CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)さんの画像
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
ちばNPO情報館バナー_20150623.png
リンク集
https://blog.canpan.info/npo-club1/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npo-club1/index2_0.xml
ブルーシート展張講習会開催のお知らせ〜千葉南部災害支援センターより〜 [2020年10月20日(Tue)]
千葉県内では2019 年の台風 15 号・19 号より1年と1ヶ月が経過し、住宅被害が9万3千棟を超えました。しかし未だに雨漏りが続きブルーシートで補修された住宅で生活を余儀なくされている住民がいます。新型コロナウイルスの影響を含め社会的な関心が薄れていく中でも、まだまだ継続的な支援やボランティアが必要とされています。
 そこで千葉南部災害支援センター(運営団体:特定非営利活動法人ディープデモクラシー・センター、認定特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ、一般社団法人ピースボート災害支援センター、特定非営利活動法人ADRAJapan)では、全国的な災害支援の調整機関である全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)、昨秋から県内で支援活動を行ってきた特定非営利活動法人災害救援レスキューアシスト、一般社団法人プロボノ消防志と協力し、ブルーシート展張講習会を実施し、長期化する災害に対する担い手を育成します。なお活動資金はYahoo!基金および、Center for Disaster Philanthropy(米国)より助成金を受けて実施します。
1講習会写真.jpg


ブルーシート展張講習会
位置情報
講習期間
令和2年11月22日(日)〜12月17日(木) ※実施日は別紙参照
位置情報時間
午前の部 9:00〜12:00 (会場によっては9:15〜12:15)
午後の部13:30〜16:30 (会場によっては13:00〜16:00)
位置情報会場
11月22日(日)9:00〜12:00 きさらづみらいラボ(木更津市)定員20
11月24日(火)13:30〜16:30 千葉県消防学校(市原市)定員28
11月25日(水)13:30〜16:30 千葉県消防学校(市原市)定員28
11月27日(金)13:30〜16:30 県立東部図書館(旭市)定員20
12月 2日(水) 9:15〜12:15 西部防災センター(松戸市)定員24
12月 2日(水)13:00〜16:00 西部防災センター(松戸市)定員24
12月 4日(金)13:30〜16:30 印旛合同庁舎(佐倉市)定員50
12月 8日(火)13:30〜16:30 県立東部図書館(旭市)定員20
12月 9日(水) 9:15〜12:15 西部防災センター(松戸市)定員24
12月 9日(水)13:00〜16:00 西部防災センター(松戸市)定員24
12月14日(月) 9:15〜12:15 西部防災センター(松戸市)定員24
12月14日(月)13:00〜16:00 西部防災センター(松戸市)定員24
12月16日(水)13:30〜16:30 安房合同庁舎(館山市)定員30
12月17日(木)13:30〜16:30 君津合同庁舎(木更津市)定員50
※君津合同庁舎と印旛合同庁舎は修繕工事中のため、暖房の使用ができません。
また工事の関係で駐車台数が限られているため、公共交通機関のご利用をお願いいたします。
位置情報対象
消防職員、消防団員(高所作業に対応できる方)、建築業者等社員(高所作業に対応できる業種の方)、一般の方でブルーシート展張支援に携わる意思を有する方   合計390名
位置情報講師
災害救援レスキューアシスト、ピースボート災害支援センター、プロボノ消防志、他
位置情報参加費
無料
位置情報主催
千葉南部災害支援センター(運営団体・特定非営利活動法人ディープデモクラシー・センター/認定特定非営利動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ/一般社団法人ピ ースボート災害支援センター/特定非営利活動法人ADRA Japan)
位置情報後援
千葉県
位置情報協力
Yahoo!基金、Center for Disaster Philanthropy、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)、災害救援レスキューアシスト、プロボノ消防志
位置情報申込方法
下記の内容を記入の上、電子メールにて以下へお申し込み下さい。
1) 所 属(会社名・組織名)
2) 氏名(ふりがな)
3) 電話番号
4) 緊急連絡先  ※ご本人以外の電話番号
5) 第一参加希望日時・会場
6) 第二参加希望日時・会場
11月開催の講習会の申込期限 :11月16日(月)まで
12月開催の講習会の申込期限 :11月 25日(水)まで
※各日定員が設定されており、定員オーバーになった場合は、
日程調整を行いますので、希望日時について第一・第二までの記載をお願いいたします。
位置情報お申し込み・お問い合わせ
千葉南部災害支援センター
296−0233 千葉県鴨川市金束5番地 里山オフィス
電話 04−7094−5551 Fax 050−3737−9081 Eメールアドレス  info@scdrc.jp


