CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

起業支援ネットさんの画像
起業支援ネット
プロフィール
ブログ
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/npo_kigyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npo_kigyou/index2_0.xml
【ご報告とお詫び】関戸美恵子の現状について [2015年10月08日(Thu)]
起業支援ネット久野です。
いつもお世話になり、本当にありがとうございます。

表題の件、起業支援ネットの創業者であり、起業の学校校長、現在は一般社団法人SR連携プラットフォーム代表理事の関戸美恵子が、10月6日(火)の午後、自宅で倒れているところを帰宅したご家族が発見され、救急搬送されました。
心原性脳塞栓症とのことで、現在、集中治療室にて救命治療を行っております。(10月8日現在)

昨日10月7日に、SR連携プラットフォームの森専務理事、起業支援ネットの代表、副代表、スタッフで緊急ミーティングを行い、現在関戸が関わっている事業の実施等に関して、下記を決定いたしました。

・起業の学校11期後期課程、福島キャンパス、通信クラスはすべて予定通り実施
・関戸が講師、相談員、コーディネーター等を務める予定だった事業については、
できる限り代替人員を確保し、ご依頼元と相談の上、原則として実施。
一部、どうしても関戸でなければ難しい案件については先方とご相談の上、
キャンセルのお願いをさせていただく
・その他、参加させていただく予定だった会議、イベント等はすべてキャンセル

ご依頼をいただいておりましたみなさま、ご関係者のみなさまには大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
こちらで把握している案件については、順次調整を進めておりますが、万が一、関戸のみが把握している件があった場合、こちらからの連絡が行き届いていない場合があります。お心当たりがおありの方は(関戸に依頼している事項があるにも関わらず、現時点で、SR連携プラットフォームからも起業支援ネットからも連絡がない場合)、何卒ご一報いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
また、もろもろの混乱の中ご連絡を差し上げており、なにかと不行き届き、不作法があるかと存じます。その際は、どうぞ遠慮なくご指摘いただけますと幸いです。

また、関戸は、わたくし久野にとっては、実の母にあたります(隠していたわけではないのですが、積極的にお知らせもしていなかったので、今回はじめて知って驚かれたみなさまには申し訳ありません…)。第一発見者は父でした。
ここからは、娘としてのご報告も含めて、になりますが、本当に突然のことで驚いております。先週末も、起業の学校の前期修了試験、某自治体での起業講座の初回と、非常に元気に仕事をしておりました。

状態としては、そんなに楽観視できる状況ではなく、昨夜は生命維持のため、開頭手術も行いました。手術そのものは成功しましたが、右脳のほとんど、左脳の一部がダメージを受けており、医師からは、もし一命をとりとめたとしても、意識が戻るかどうかは不明であり、また相当な後遺症が残ると言われております。(そういった状況からも回復された方々はいらっしゃるので、もちろん希望は持っています)

これまで、関戸は多くの方々に支えられてきました。そのうえで、なお厚かましいお願いですが、みなさまの想いを少しだけ関戸に送っていただけますと幸いです。

またわたし自身、できる限り通常通り仕事には取り組みたいと思っておりますが、内部的な打ち合わせや、急きょのキャンセルが非常にご迷惑をおかけするであろう案件については、少し調整をさせていただいております。また、万が一の場合、わたしがお受けしている仕事を鈴木、戸上などが担当させていただく場合もあるかと思います。こちらも誠に申し訳ない限りですし、関戸には叱られそうな気しかしませんが、何卒ご容赦いただくたく、お願い申し上げます。

関戸はかねてより、「回復ではなく回生」という言葉を好んで使っておりました。回生とは、単にもとに戻るということではなくて、新たに生まれること。関戸が尊敬していた社会学者であり、また脳出血で倒れて以降歌人としても生きられた鶴見和子さんの歌集のタイトルでもあります。関戸の回生にみなさまの想いを寄せていただくことができれば、本当にありがたく思います。

長文をお読みいただき、ありがとうございました。
この度は本当にご迷惑とご心配をおかけし、申し訳ありません。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

久野美奈子 拝
コメント