CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)さんの画像
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
ちばNPO情報館バナー_20150623.png
リンク集
https://blog.canpan.info/npo-club1/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npo-club1/index2_0.xml
【新型コロナウィルス関連 NPO支援情報】 「持続化給付金の申請要領(速報版)」が公開されました/ 「新型コロナウイルス」対応・民間助成金情報(5月締切分)など [2020年04月29日(Wed)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 持続化給付金の申請要領(速報版)が公開されました。
2.「新型コロナウイルス」対応・民間助成金情報
3.新型コロナウイルスに関する情報を集めたウェブサイト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.持続化給付金の申請要領(速報版)が公開されました。

持続化給付金お知らせ
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf
中小法人等向け(申請要領)
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin_chusho.pdf

「持続化給付金」について、NPO法人など公益活動を行う
法人向けの申請要領のポイントをまとめました。
なお、申請要領にも必ず目を通してください。

【概要】
・給付には一定の要件(収入の減少額ほか)があります。
・申請はすべて電子申請となります。
・申請から約2週間で給付を受けることができる予定です。
・申請受付サイトは4/28現在開設されていません。
 補正予算が成立した翌日から開設されます。
・今回(4/27)公開されたのは「速報版」です。
 申請にあたっては、後日公開される「確定版」も確認してください。

【対象要件】
 2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、
 前年 同月比で事業収入が50%以上減少した月が存在すること。

*NPO法人等において「事業収入」に含まれるもの、除かれるもの
含まれる:国、自治体、企業などからの受託事業、自主事業等、事業活動による収入
除かれる:寄付金、補助金、助成金、金利等による収入

【申請期間について】 補正予算成立後から2021年1月15日まで
 今すぐ必要かこの先必要になりそうか、申請タイミングを見極めましょう。

【対象となる期間】 2020年1月から12月

【そのほか注意点など】
・一度給付を受けたら、2度目の申請は受け付けられません。
・給付金額は上限が200万円ですが、収入の減少幅によって
 給付される額は異なります。

=============================================
2.新型コロナ対応 支援活動向け民間助成金情報(全国対象)

●首都圏若者サポートネットワーク(全国対象)
若者おうえん基金助成(新型コロナ緊急助成)

https://wakamono-support.net/news/176/
※公募中、締切5/7

●東京スター銀行(全国対象)
『東京スター銀行 新型コロナウイルス対応NPO寄付プログラム』

https://www.tokyostarbank.co.jp/profile/about/csr/others/
※公募中、5/11締切

●NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ
「新型コロナウイルス対策緊急支援プロジェクト」第2弾
「むすびえ基金」
創設、募集要項のお知らせ
https://musubie.org/news/2136/
※公募中、5/5締切

=============================================
3.新型コロナウイルスに関する情報を集めたウェブサイト
市民活動団体のための新型コロナウィルス対応お役立ちサイト」
が立ち上がりました!

法人運営、支援情報、IT活用などについての情報を掲載しています。
https://stopcovid19-for-npo.jp/

※このサイトは、『「新型コロナウイルス」NPO支援組織社会連帯(CIS)』が運営しています。
CISは、この困難な状況において、全国のNPO支援センターが、それぞれの取り組みを持ち寄り、情報共有しながら、NPOを支援していくために立ち上げられたプラットフォームです。
NPOクラブも賛同団体として参加しています。
Posted by NPOクラブ at 12:22
NPO法人の年度末処理、総会開催…新型コロナウイルス感染拡大予防を視点にしましょう! [2020年04月21日(Tue)]
監事の監査の仕方、総会開催準備も
新型コロナウイルス感染拡大予防を視点にしましょう


