CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

起業支援ネットさんの画像
起業支援ネット
プロフィール
ブログ
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/npo_kigyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npo_kigyou/index2_0.xml
映画「降りてゆく生き方」対話型ワークショップ(上映イベント前夜祭) [2009年11月30日(Mon)]
こんにちは。事務局の森です。

きたる12/5(土)、地域の元気・感電ワークショップとして、
映画「降りてゆく生き方」上映会を開催することは、
ご案内の通りかと思います。

このたび、この上映イベントに加え、
上映会の前日12月4日(金)午後6時30分より、
上映の前夜祭としまして「降りてゆく生き方」
対話型ワークショップの開催が決定いたしました。

この「降りてゆく生き方」を制作した、
にっぽんプロデュースから、プロデューサーの森田貴英氏をお招きし、
とってもディープなワークショップをお届けします。

以下、ご案内文となります。
こちらもあわせて、ぜひご参加ください。
======================================
映画「降りてゆく生き方」対話型ワークショップ(上映イベント前夜祭)
 日 時: 12月4日(金) 18:30〜21:00
 会 場: 愛知県産業労働センター(ウィンクあいち)小会議室(907号室)
     〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
     http://www.winc-aichi.jp/
 入 場:無料
 ゲスト:森田貴英(映画「降りてゆく生き方」プロデューサー)
 ご注意:映画「降りてゆく生き方」本編の上映は行いません。
    (未公開ダイジェスト映像は公開予定)
======================================

この特別イベントでは、これから映画「降りてゆく生き方」を鑑賞くださる方々、
本映画の上映に関心を寄せてくださっている方々、既に本映画をご覧になって、
さらに「降りてゆく生き方」を深めたいとお考えの方々をはじめとして、たくさんの
方々にご参加いただき、共に「気付き」、「学び」を深めるべくとことん語り合いた
いと思います。 

映画「降りてゆく生き方」は2009年4月18日に初上映を迎え、
以来限定的に全国およそ30都市にて上映する機会に恵まれ、
計2万人近い方々に映画「降りてゆく生き方」を
お届けすることができました。

これは、現在の日本映画界では驚異的な動員数となっています。
なぜなら、映画館では上映せず、DVDも販売せず、上映回数も少なく、
上映スタイルも独特。
それに加えて、主催者がほぼ全員上映経験未経験者なのです。

また、上映エリアが限られているにも関わらず、
遠方から飛行機に乗って駆けつける人、
船に乗って駆けつける人も珍しくありません。

東京都内での数カ所の上映では、
この映画を見る為だけに北海道から飛行機に乗って駆けつける人もいれば、
奈良、大阪、名古屋などからも熱心に足を運んで頂いています。

さらに、1人で7回も鑑賞された方や、
車イスや松葉杖などお体の不自由な方もいらっしゃいます。
先日は、目の不自由な方も会場にお越しいただきました。

映画をご覧になった方々はお気づきだと思いますが、
映画上映中、客席は必ず笑い声や涙するひとで溢れています。

それを物語るのが上映後の拍手です。
全会場で必ず、上映終了後に拍手を頂きます。
私たちスタッフにとって、どんな言葉より嬉しい瞬間です。

なぜこの映画にそれほどの人が集まり賞賛されるか。
それは、「この映画を選んだ方々の意識の高さ」です。

混沌とした時代の中で、過去の仕組みや矛盾だらけの社会に誰よりも敏感で、
不安を察知し、ともすれば恐れさえ感じているはずです。
金融システムの崩壊、矛盾だらけの政治、毎日繰り返される事件に事故、CO2を
代表する環境やエネルギー問題、食への不安と不信感。

どれが本物だろうか? 誰が本当の事を言っているのだろうか?
 世の中は一体どうなっているのだろうか?

そんな疑問と悩みを誰よりも強く感じたからこそ、世界中に溢れる沢山の
映画の中から、この作品「降りてゆく生き方」を選んで頂けたのです。
その証拠に、全国2万人の仲間がこの作品に感動し、新しい生き方を見出そうと、
武田鉄矢演じる主人公「川本五十六」のように、
今度は「自分なりの降りてゆく生き方」を探しはじめています。

1回では理解出来なかった方、観直したい方、
どうぞ会場へ何度でも足を運んでみてください。
少ない上映回数ですが、昨今の映画と違い、
私たちスタッフは全国あちこちで
長い時間をかけてコツコツと上映していきます。
そしてこのたび、映画「降りてゆく生き方」の理念について、
私たちスタッフとみなさまとの対話を通じて
発信させていただく企画を立ち上げました。

どのように映画「降りてゆく生き方」が生まれたのか?
なぜ、いま「生き方」を問うのか?
なぜ、非効率といわれる自主上映を徹底しているのか?

なぜ、広告・宣伝を一切おこなわない映画が、
これほどまでに広まり、受け入れられているのか?

これまで映画「降りてゆく生き方」の上映に関わってきた方々が、
上映を通じてどのように変化していったのか?
そしていま、どのような生き方をしているのか?

そんな問いに答えるべく、関連映像を交えた対話型ワークショップを開催します。
今回は特別に、映画「降りてゆく生き方」のプロデューサーでる森田貴英氏を
お招きし、共に「気付き」、「学び」を深めるべくとことん語り合いたいと思います。

これから映画「降りてゆく生き方」を鑑賞くださる方々、本映画の上映に関心を
寄せてくださっている方々、「降りてゆく生き方」を深めたいとお考えの方々を
はじめとして、みなさまの積極的な参加をお待ちしています!!

どんなに小さなことでも構いませんので、
映画「降りてゆく生き方」をより多くの方々にご覧頂けるよう、
みなさまのご協力とご支援を何卒宜しくお願い申し上げます。

================================

★森田貴英(弁護士/「降りてゆく生き方」プロデューサー)
http://www.nippon-p.org/blog/2009/07/1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
企業法務、メディア・エンタテインメント法、知的財産法を専門とする弁護士。
自身の活動の傍ら、全国でまちづくりなどの活動をしている200組以上を取材し、
一般応募のオーディションで1700人以上の参加者全てと対話し、
映画「降りてゆく生き方」(主演:武田鉄矢)の脚本・製作を手がける。

================================

コメント