CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
笑う猫のつぶやき
ユルいブログにどうぞようこそ。
« 成果物 | Main | 余談 »
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nagi
ありがとう、赤い羽根 (05/07)
ありがとう、赤い羽根 (05/02) しろたん
芋煮 (10/23) あいの里
旅行続き (09/10) しろたん
旅行続き (09/10) あいの里
今日の鶴ヶ城 (09/05) しろたん
今日の鶴ヶ城 (09/05) あいの里
炎暑 (08/23) しろたん
炎暑 (08/17)
残念なお知らせ[2021年08月13日(Fri)]

 今日、一番に到達したメールの差出人は、「厚生労働省」を騙っていました。ちゃんとリンクも張っ付けてありました、何処に飛んで行くのか分からないけれど。

【重要なお知らせ】
 最近コロナウイルスが多発していますので、より良い防疫作業の実行と緊急救護の調整のために、私達に協力して現在の状態をお登録ください
 本人が承諾する
 予防のために、本人と家族は以上の情報を法に基づいて提出する所轄の予防管理部門に同意します。本人は情報内容の真性性と完全性に責任を負う。情報に誤りや欠落があれば、本人は相応の法的責任を持ちます

 残念な位に滅裂な文言ですね。「お登録」って何?
「いつもありがとう、赤い羽根」7[2021年08月07日(Sat)]

 運用を始めて1回目の燃費はガソリン1リッター当り7.9kmでした。前車よりも改善しています。距離が進んで馴染んでくれば更に伸びるだろうと期待しています。

 納車が成ったその後も、交付金の請求そして完了報告に向けての業務が続きます。

 整備事業に関係した全ての文書類は自身が作成したものも含めてその都度整理をし保管をしています。共同募金会との事務手続きにはそれらが必要となり求めに応じて写しを提出し、あるいは追加で説明するための資料とします。特に配分金関係のやり取りは万が一にも疑いが生じないように充分に注意しながら適時適切に取り扱わなければなりません。

 計画の立案から事業完了までおよそ1年と6ヶ月、私たちが所有者となる車検証が出来上がって送迎用車両整備事業は終了となります。

c57-180 (7).jpg


 磐越西線新津・会津若松間126.2kmの運行には石炭が約3トン、水がおよそ20トンを要するそうです。石炭1sで42m、水1ℓで6m進めるのですね。

c57-180 (4).jpg

「いつもありがとう、赤い羽根」6[2021年08月02日(Mon)]

 車両を受領しました。

 最近は車両の電動化が進んで、HV(ハイブリッド)やPHEV(プラグ・イン・ハイブリッドEV)やBEV(バッテリーEV)などの呼称が相当広まってきましたが、モーターと電力を持たず燃料を燃焼させて動力を得る原動機だけを備える車両をICE(インターナル・コンバスション・エンジン)と呼んで区別する向きもあるようです。

 電動化に伴うメリットは大いに喧伝されていますが、デメリットって余り言われていないような気がします。目立つデメリットは高価であることと重いことでしょうか?

 年内にフルモデルチェンジが予定されているM社のO車は、現行モデルでモーターと電池の有る無しで300kg以上の重量差があります。それが何を意味するかは、所有しているクルマに玄米を10袋載せて走ってみれば疑似体験できるかもしれません。

ノア 5-3.jpg


 これは走行のためのモーターと電池を持っていません。それでも車検証は1.6トンを超えていました。意外と重いです。
 両側パワースライドドア(オートクロージャー付)と四輪駆動が影響しているのかも。

 フロントアクスルとリアアクスルを機械的に繋げていますが任意に操作が出来ないオンデマンド式です。軽量でコンパクトゆえに数多のクルマが取り入れていますがそれなりに部品数は増えますからそれなりに重くはなるようです。