監事の監査や社員総会(以下、総会)の開催の仕方について
ご案内します。

位置情報総会の開催の仕方について
(1)「みなし総会」について
NPO法第14条の9の定めにより、定款に定めがなくとも(本来は定めておく
ことが望ましい)、「みなし総会」が認められます。
  理事または、正会員が総会の目的である事項について提案した場合において、
  正会員全員が書面又は、電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、
  当該提案を可決する旨の総会の決議があったものとみなす。
 <進め方>
  @ 正会員に議案書と開催通知文を送付します。
 (通知文例)
  本来であれば通常総会を開催すべきところですが、昨今の新型コロナウイルス
   感染症拡大等の情勢を受け、(定款の規定により)正会員のみなさまから
   総会議案への同意をいただきたく、お願いします。
  A 正会員全員から書面(電磁的媒体を可としていればFAXや電子メールも可)で
  同意を得る。(正会員が多い場合は難しい)
  B 全員から同意を得たことを確認した後、議事録を作成する
(2)「みなし総会」(上記)の開催が難しい場合
 <進め方>
  @ 正会員に議案書と開催通知文を送付します。
 (通知文例)
  本年度の当法人の総会を以下の通り開催します。なお、昨今の新型コロナ
  ウイルス感染症拡大の情勢を受け、出席に不安を感じられている方もいらっ
  しゃるかと存じます。定款の規定により、書面表決(各議案の賛否を書面
  にてお知らせいただく方法)もしくは、表決委任(表決を他の代理人に任
  せる方法)が可能ですので、こちらをご利用ください。
  A 実出席は最小限としながらも、出席者と書面表決(電磁的表決が定款で
  定められている場合はそれも可)・委任表決をあわせて正会員総数の過半数
  以上として総会を開催する。この際、人と人の間隔を大きく取ったり、消毒用
  アルコールを用意したり、換気を十分におこなったり、といった対策を取りま
  しょう。議長と議事録署名人になるべき人(多くの場合は定款で2名以上とされて
  いるかと思います)3〜4名以上は実出席が必要です。
  B 終了後、議事録を作成する
 (3)インターネット等を利用した会議の活用
  実際に集まらずとも、IT、ネットワーク技術を利用することによって、実際上の
  会議と同等の環境が整備されるのであれば、社員総会を開催したものと認められ
  ます。
  (情報伝達の双方向性、即時性のある設備、環境が整っていることが必要です)
内閣府のQ&Aを参照ください。
https://www.npo-homepage.go.jp/news/coronavirus/coronavirus-qa

位置情報監事の監査について
直接、立ち合いを求めない形での実施も検討しましょう。
認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワークのホームページを参照ください。
https://npoatpro.org/topics/20200420.html
Posted by NPOクラブ at 11:56
「新型コロナウイルス」の影響に関わるNPO法人などの支援・助成金情報 [2020年04月17日(Fri)]
(1)NPO法人も「持続化給付金」の対象になりました!
  感染症拡大により、特に影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧と
  していただくため、事業全般に広く使える給付金を支給します。
  NPO法人、社会福祉法人など会社以外の法人も幅広く対象となります。
https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html

(2)【緊急助成】ゴールドマン・サックス 緊急子ども支援基金
  これまでに経済的に困難な環境にある子どもと家族に対するケアに取り組んでいる団体
 (学習支援、居場所、学童、子ども食堂など)で、コロナウイルス感染症の流行に対応して
  事業を継続、拡充しようとする団体(対象活動範囲は全国)を対象に、1件あたり上限200万円
  の助成をおこないます。
・支援対象:NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人、公益法人などの非営利組織 
・応募締め切り:2020年4月21(火)必着
https://www.info.public.or.jp/gs-kodomo/ 
   
(3)NPO 法人、一般社団法人、一般財団法人が受けられる
新型コロナウイルス対策のための資金調達について

 https://npoatpro.org/user/news/22/2vc4xyap-q3rt_afc8msis4ekas_u6bl.pdf
Posted by NPOクラブ at 14:37
【NPO法人の皆さまへ】新型コロナウィルス拡大予防に対応したNPO法人の総会開催について [2020年04月17日(Fri)]
NPO法人の総会開催準備は「まず、定款を確認しよう」

