CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年05月 | Main | 2014年07月»
漢字を繰り返し書くことは大切なのか? [2014年06月25日(Wed)]
漢字の宿題.jpg
「今日僕は心が重いんだ…。漢字テストで0点だったから…」

NIREの教室に来た小5の男の子は、席に着くなり私に話しかけてきました。

書くことに困難を持つ子どもたちにとって、毎日の授業や宿題は想像以上の負荷となっています。この男の子の場合も、毎日大量の漢字の書き取りをさせる宿題が出されています。書くことに負担がない子にとっては簡単な宿題かもしれませんが、彼の場合はこの漢字の宿題をやり終えるのに1時間以上費やしています。とにかく書くことに必死で、漢字を覚えるヒマはなく、毎日毎日これだけ漢字を書いているにもかかわらず、テストでは1点も取れないという残念な結果が繰り返されています。

「漢字は、とにかく書いて覚える」ということは、多くの人が疑いなく効果があると信じている学習方法だと思います。たしかに、同じことを繰り返し練習することで体得することも多いと思います。一流のスポーツ選手を見ていると、誰しも地道に練習を積み重ねていることがわかるので、それをそのまま勉強にあてはめて、子どもたちにハッパをかけることも多く見かけます。

しかし、同じ練習法をおこなっても、異なる結果になっていることに注目している人は少ないような気がします。よくよく考えてみればわかることですが、アプローチが同じでも結果に差が出るということは、日常的に当たり前のことです。例えは悪いのですが、かくいう私も語学学習について、「これでペラペラになる!」と宣伝されている教材に飛びつき、お蔵入りした経験が多数あります。

人は失敗を繰り返すと「学習性無力感」に陥り、「できることさえやらなくなる」という心の働きがあるというのは、心理学で古くから指摘されています。

画一的な指導方法ではなく、一人ひとりの特性に合わせた学習指導をおこなっていくことは、子どもたちの「学ぶ権利」として国際的には常識となってきています。先日、日本でも批准された「障害者の権利に関する条約」でも、教育において「個人において必要とされる合理的配慮が提供されること」とされ、文科省でもその具体化が検討されています。文科省が出した「合理的配慮の観点(案)」では、「漢字練習や英語学習において、単純な繰り返し練習が効果を上げない」とはっきり明記されました。

漢字を覚えるためには、「繰り返し書かせる」という方法以外に、さまざまなアイデアや工夫があります。「こんなやり方もある」「あんな方法もある」という試行錯誤の中で、自分なりの学習方法を見つけていくのも大事な教育活動です。

それにしても、「繰り返し漢字を書かせても、学習効果はない。むしろ学習意欲を阻害する」と繰り返し指摘・警告しても、やはり「繰り返し学習」がなくならないのはなぜなんでしょう?
私たち自身も、多くのオトナたちにわかってもらえるように、伝え方のアプローチを見直さなければなりませんね。

(参考)文部科学省 学校における「合理的配慮」の観点(案)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
Posted by 中塚史行 at 17:51 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
子どもたちのサインを見逃さない [2014年06月10日(Tue)]
image.jpg

5月、6月は一年の中でも相談の多いシーズンとなります。
その要因はいくつかありますが、まずは人間関係。新学期がスタートし、クラスの人間関係もだいたい固定化することで、その流れに乗り切れなかった子たちが、一人ぼっちに耐えきれずに、学校への行きしぶりなどを始めます。高校生では、クラスや部活になじめず、「こんなはずじゃなかった」と中退するかどうか悩む時期ともなります。

その次に多い相談が勉強の悩み。だんだんと授業が進み、勉強も遅れがちになってくると、「このままついていけるのか?」と不安になってきます。中間テストや学力テストもあるので、結果を見てガックリする家庭も少なくありません。

こうした不安や心配を、子どもたちはなかなかオモテに出そうとしません。「相談するのが恥ずかしい」「自分が悪い・自分の問題」「もっとがんばらなくちゃ」「どうせわかってくれない」「怒られる・反対される」などなど、いろんな理由で抱え込むことが多く、学校や家庭では子どもたちの心のサインを見落としがちです。

NIREでは授業やイベントで、さまざまなアンテナを張りめぐらし、子どもたちの心のサインを読み取り、なんでもオープンに話し合えることを大切にしています。

それでも子どもたちの心のサインを読み取ることは、とても難しいことです。
「いつもあんなに元気いっぱいだったのに急に無口になった」
これは比較的わかりやすいサインですが、「これまで静かだった子が急に活発になる」パターンもあるので注意が必要です。いつも以上に多弁になったり、テンションが高い場合は、「何かあったのかな?」と考えます。服装や髪型が急に変わるというのもわかりやすい変化ですが、メールアドレスが変わることは、人間関係の変化とも連動している場合もあるので、注意してみるポイントとなります。

人は、人との関わりでしか成長できないので、失敗やつまずき、悩みや不安はつきものです。そして、こうした経験が人間を豊かに成長させる源となりますが、悩みやトラブルの解決には他者の存在が不可欠で、私たちはそんな一員になれたらいいなと思っています。

いつも「勉強なんていやだぁ〜」と逃げ回っていた男の子が、ある日突然教室に入るなり黙って宿題を始めました。「やっと勉強する気になったか」「成長したなぁ」と最初は思っていたのですが、鬼気迫る表情で黙々と勉強する姿に違和感を持ったので、ペンを置かせて「どうしたの?」と声をかけました。すると、眼に涙をいっぱい貯めて「ちゃんと勉強しないと、他の塾へ行かさせる!とお母さんに怒られた」と言うではありませんか……。親にしてみれば、いつまでたっても勉強と向き合わず、安くない月謝を払い続けることにシビレを切らせ、少し脅かすつもりで言ったのかもしれません。でも、子どもは言葉通りに受け止めて大きなショックを受けてしまったようです(私もショックでした……)。
この事件?をきっかけに、この男の子とじっくり話し合いをしました。「本当は勉強ができるようになりたい」「でも、できない自分を見せるのは恥ずかしい」「同級生にバカにされたことが悔しかった」「このまま勉強できないと、どんな大人になってしまうのか不安」などなど、一つひとつ丁寧に聞き取り、一緒に解決策を考えました。

子どもたちは、いろいろな壁にぶつかり、行きつ戻りつ成長します。そんな不器用でジグザグな道のりに、お節介でも寄り添うオトナがいてもいいのかなと思っています。そこから私たちが学ぶことも多くありますし、遠回りに見えて、実は近道だったこともあります。そんな「寄り道」を、私たちは子どもたちと一緒に楽しみたいと思います。

(参考)「学校における子供の心のケアーサインを見逃さないためにー(文科省2014年3月)
http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/1347830.htm
Posted by 中塚史行 at 15:37 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)