CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«自立のための道具の会 | Main | ピープルズコミュニティ»
NPO法人 地域の未来・志援センター
http://c-mirai.org/
tsunagaruさんの画像
最新記事
活動カテゴリー
タグ
検索
検索語句
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/npo-interview/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npo-interview/index2_0.xml

はっくるべりーじゃむ

〜自分の子供に引き継がせたい農業へ〜

田んぼの学校_田植え.JPG

 農業生産額日本一の市、田原市において農業で地域を面白くする取り組みを! 農業というと思いつくのは、まず農作物の生産ですが、それだけではない農業の多様な価値を学ぶことができるプログラムがNPO法人はっくるべりーじゃむにはありました。

  • どんな団体NPO法人・事業型
  • 会員数約20名
  • 活動エリア愛知県田原市
  • 活動拠点愛知県田原市
  • 年間予算約200万円
[2015年12月09日(Wed)]

渥美半島の自然の中で

◆渥美どろんこ村

 名古屋から渥美半島は伊良湖岬を目指して車で走ること2時間弱。渥美湾、半島特有の低い山々、そして田畑といったのどかな風景の中にNPO法人はっくるべりーじゃむの応接室となっている「渥美どろんこ村」はありました。

 はっくるべりーじゃむは、この豊かな自然環境の中で、地域の田んぼや畑、いきものたちを資源とし、普段農業に関わることのない、地域内外の子供や大人に農業を主体とする自然体験を提供するNPO法人です。

地域の自然の通訳者

◆田んぼの学校「田んぼで生き物探し」

 はっくるべりーじゃむは「田んぼの学校」や「暮らしの学校」など、地域の自然資源を活用した自然体験プログラム(はっくるべりーじゃむでは「百姓体験」と呼んでいます)を多数持っていますが、フィールドを持っているわけではありません。それらを直接提供するのではなく、地域で自然資源を活用した取り組みを行っている農家さんなどと連携し、彼らのフィールドや知恵をプログラム化し、地域外の人とつなげるコーディネーターの役割を担っておられます。

 昔ながらの家畜とともに営む農業や、環境保全型農業の取り組みなどは、環境や自然の循環を体験しながらに学ぶことのできる魅力的な営みですが、それを初めて農業に触れる人にわかりやすく伝えるには、知識の補助や一定のプログラム化などが必要になります。

 はっくるべりーじゃむでは、ここに力を入れ、地域の魅力的な取り組みを外部の人たちに発信していくことで、地域の環境保全やまちづくり、次代を担う人材の育成に取り組まれています。

農業で地域を面白く!

 田原市といえば言わずと知れた農業地帯(市町村別での農業生産額は全国第一位!)。ただ、特定の産業が発展すればするほど、合理化や専門化が進み、専業従事者と一般の人との意識に開きが出てくるのは農業も他の産業と同じようです。そんな中、「農業で地域を面白くしたい!」との想いから1997年から農業体験事業を始められたのが、はっくるべりーじゃむの母体となった「渥美どろんこ村」でした。

 地元の農家さんが中心となり活動を行う渥美どろんこ村は、99年には子どもを対象とした農業合宿「ファームステイ事業」を開始。その他にも就農を希望する若者への農業研修などを現在も続けられています。

 こうした渥美どろんこ村の活動に参加していたメンバーが、活動をより広めていくことを目指して、地域内の農業をはじめとする自然体験を「百姓体験」としてプログラム化し、外部の人たちに対して呼びかけを行うNPO法人、はっくるべりーじゃむを2006年に立ち上げることとなりました。

外部に誇れる農業へ

 今回お話を伺った事務局長の河合さんは、大学進学で一旦は地域の外に出たUターン者です。地域に戻ってきて、地域の農家さんたちが自分の子供に将来は農家でなく、サラリーマンになって欲しいと言っているのを見て、農業のあり方に疑問を抱いたといいます。そんな中渥美どろんこ村と出会い、はっくるべりーじゃむでは設立時から事務局長として関わられています。

 「自分の子供にも農業をやってほしい」 農家さんがそう言えるような地域にしていきたい、との想いを語ってくださった河合さん。各種百姓体験プログラムの実施を通じて、地域の昔ながらの百姓仕事が持つ魅力や重要性、そして楽しさを外部に伝えていくことによって、農業に誇りを持てる地域へ向かう道を着実に進まれていました。

「はっくるべりーじゃむ」の主な活動

  1. 1.百姓体験活動の提供
    • ・田んぼの学校
    • ・暮らしの学校
    • ・ワークキャンプ
    • ・どろんこ村ファームツアー
  2. 2.里山田園保全活動
  3. 3.農業実習生の受け入れ
→団体HPへ

事務局長の河合さんより一言!

 農業体験のお手伝いにきてくれるボランティアの方には大学生など都会の若者が多く、彼ら彼女らと触れ合うことで私たちも刺激を与えられています。 農業に興味があるからとか、子どもが好きだからなどボランティアの動機は様々ですが、お互いにとって少しずつでも得るものが残るような活動を今後も続けていきたいと思っております。