※NPOクラブは、「千葉南部災害支援センター」の運営団体のひとつとして活動しています。
Posted by NPOクラブ at 16:23
台風15号被災地域の現状把握のためのアンケート調査中間報告 [2020年10月19日(Mon)]
昨年9月の台風被災から、1年あまり。
被害の大きかった館山市の中で、比較的高齢化率が低く
地域自治組織の活動が活発な「船形地区、那古地区」の住民の
皆さまへのアンケートを実施しました。
中間報告書表紙.png

コロナ禍の中、当初想定した「戸別訪問」は難しく、「体操教室」
や「交流サロン」のご参加の皆さまへのアンケートと
館山市ケアマネジャー連絡協議会の協力によるアンケートを実施
しています。より多くの皆さまの声を拾えればとアンケートは継続
していますが、現時点での「中間報告」を公開させていただきます。


概要です。
世帯人数が2人以下の世帯が76%と多くなっている。
高齢独居の割合が35%と高いこととあわせて、高齢な親と子ども二人暮らしと
いった回答も目立ち、10年後、20年後の地域状況が不安視される。
家屋の被害を受けた人が62名、67%と多くなっている。そのうち屋根の損壊が19名、
カビ被害が3名となっている。風向きによって雨漏りがするといった回答もあり、件数は少ないがカビ被害も課題となっていることがうかがえる。
損壊した家屋等について、修繕済みとの回答が72%、修繕予定が22%となっている。被災から1年近く経っても、2割を超える世帯が修繕できていない状況がうかがえる。また、修繕しないとの回答の理由には、資金の問題と業者の手配があげられている。

回答結果から今後に向けて
今回、館山市社会福祉協議会等の協力を得てアンケートを実施したエリアは、館山市においては、台風の被害が比較的小さく、高齢化率が低く、自助、共助の力が高いとされている。
アンケート回答内容からも、台風による家屋の損壊があっても、
現在の暮らしへの満足度は高く、家に住み続けたいという意向がうかがえる。
一方で、高齢化が進む中、10年後、20年後の暮らしへの不安もうかがえ、災害への対応力の弱さも感じ取れる。
支援情報の取得方法について、回覧板や行政の配布物をあげる人が多く、発災時、その後の支援情報の伝達方法について、想定しておくことが必要と思われる。
今後必要な支援として、情報提供と相談対応が大切と考える。平常時の相談対応と合わせ、被災後の生活についての相談対応を誰が担うのか、仕組みづくりが急がれる。
 全文はこちらでsoon  台風15号被災者アンケートまとめ.pdf





Posted by NPOクラブ at 17:00
台風15号被災から1年 [2020年10月19日(Mon)]
昨年9月9日、千葉県南房総地域は、台風の直撃を受けました。
千葉は温暖で、災害の少ない土地といった通念が行政にも、
民間にもありました。強風で、あちらこちらで鉄塔が倒れ、
電線が切れ、電話の基地局も不通になってしまったこともあり、
被災後、3日間ほど空白のがあり、対応が遅れた感がありました。

特徴的だったのは、屋根上の被害が多く、一部損壊の家屋の多さ。
1年を過ぎた今も、3割ほどの家屋が修繕ができずブルーシートで
被われた状態が続いています。

被災から1年。
継続した支援を目指して、昨年11月に立ち上げられた「千葉南部災害
支援センター」を会場に、9月9日に「情報共有会議」が開催されました。
参加者は、Zoomとリアル参加をあわせて、38名。県内外のNPO、県社協、
市町村社協、市町の行政担当者と多様な皆さんの参加が得られました。
 
被災地・被災者の現在の状況と必要な支援について、
そして次の災害への備え等、これまでの取組み、施策を
振り返りながら、今後の活動・事業について、意見交換しています。
「より多くの人の思いと力を復旧、復興につなげるために」は
これからも、多くの人との意見交換・情報共有を進めていきたいと
思います。

