CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«アースアズマザー(母なる地球) | Main | 自立のための道具の会»
NPO法人 地域の未来・志援センター
http://c-mirai.org/
tsunagaruさんの画像
最新記事
活動カテゴリー
タグ
検索
検索語句
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/npo-interview/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npo-interview/index2_0.xml

森のなりわい研究所

〜森を活かし、森に育まれる『くらし・地域づくり』を目指して〜

事務所.JPG

 森林に関する専門性を小中学校やNPO、行政、企業等に提供されている森のなりわい研究所。岐阜県下呂市の山深い集落に事務所を構えながらも、地域内外各所からその専門性を頼られる「田舎の森のシンクタンク」がそこにありました。

  • どんな団体NPO法人、事業型
  • 会員数12名
  • 活動エリア岐阜県全域
  • 活動拠点岐阜県下呂市萩原町山之口
  • 年間予算約400万円
[2015年09月11日(Fri)]

シンクタンク型NPO

 NPO法人森のなりわい研究所は、岐阜県下呂市萩原町に事務所を構え、主に小中学校や市民活動団体、地域活動団体、自治体が行う環境教育活動の企画運営支援や、野生動植物調査、地域計画に関わる環境アセスメント調査などを行われているNPO法人です。

 代表理事の伊藤さんが、それまで勤められていた岐阜大学を退職し、有志とともに団体を設立したのが2004年(2007年に合同会社、2013年にNPO法人に改組)。以来12年にわたって上記のような森林に関する活動を行っておられます。

専門家として頼られる存在に

小学校での講座の様子

 森のなりわい研究所の興味深い点は、その仕事の獲得方法。一般的なNPOであれば、活動を進めていく中で徐々に専門性を高めてゆき、市民の声を代弁できる存在になっていくというケースが多いですが、森のなりわい研究所では、元大学教官という伊藤さんの専門性とネットワークを活かし、各所で各種地域計画の審議会委員などを勤め、実績を増やしていくことで、他の自治体での講師依頼やNPOへのコンサルなどの要請に繋げています。

 現在も団体の運営は、コンサル企業や自治体からの受託業務と他のNPO等への講師派遣業務を主な収入源とし、補助金や助成金に過度に依存しない組織体質を築かれています。

人と森のつながり

植生調査の様子

 伊藤さんと萩原町との関わりは、伊藤さんが大学生の時に、萩原町内にある岐阜大学の応用生物科学部(旧:農学部)の演習林で、森林の調査研究を行っていたことから始まりました。その後同大の助手となり、1996年に演習林専任教官として現地に派遣され、以来20年近く同地に住まわれています。

 この地で森林の研究に関わるなかで、伊藤さんが感じてこられたのは、地域の森林資源が活用されなくなってしまったことが引き起こす二つの問題でした。

それは、@人との関わりを失った森林の生態系が危機的状況になっているということ、A経済の地域外部への依存が進み、地域住民自身が主体的に地域資源に関わっていこうとする自主性が失われてしまったこと(平たく言えば金にならんから山と関わろうとする意欲が失われてしまったという事でしょうか)。

 そうした問題意識の中、森のなりわい研究所では事業を通じて、木材ニーズ以外の需要(環境学習フィールド、レクリエーション、木工、エネルギー…)を開拓するとともに、かつての技術の再評価と発信を行うことで、森林と人との多様な関わり方を提案し、経済面も含めた「森に育まれる」くらし・地域づくりを進めています。

 「働く場を地域に作ってやろう」と考える人が地域内に増えるように、環境学習などを通じて地域の子どもたちをそそのかしている、といたずらっぽくおっしゃられる伊藤さん。中山間地域共通の課題に対する一つの解決策として、とても腹落ちするお言葉でした。

行政の便利づかい歓迎!

 お話の最後に、「依頼を絶やさないための秘訣」をお伺いすると、「行政からの便利づかいを厭わない事」とのお答えが帰ってきました。便利づかいされる中で声を掛け合える関係性が築かれ、その関係性が自分たちのやりたい事業に対する予算をひきつれてくることもあるのだといいます。

 「団体の支出のうち、最も多いものは交通費」との言葉通り、決して交通の便が良い活動拠点ではないのにも関わらず、軽やかなフットワークで岐阜県下を飛び回る森のなりわい研究所。目先の出費やコストと引き換えに、関係性という長期的な資産を獲得していくその姿勢は、是非とも真似たいものだと感じた今回の訪問記でした。

森のなりわい研究所の主な活動

  • 1.森林環境学習の企画・運営・支援
  • 2.CSRコンサルティング
  • 3.野生動植物の調査
  • 4.森林・緑地の多目的空間化・景観デザインの設計・提案・施工
  • 5.森林健康法に関わる環境設計およびプログラムの開発
  • 6.森林資源利用手法の開発支援
     など森林に関する総合コンサルティング
→団体HPへ

代表理事・伊藤さんからひと言

代表理事の伊藤さん(右)と副代表の野尻さん(左)

「森をダシにして、なんか面白いことやるぞ!そんでもってメシも食っていけるようになりたい!」的な動機からスタートした団体です。
 いろいろな視点を獲得するため、いろいろな活動に取り組むためにも、いろいろな人たちと出会いたいと思っています。「面白そう!」と思った方、是非お声がけを!!

【森・自然共生・環境学習の最新記事】