社員総会(以下、総会)の開催について、新型コロナウイルスや感染拡大防止の
ために、どういった形で開催できるか、開催しなければならないか悩んでいられる
のではないでしょうか。
 NPO法人は、毎年1回必ず総会を開催することが義務づけられているので、
開催を省略することはできません。しかし、総会の開催が難しい場合、次のような
手段が考えられます。団体の定款を確認してみましょう。

 (1)定款で「みなし総会」を認めている場合(下記の記載がある場合)
  理事または、正会員が総会の目的である事項について提案した場合において、
  正会員全員が書面又は、電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、
当該提案を可決する旨の総会の決議があったものとみなす。
 <進め方>
  @ 正会員に議案書と開催通知文を送付します。
 (通知文例)
  本来であれば通常総会を開催すべきところですが、昨今の新型コロナウイルス
感染症拡大等の情勢を受け、定款の規定により、正会員のみなさまから総会議案
への同意をいただきたく、お願いします。
  A 正会員全員から書面(電磁的媒体を可としていればFAXや電子メールも可)で
  同意を得る。(正会員が多い場合は難しい)
  B 全員から同意を得たことを確認した後、議事録を作成する

(2)定款で「みなし総会」を認めていない場合
  上記の手段が取れないので、何らかの形で総会を開く必要があります。 
 所轄庁に再確認しました。
NPO法第14条の9の定めにより、定款に定めがなくとも(本来は定めておく
ことが望ましい)、「みなし総会」を認めるとのことです。ただし、総会の
目的である事項(議案)すべてに社員全員の総意を得ることが必要です。
それが難しい場合には、下記の内容で、準備を進めましょう。

 <進め方>
  @ 正会員に議案書と開催通知文を送付します。
 (通知文例)
  本年度の当法人の総会を以下の通り開催します。なお、昨今の新型コロナ
  ウイルス感染症拡大の情勢を受け、出席に不安を感じられている方もいらっ
  しゃるかと存じます。定款の規定により、書面表決(各議案の賛否を書面
  にてお知らせいただく方法)もしくは、表決委任(表決を他の代理人に任
  せる方法)が可能ですので、こちらをご利用ください。
  A 実出席は最小限としながらも、出席者と書面表決(電磁的表決が定款で
  定められている場合はそれも可)・委任表決をあわせて正会員総数の過半数
  以上として総会を開催する。この際、人と人の間隔を大きく取ったり、消毒用
  アルコールを用意したり、換気を十分におこなったり、といった対策を取りま
  しょう。議長と議事録署名人になるべき人(多くの場合は定款で2名以上とされて
  いるかと思います)3〜4名以上は実出席が必要です。
  B 終了後、議事録を作成する

 (3)インターネット等を利用した会議の活用
  実際に集まらずとも、IT、ネットワーク技術を利用することによって、実際上の
  会議と同等の環境が整備されるのであれば、社員総会を開催したものと認められ
  ます。
  (情報伝達の双方向性、即時性のある設備、環境が整っていることが必要です)
   内閣府のQ&Aを参照ください。
https://www.npo-homepage.go.jp/news/coronavirus/coronavirus-qa
Posted by NPOクラブ at 12:34
新型コロナウイルスの影響によるNPO及び多様な市民活動の存続危機に対する要望書を提出しました! [2020年04月16日(Thu)]
4月15日(水)に千葉県知事あてに、4月16日(木)に千葉市長あてに
要望書を提出

93578919_820132738491763_8767896098053292032_n.jpg

93804659_562071008023304_1528663110724878336_n.jpg

地域の様々な課題解決を担うNPO(NPO法人及び多様な市民活動団体)の事業停止等により、さらに困難を抱える方が増えないためにも、早急な対応をいただきたく要望書を提出しました。

2020年2月中旬から続く新型コロナウイルス拡大防止のための自粛要請に伴い、NPOの事業継続にも影響が出ており、またその深刻性が増しています。地域にはNPOによる多様な支援が生活の支えとなっている方が多くおられます。今回の自粛要請に伴う事業停止や利用者の減少により組織維持や職員の雇用が困難になれば、NPO の支援を受けている人たちも支えを失い、困難を抱える人が急増する可能性があります。