◆屋根の修繕が進まないのは⇒業者不足、経済力不足
 雨漏りによるカビの発生等、家の損壊が進み、健康被害も心配
◆次の災害に備えて必要なことは
 ⇒@人材育成  A支援拠点づくり B情報発信の工夫
◆災害ボラセンの運営等、災害対応の多くを社協が担うには、
社協もマンパワー不足。
⇒行政、地域組織、NPO等との連携で、より迅速な復旧・復興を。
119070689_3669298849780359_8296553119861500344_n.jpg

119066196_374067570256734_5870486624660229557_n.jpg
Posted by NPOクラブ at 16:13
【10/17追加開催】社会人ボランティア追加説明会をZoom開催します! 仕事の経験・スキルを活かしたボランティア活動、「プロボノ」にチャレンジする人を募集します。 [2020年10月13日(Tue)]
社会人ボランティアの力と想いを、
支援を必要とする団体につなぎ、
ひとつの成果という形に!


社会人ボランティア追加募集チラシ.png

自分らしい社会貢献のカタチ、始めてみませんか?

このたびのコロナ禍で、地域で活動する団体から、今後の活動方法や方向性に悩んでいる、活動縮小により運営状況が一層厳しいなど、今後を苦慮する声が多く聞かれます。地域で活動する団体は対面での活動の積み重ねが多く、「With コロナ」において新たな対応が求められる今、団体個別に柔軟に対応できる支援の手が求められています。

「ちばプロボノチャレンジ 2020」では、社会人ボランティアの外部からの視点やビジネススキルを活かした支援の手を、必要とする団体に届け、課題解決の方法を模索するプログラムです。
日々の活動支援ではなく、団体活動の基盤となる団体運営に関わる部分の支援を行うことで、成果を今後の活動につなげます。


ー「ちばプロボノチャレンジ2020」の特徴ー
@事務局がサポートに入るため、初めてでも参加しやすい!
A支援期間と支援内容が明確で、都合にあわせて参加しやすい!
B団体の基盤強化という要の部分に、自分のスキルや経験を活かして関われ、成果を感じやすい!
Cチームで支援を進めるなかで、異業種や他世代の人との交流ができ、視野や人間関係が広がる!


詳しくは、説明会でご案内しますので、検討中の方も ぜひご参加ください。


■プロボノ活動の担い手となる社会人ボランティアの募集


【募集期間】2020.8.17(月)〜10.9(金)
10.17(土)まで追加募集中!


【募集対象】社会人としての経験、知識を地域活動に役立てたい人(退職者も含む) 50 名程度
(IT・Web関係、広報、デザイン、マネジメント、マーケティング、総務、会計など専門的な知識・経験をお持ちの方はもちろん、一般的なビジネススキルをお持ちの方もご活躍いただけます)

【支援期間】11 月〜2 月のうち約 3 か月間の週 3〜4 時間程度を想定。

【応募方法】プロボノ参加希望者は、説明会にご参加ください。(Zoomの使用に不安のある方は、事務局までご相談ください。)

― プロボノワーカー説明会&前年度活動報告会 ―      
 
●対面説明会 2020.9.13(日) 13:30〜15:30 千葉市生涯学習センター 大研修室 
⇒終了しました

●オンライン説明会 2020.10.2(金) 19:00〜21:00 (Zoom を使用)
⇒終了しました
●オンライン追加説明会(前年度報告はありません) 2020.10.17(土) 13:30〜15:00 (Zoom を使用)
⇒ 申込受付中!


プロボノ登録希望者で、説明会にご参加になれない方は、事務局までご連絡ください。

参加費無料
※13:00〜13:30にZoomが初めての方の接続確認、サポートを行います。必要な方は申込フォームにお書き添えください。その他ご不明な点は、NPOクラブまで遠慮なくお問合せください。

次項有「社会人ボランティア募集説明会」の参加申し込みはこちらから
https://forms.gle/JnuX9EKBf1js6Emw9

ワーカー説明会申し込みQRコード.png


現在、プロボノによる支援希望の団体数に対し、プロボノを担う社会人ボランティアが足りません!ご応募おまちしています。

次項有事業概要チラシのダウンロードはこちら

ちばプロボノ2020ワーカー追加募集チラシカラー.pdf
2020社会人ボランティア追加募集チラシ裏面.pdf

次項有社会人ボランティア募集の詳細資料はこちら
ちばプロボノ2020ワーカー追加募集.pdf

関心のある方は、まずはお問合せください。
前年度の活動報告冊子もご参照のうえ、プロボノへの参加をぜひご検討ください。

●前年度活動報告冊子のダウンロードは下記より
ちばプロボノチャレンジ2019活動報告冊子1-4面.pdf
ちばプロボノチャレンジ2019活動報告冊子5-8面.pdf



