていました。


そして、今日多治見に伺いました。

あいちかすがいっこの代表 内田朋代さんと一緒に、
かすがいっこの立ち上げの報告やら、
ママの文化祭の案内やら、
ミエルカ2013のことなどもいろいろお話ししたいことに
便乗して、いろいろ話に花が咲きました。


ずっと頑張っている方って、
すぐに、深い話に花が咲くものです。
同じ子育て支援といっても、
切り口は様々です。
でも、思いや、目指すべき街の姿は同じ。


山本さんの
パワフルなアイデアあふれるお話しや、
これからのこと・・・

あっという間に時間はたってしまいました。


IMG_9012.jpg


IMG_0613.jpg


yamamotoann.jpg


今日は、特別なシェフのランチということで、
美味しくいただきました。


個人的には、
豆乳のスープが絶品でした!!

なんであんなにおいしいんだろう???
豆乳のにおいが全くなくて、
ほんとにおいしかった〜〜〜。

その他も、ぜ〜〜〜〜んぶ、おいしかったですよ。


*****


高蔵寺多治見って
内津峠を越えるととっても近いのです。
いままでも、
コラボできるといいなぁと
思ってはいたものの、
なかなか実現できませんでしたが、
ようやく、何かできそうな気がします。


今日はありがとうございました〜〜。



Posted by NPO法人あっとわん at 22:04 | NPO | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