ノア 6-2.JPG


 サードシートに移動し易い配置になっています。特装ではありません。ウエルジョインというカタログモデルです。

ノア 7-3.jpg


 今では少数派となったリアアンダーミラー仕様としました(有償オプション)。最近は設定が全くない車種が増えました。Dピラーにある縦に並ぶ四つの突起物を、トヨタではエアロスタビライジングフィンと呼んでいます。走行中の車体後部の安定性を増す目的のもので、モータースポーツ活動から得られた成果のひとつ、と言われています。おかげでリア周りに汚れが付きにくくなりました。

 納車が最大のヤマ場でしたが、これで終わりではありません。整備事業はまだまだ続きます。
今年も「あなたといっしょ、いい未来」2[2021年06月19日(Sat)]

 昨日、ようやっと記事数が100件を超えました。10年で100・・・。怠惰さ加減が数字にも現れています。

 昭和16年に開業した会津信用金庫(通称:あいしん)は、会津若松市馬場町に本店を置き、2市4郡に支店を展開する信用金庫です。同町の歴史はとても古く、会津藩政の時代には商業の中心を象っていました。そこに拠点を置く「あいしん」さんは、地元密着の金融機関として80年余りの長きに亘り大きな役割を担っておいでです。
 また、社会貢献活動の取り組みとして社会事業に勤しむ団体・組織にもご理解を示され、毎年数々のご援助や物品のご寄贈などをされておいでです。

今年も会津信用金庫の本店・支店の全て店舗(全ての店舗、です)の従業員の方々が1年間をかけて集めた牛乳パックが届きました。

牛乳パック群 (2).JPG


 およそ4,000枚の牛乳パックです。
「いつもありがとう、赤い羽根」5[2021年06月09日(Wed)]

 「バケラッタ!」

20210607-083137 (4).jpg


 2ドアベルリネッタのようですが正真正銘のバルケッタ。だからこれはダイハツ コンパーノ スパイダー。
 シャシーはベルリーナと共用し4気筒OHV1リッターエンジンに4速マニュアルミッションを組み合わせ後輪を駆動します。成り立ちから4シーターに仕立てられ同時代のロードスター(ホンダS600やダットサンSR311など)には望めなかった高い実用性を備えています。1965年(昭和40年)4月発表、生産・販売期間は約4年。販売台数はメーカーの期待ほど伸びなかったといわれています。令和の路上ではフツーに走っていて出会えるモノでは決してございません。

 共同募金配分金を活用して車両を整備するときの会計簿への記帳は、使う勘定科目は多けれどもその都度変わるのは金額だけですから、パターンとして覚えていれば難しくはありません。

 配分金を受け入れた時は、通常現金でのやり取りはしませんので、借方が資産の「普通預金」となります。貸方は経常収益の「その他補助金収入」に「共同募金配分金収入」の補助科目を設け、それを立てます。

 支払いの際は複数の勘定科目が立ちます。
 借方の1番目は資産の「車両運搬具」、これは文字書きや各装備品を含めた車両本体価格。償却資産台帳にもこの額で登録します。次に資産の「預託金」、預かりリサイクル預託金です。そして3番目が経常費用の「租税公課」、自動車税関係と登録手続き等の印紙代。車庫証明を依頼する費用は経常費用の「車両費」を4番目に。ここにはリサイクル預託金情報管理料も含みます。自賠責保険料は経常費用の「保険料」で5番目に計上します。

 通常は現金でのやり取りはしませんので、貸方は資産の「普通預金」です。
 1番目と2番目の仕訳は、「普通預金」が「車両運搬具」と「預託金」に形を変えたとも捉えられます。

 さてさらに一仕事。財産増加の仕訳が加わります。日頃は余り出番のない経常外収支科目と正味財産増減科目が登場。借方は経常外費用「車両運搬具購入支出」、資産の「車両運搬具」と同額。そして貸方は正味財産増加「車両運搬具購入額」。
 預かりリサイクル預託金も忘れずに財産として加えましょう。借方に経常外費用「預託金支出」、貸方は正味財産増加「預託金増加額」。

