CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年04月 | Main | 2008年06月 »
<< 2008年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
津村貞義
2008年12月のイベント告知 (12/29)
最新トラックバック
ツヴィリンゲの紙[2008年05月25日(Sun)]
観光福祉フレンドシップ協会 寺園理事のご家族による個展「ツヴィリンゲの紙」にお邪魔しました。

ひとつひとつの作品に個性が感じられて、どれをとっても素敵な作品でした。
また、たくさん質問にも丁寧に答えていただいた直子さん。ありがとうございました。

近い将来、観光福祉フレンドシップ協会のメンバーで作品を拝見する機会があればと良いなと思い帰ってきました。

これからも応援しています
border="0">
素敵なロゴの完成です[2008年05月16日(Fri)]
みなさま

お待たせしましたキラキラ

観光福祉フレンドシップ協会のロゴが遂に完成しました拍手



フリーのデザイナーとして活躍するMariさんのご好意により、素敵なロゴを作成頂きました。

手と手を取り合うモチーフが緑のバックに映えていますね。

観光福祉フレンドシップ協会のスピリットが抜群に表現されていて、運営スタッフ一同感激しています。

Mariさん。本当にありがとうございましたびっくりびっくり



今後は、このロゴをいろんな場でどんどん活用していきたいと思っています。

ロゴ完成に併せて、内容も新たにHP<→www.npo-kffa.org>を全面リニューアルしました。
是非お立ち寄り下さい。


木島英登著「空飛ぶ車イス」[2008年05月12日(Mon)]
車イス世界旅行記です。

人々の障害者に対する接し方についての日米比較に共感しました。

“アメリカでは「障害者」ではなく、まず「個人」として私を見てくれた。日本では私の「人間性」よりもまず「障害者」というのが大事になっている。アメリカは、障害は一つの個性なんだと教えてくれた。”

更に、日米の旅を5段階評価では・・・
“人の優しさ(心のバリアフリー度):アメリカ4に対して日本1
バリアフリー(設備のバリアフリー度):アメリカ5に対して日本4”
と記されていいます。

設備面でのバリアフリーの差は1ポイントなのに対して、心のバリアフリーの差は3ポイントも日本が低く評価されている点から見ても、アメリカに比べて日本は、障害者に個人として接することができる人が少ないことを表しています。

運営スタッフ一同、同感です。アメリカへ旅行すると、障害者も社会の一部に自然に溶け込むことを体感します。

観光福祉フレンドシップ協会は、健常者であれ障害者であれ、ひとりひとりの個性を尊重しあう間柄のコミュニティですが、この輪がどんどん広がっていくことで心のバリアフリーが少しでも日本の社会で促進されていくことを望んでいます。

一人一人の心が変わっていくことでしか解決されないために、時にはもどかしさを感じる事もある問題ですが、着実に輪が広がっていることを身近に感じることができる場にいることに感謝して、今日もがんばります!

Posted by KFFA at 14:25 | 書評 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
初めてのご希望に感動![2008年05月10日(Sat)]
とってもうれしいことがありましたので、報告したいと思います。

4月のお花見イベントに対するご意見を賜りに、GW中ご参加頂いた方々を訪問しました。

障害者施設の仲間に誘われて参加を始めてちょうど1年になるMさん。

これまでは積極的に自分の意見は、なかなか口にしなかったMさんですが、今日の訪問で「来年は、夜桜を観たい!施設に一言伝えておけば、夜遅く帰ってきても大丈夫だから、見に行きたいな。」とご自身の意見を運営スタッフに話してくれました。

自分の意見を自由に表現しあえる仲間の関係を何より大切にしたいと考えている私たちにとって、こんなにうれしいことはありません。

来年は、夜桜を考えましょうね!

プロフィール

観光福祉フレンドシップ協会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/npo-kffa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npo-kffa/index2_0.xml