• もっと見る

« 2010年12月 | Main
ワイワイ!つくってワクワク!【旭川冬まつりの小雪像をつくろう!】 [2011年01月31日(Mon)]

2010年度のJT 青少年育成に関するNPO助成事業【ワイワイ!つくってワクワク!】の最後の企画は【旭川冬まつりの小雪像をつくろう!】です。
タイトル通りの企画ですが、2011年度の旭川冬まつりの市民参加が可能な小雪像(幅・奥行き各1m
、高さ2m)造りに参加いたしました。

今年は天候不順で、皆さんもニュースなどでご覧になっていたかもしれませんが、大変な大雪で製作当日の天候も心配されましたが、何とか晴れ間が見える中作業することができましたが、その日の最高気温は-7度!! 大変寒い中の作業になりました。

今回制作するデザインは、今年の干支でもある「ウサギ」です。
今回も芸術家のトモロオさんの指導のもと、大人や子供が混ざって作業する為、誰もが知っている形を選びました。
ありがちですが、「飛躍する年に」という願いも込められています!

会場は冬まつりの会場(旭橋河畔会場)のメーン雪像の前あたりから、旭橋に向けてずらーっと40機程の小雪像が並びます。

 
そして、ラポラポラの雪像は…

一番端のメーン雪像の前です。
一番目立つところでした!
 
始めから、約1m×1m、高さ2m程の雪の塊が用意されていますので、それを削って形を作ります。
 

所々、氷が混ざっていて、雪も押し固められたものなので、雪と言うよりも氷のような雪像です。
今回のメンバーは全員雪像造りが初めてなので、雪の固さに試行錯誤しています。
 
他の雪像は、たぶん毎年の様に参加されている方も多くて段取りも良く、道具もお手製のもので、スムーズに作業されていました。
 
でも、子どもたちも大変積極的に参加されていましたので、少しずつ削る作業にも慣れてきました。
一時間後には、上記写真の様に、何となくウサギの形になってきました。

大まかに削った後には、手足等の足りない部分を雪に水を混ぜてシャーベット状にしたものを付けてよりウサギに近い形にしました。
 
そのあとは昼食も取り、仕上げに入ります。
ノミをつかって細かい仕上げをする人、出っ張った部分を手ノコで削る人、シャーベット状の雪で凹凸を滑らかにする人など、それぞれ作業を分担して…
 

最終的には、この様な形に出来上がりました!!
具象なデザインのウサギです。

関係者にお話を聴くと、どうやら毎年干支を雪像にするケースが多く、今年もウサギがモチーフなものがたくさん有りました。
 

そして、最後にはみんなで記念写真!!
 
大変寒い中、皆さんご苦労様でした!!!
 
これで、2010年度のJT 青少年育成に関するNPO助成事業【ワイワイ!つくってワクワク!】のすべての事業が終わりました。
 
ご参加頂きました皆様。また、保護者の方をはじめ、施設や学校等の関係者、講師として来ていただいた方々、今回の企画に助成していただきました日本たばこ産業株式会社(JT)様に感謝致します。まことに有り難うございました。
2011年度も、NPOラポラポラは新しい企画を考えて参ります。
その際にはあらためてホームページ等にてお知らせ致しますので、楽しみにしていて下さいね♪