 そして年度末にはその日までに使いそじた分だけの減価償却費を経常費用で計上します。

 その他、会計簿とは別に整備事業の収支計算書をエクセルで作成して一連の書類とともに保管しておきます。

IMGA0607 (2).JPG


 午後5時の磐梯山。
 「そじた」は福島弁で「傷んだ」のこと。
「いつもありがとう、赤い羽根」4[2021年06月02日(Wed)]

 通常、助成事業を活用して整備した車両には、何らかのマーキングが施されるか或いは指定を受けます。
 街中でよく見かけるのは日本財団、そして24時間テレビ「愛は地球を救う」。車体側面の広い面積に施されているので目立ちます。車体も白色限定のようで浮き上がるように見えて遠くからでもよく分かります。

 「赤い羽根」も目立ちますね。指定のグラフィックが赤いから。
 「赤い羽根」を掲げた車両には様々な車種が認められます。多いのはやはり送迎目的のキャブオーバー型ワゴンでしょうか。他にミニバンや軽四輪やコンパクトカーも走ってます。申請する団体の整備計画に拠って車種を挙げることができるためでしょう。さすがにSUVは見てないな。
 車体色はメタリックなホワイトが多数派のようです。私たちはシルバーメタリックを選択しました。斜め上を狙ったからではなく、ホワイトパールクリスタルシャインとラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークが有料色だったからです。ブラックやボルドーマイカメタリックやアバンギャルドブロンズメタリックやブラキッシュアゲハガラスフレーク(ってどんな色?)は共同募金会の要領に拠りNG色でした。

 車体へのマーキングは、共同募金会で用意するグラフィックに加えて法人名と事業所名を両側面の参考位置に掲げます。更にマーキングの色とひと文字当りの大きさの指定がありますので、間違いがないように貼り付け見本を作成して打合せを行います。

 街中で、妙に進行方向に向かって逆らっているように見えるマーキングに気付きませんか?車体を走るキャラクターラインとマーキングの流れに不一致があると違和感を覚えます。疾走感や躍動感を強調するようにノーズからリアエンドに向けて跳ね上がるラインが走る車体には、地面と平行な線はほとんどありません。そこに横一線で文字を走らせると尻下がりが目立つことになります。

 作業は今回も販売店に依頼しました。そして請け負うのは看板屋さんです。文字の傾きを感じさせずに車体に溶け込むようにマーキングを施すのは至難の業と推察します。一応、貼り付け見本はそれを考慮して作ってみましたが、素人があれこれ指図するよりも職人の判断と技にお任せしたほうがベリーベストと思います。

2020_topics_pst03.jpg


 このフルラッピング送迎車を見てみたい。
「いつもありがとう、赤い羽根」3[2021年05月31日(Mon)]

 あれから約一年、待望の決定通知が届きました。整備事業に着手いたします。

 一年前と同じ条件でもう一度見積もり合わせを行います。
 本当に全く同じで寸分の狂いもなく一年前を再現できるか?実のところ難しいです。
 マイナーチェンジで仕様が変わっていたなんて良くある話。フルモデルチェンジだってあり得ます。何せあれから一年ですから。

 絶版とかしていたら面倒かも知れませんが、幸いにしてそういった経験はありません。申請時に「分かる範囲でいいから改良の予定を教えて」と図々しくも聞いて回っていましたから。

 それでも装備品の見直し等で微妙に値上がりしていたりします。こちらの要求が増えることもあります。助成額が申請額よりも減額されることだってあります。いずれにせよ事業費は変わるものと考えていた方が良いです。増加分は自己負担の上乗せで対応する位のゆとりは必要です。申請時に支払える額の上限いっぱいで事業費を組み立てると後で辛くなるかも知れません。

 「アイツまた来たよ」、言われたことはないですが一年前に受け取った見積書の写しを見せられながら新しい見積書の打ち合わせをしたことはあります。今回の資料は頑張ってA3用紙3枚半くらいに収めました。今回は「買えるようになりましたので買います。ここで買うかは約束しません。でも見積書作ってね」です。