【千葉県内のNPOなどへのコロナ禍による影響についての参考情報】
位置情報5月時点に千葉県内NPO等を対象に実施した新型コロナウイルス感染症対策に係るアンケート結果はこちら↓
https://blog.canpan.info/npo-club1/img/E7ACAC2E5BCBEEFBCAEEFBCB0EFBCAFE7AD89E694AFE68FB4E381AEE3819FE38281E381AEE7B78AE680A5E382A2E383B3E382B1E383BCE38388E381BEE381A8E38281.pdf

次項有お申込み・問合せ・事務局   
認定NPO法人 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ (NPOクラブ)
電話: 043-303-1688 
Email: npoclub3@gmail.com
URL: http://npoclub.com/ 


■主催 千葉県 (千葉県ボランティア参加促進事業)
*11/1のオリエンテーションまでのプログラムが千葉県主催です。
Posted by NPOクラブ at 11:02
【コロナ関連の支援情報】NPO法人なども対象の「千葉県中小企業再建支援金」の要件がゆるやかに [2020年10月10日(Sat)]
キャプチャ.JPG


◆「新型コロナ」の影響により、売上が大きく減少している事業者(NPO法人も
対象)に対し支援金が給付されます。(申請:令和3年1/31まで)

【支給額】
@賃貸している事業所がない場合20万円 
A1事業所を賃貸している場合30万円
B複数の事業所を賃貸している場合40万円

【対象要件】
事業規模が小さいNPO法人も対象になります。(申請は1法人1回のみ)

@令和2年1月から令和2年12月のうち、任意のひと月売上高が前年同月と比較
して50%以上減少していること

A令和2年6月から令和2年12月のうち、連続する任意の3ヶ月の売上高の合計が
前年と比較して30%以上減少していること


詳しくは「千葉県中小企業再建支援金 特設サイト」をご覧ください。
https://www.chiba-shienkin.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コロナ関連の助成金情報(10月締切分など)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「やりたい事業」に合う助成は? といったご相談は、NPOクラブへ。

●中央ろうきん助成「カナエルチカラ 2021」

新たな事業の立ち上げを応援。「生きるたのしみ」と「はたらく
よろこび」を大事に考えます。新型コロナを受けて、既存事業・活動に
新たな視点や切り口、要素や方法を加えたものも含む。
人件費・事務局経費も助成対象

50万円/件、総額1200万円 (最長で3年間継続助成)
https://chuo.rokin.com/about/csr/josei/youkou.html
※公募中、10/31(消印有効)

★公益財団法人日本財団

2021年度 助成金申請ガイド(通常募集)
対象となる事業
●withコロナ時代の社会を変える、支える
(コロナ危機を乗り越えるための社会のあり方を実践する取り組み)
https://www.nippon-foundation.or.jp/grant_application/programs/common
※公募中、締切10/30

●公益財団法人キリン福祉財団

令和3年度「キリン・地域のちから応援事業」公募助成のご案内
〜福祉向上で地域を元気にする活動を応援するプログラム〜
幅広いボランティア活動を実施する団体に対して助成します。災害の
復興応援および防災や公衆衛生(新型コロナウィルス感染拡大防止へ
の取り組み)に関しても広く募集します。なお、ボランティア活動の
実施に伴う衛生資材(マスク・フェースシールド・消毒液等)も、
助成対象の経費として計上できます。

https://www.kirinholdings.co.jp/foundation/subsidy/r3/index.html
※公募中、10/31締切

●公益財団法人JKA

「新型コロナウイルス感染症の拡大防止策に対する支援」に関する募集のお知らせ
https://hojo.keirin-autorace.or.jp/shinsei/shikata/koji/2020/pdf/hojohoushin.pdf
※公募中、締切無し、随時審査・決定
Posted by NPOクラブ at 17:10