私たちは引き続き、県内のNPO等の声を集め、県・市に声を届ける取り組みを進めてまいります。
今回の要望書は、公益財団法人ちばのWA地域づくり基金との共同で、
NPO法人まつどNPO協議会、NPO法人NPO支援センターちば、NPO法人NPO支援の税理士ネットワーク、NPO法人まちづくり千葉、NPO法人子ども劇場千葉県センターの賛同を得て提出しました。
要望書(千葉県)docx.pdf 要望書(千葉市)docx.pdf
Posted by NPOクラブ at 13:19
新型コロナウイルスの感染拡大への対応および支援に関する緊急アンケート(千葉県)結果報告 [2020年04月16日(Thu)]
「新型コロナウイルス感染拡大への対応及び支援に関する千葉県内NPO法人等緊急アンケート」の最終結果報告書を公開します。

このたびのアンケート実施につきまして、多くの県内NPOの方々にご協力をいただき、ありがとうございました。
アンケートの結果をもとに、千葉県や千葉市への「要望書」の提出や今後のNPO支援の取り組みに活用させていただきます。
 アンケートの実施には、千葉県県民生活・文化課や市町村担当課等にご協力をいただいています。

【調査概要】
回答数:284件
有効回答数:281件
対象:千葉県内NPO法人及び市民活動団体
対象期間:2020年2月〜3月中に受けた影響について
開始日:2020年4月3日
締め切り:2020年4月10日
実施方法:実施団体の登録・会員・支援先団体への周知
     所轄庁及び各自治体を通じての周知
     回答はウェブフォーム、E-mail、FAXのいずれかにて受付
実施団体:認定NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
     公益財団法人ちばのWA地域づくり基金

<アンケート回答概要>
・福祉(高齢者・障害)、子ども、環境、災害支援、動物保護等幅広い活動団体から回答。
・89.7%の団体が活動の中止や縮小等の影響を受けており、42%の団体が経営上の影響を受けている。
・2~3月に経営への影響があったとし、具体的な金額を回答した70団体における被害額は平均で1,659,843円、最大で20,000,000円である。
・対人支援、対面販売等事業を行う団体において、衛生面での対応やマスク等物資の不足に関する不安を抱える傾向が見られる。また、スタッフ自身が罹患した場合、また支援対象者が罹患した場合などに活動や支援が継続できなくなることを不安視する意見も挙げられた。
・「休校や自粛による孤立から虐待やネグレクトなど不幸な事件が起きること」「ひきこもり当事者や家族の相談の場や拠り所がなくなって、メンタル面で支障が出るかもしれない」「経済困窮者で自死が増えることがあれば、その後の家族のグリーフケアが必要となる」等、潜在的な社会課題への懸念が示された。
アンケート最終報告書千葉.pdf

新型コロナのNPOアンケート.PNG



 
Posted by NPOクラブ at 13:13
「新型コロナウイルス」影響と支援のアンケートと要望書について [2020年04月09日(Thu)]
「新型コロナウイルスにより受けた影響および必要な支援について」アンケートに
  ご協力いただいたNPOの皆さまへ


 ご協力いただきありがとうございました!

本日、全国でのアンケートの集計速報も添えて「NPO議員連盟」に、
取りまとめ役である岡山NPOセンター代表理事の石原さんから
「要望書」が提出されました。       
200409新型コロナウィルスの影響による-NPO及び多様な市民活動の支援に関する要望書.pdf

ご回答がまだの団体の皆さまへ
アンケートは4/10(金)まで受付けています。
https://forms.gle/MZSynowdHNVixxjLA

いただいた回答は集計のうえ、結果(法人名を除く)について当団体の
ウェブサイト上で公開すると共に
千葉県や千葉市に「要望書」の根拠として提出。
新型コロナウイルスに関する各種ご支援、NPO法人等への支援策や
手続き等の緩和策などへの政策提言へ活かして参ります。

官民連携でこの難局を乗り越えるために(^^)/
Posted by NPOクラブ at 16:40
| 次へ