 時には泥臭さもアリです。

IMGA0602.JPG


 ホバリングする何か。長元坊でしょうか?
「いつもありがとう、赤い羽根」2[2021年05月21日(Fri)]

 送迎用車両整備事業に当たっては、見積書で事業費総額・助成申請額・自己負担額を明らかにします。又、見積もり合わせは必須なので、最低3社かそれ以上の信頼できる販売店(大体はメーカー系列の正規取扱店)を選んでお願いに伺います。
 見積書の記載に不一致が生じないように、型式や選択装備や付随する追加作業(車体のマーキングなど)を指示する資料を作り込んで相手方に渡します。資料は渡す前に何回も見直してポカよけに努めます。

 見積書を受け取ったら、こちらの指示に沿った内容か金額に誤りがないか等々点検します。
 よくある行き違いはメーカーオプション、そして自動車税関係です。メーカーオプションは組み合わせによって個々の金額が変わる装備が往々にしてあり、販売店でも間違うことがあります。そして税の取り扱いは条例の定めるところにより減免されるものもありますので、必ずチェックしなければなりません。下取り車は無し、希望ナンバーも無し、メンテナンスパックが加わっていないか社印はあるかなどひとつずつ追いかけます。

 相違を見つけたら再度訪問して訂正を求めるのですが、正直楽しい作業ではないです。だって、一見さんから「買えるかどうか分からないし買えるにしても今すぐじゃないし、でも見積書は作ってね」とA3用紙3枚分の指示を渡されて、また来たと思ったら「間違ってるよ直してね」って、「冷やかしならお断りだぜお客さん」の類ではないですか。

棚田の桜.JPG


喜多方市山都町朝倉の棚田の桜、2018年5月撮影。
「いつもありがとう、赤い羽根」[2021年05月17日(Mon)]

 事業所の活動に供している車両のうち一台の経年劣化が進んでまいりました。

 世に溢れるミニバンタイプには珍しく、クロカン車譲りの足回りとトルク溢れるV型6気筒エンジンを備えた好事家が好むモデルでありましたが、何せローンチは1994年5月、TRC/ASC/FCM/LDW/ACC等の運転支援システムの類は無し、可変動弁や気筒休止やAS&Gも無し、ABSは付いていました。

 タイミングベルト交換2回ウオーターポンプ/パワーステアリングポンプASSY交換1回オイル/オイルフィルター交換等々は数知れず。ブレーキパッドは3回だったかな?タイヤは毎年交換していました(!)。その甲斐あってエンジンや駆動系など重要部品は変調の兆しさえ見せず日々走り回っています。でも愛着が仕事で使い続ける理由にならないのが辛いところ。長く走っていれば車体の痛みやパーツの手配や燃費性能などで支障を覚えるのは致し方ありません。

 代替えに当たっても高額な支出を伴うためキチンと手続きを踏まねばなりますまい。と云う訳で、昨年度に送迎用車両事業を計画しました。

 先ず車種と費用の調達方法を定めます。

 費用は助成金の活用を図ることにしました。これで計画から着手までは約1年を要すると見込まれます。そして数多ある中から唯一つの車両を探し出すために、「要求」を明らかにします。
 使用の目的や環境や価格など要件は沢山ありますが、ここで注意したいのは1年後も購入可能な型式を選ぶことです。
 交付決定があった後に計画の土台となる車両の選定をやり直すのは、後々面倒な作業になると思いましたので。

トヨタ ノア画像 (2).JPG


 車体右側面のマーキングって難しいですよね。
スティ(グループ)ホーム[2021年04月29日(Thu)]

IMGA0586.JPG


4月29日、昭和の日の木曜日、外は雨です。
お出かけを控えているのは天気のせいだけではありません。
| 次へ
プロフィール

あいの里さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/npoainosato/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npoainosato/index2_0.xml