CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)さんの画像
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
ちばNPO情報館バナー_20150623.png
リンク集
https://blog.canpan.info/npo-club1/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npo-club1/index2_0.xml
誰もが居場所と役割をもてる 「地域のたがやし方」 ―CSW(コミュニティソーシャルワーカー)勝部麗子さんの実践事例とプロボノプロジェクトの活動報告会―  [2020年01月20日(Mon)]
主体的に地域活動に関わる人を増やすためには、何が必要なのか? 地域住民の力を集めながら、諸機関が連携し、数々の先進的な取り組みに挑戦している大阪府 豊中市での実践事例から学びます。
千葉県高齢者福祉課では、 ビジネススキルを活かしたボランティア=「プロボノ」 により、高齢者を支える団体の運営を支援する事業を実施しています。様々な業種・分野の企業人がチームとなり、団体が抱える課題に対して解決策を提案しました。今年度のプロジェクトの成果と新しい地域貢献の形「プロボノ」の可能性を共有します。


2.29プロボノ活動報告会.JPG


位置情報日時  2020.2.29(土)
    13:30〜17:00 (13:15開場)

位置情報会場   千葉市民会館 3階 特別会議室2 

位置情報内容

第1部   講演会  (13:30〜15:35)
「ひとりぽっちをつくらない。全ての人に居場所と役割を!〜豊中市のCSWの実践から」

■ 講師  勝部 麗子さん (大阪府 豊中市社会福祉協議会)


第2部  パネルトーク(15:45〜17:00)
プロジェクト参加者による
「ちばプロボノチャレンジ2019」活動報告


位置情報定員  100名(申込み先着順)

位置情報参加費   無料

位置情報対象   ・高齢者支援、地域づくりなどを行うNPO法人、団体のメンバー
     ・自治体職員
     ・プロボノ、地域福祉に関心のある市民、企業の方
   
次項有申込み・問合せ
認定NPO法人 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)
     TEL 043-303-1688   FAX 043-303-1689
   Email  npo-club@par.odn.ne.jp  

       ※お名前、電話番号、メールアドレス、ご所属を添えて、お申込みください

◆お申込みフォームへはこちらから

QR_2020.2.29form.png


ひらめきチラシのダウンロードはこちら
↓↓↓
プロボノ活動報告会.pdf

Posted by NPOクラブ at 12:56
「ちばプロボノチャレンジ2019」プロボノチームが活動をスタートしています! [2019年12月05日(Thu)]
「ちばプロボノチャレンジ2019」
プロボノチームが活動をスタートしています!


10月27日にオリエンテーションを終えたのち、
プロボノワーカーさんたちは、各支援団体ごとのチームに分かれて、
支援内容に沿った成果物作成に向けての活動を始めました。
来年1月末までに成果物を納品する期間限定のプロジェクトです。

メールやSNSでチームごとに活発にやり取りや打ち合わせをするなかで、
下調べをしたり、質問事項を事前に出し合ったりしながら、
支援内容をより具体的にしていきます。
各チームとも10月末から12月初めにかけて、支援団体との顔合わせをし、ヒアリングを行いました。そののち、支援内容のすり合わせを支援団体と行いながら、進めています。

今年度の5つの支援団体と支援内容、各プロボノチームの様子を紹介します。

■一般社団法人セカンドライフファクトリー(柏市)
【活動内容】多様な能力、趣味を通じた市民ネットワークを構築、就労・ボランティア等の社会参加をすすめる活動を行っている
【支援内容】課題整理〜 現状の組織活動についての分析資料の提示と今後の組織運営の方向性への提案
【プロボノ活動の経過】事務局のヒアリングに始まり、関連各団体のヒアリングや事務局会議の傍聴など精力的に現場の声や情報を丁寧に拾い、5年分の決算書類の確認なども含め、様々な視点で現状把握をしながら、分析→提案へと進めています。

DSC_1378-2797f.JPG


■特定非営利活動法人 船橋ウォーキング・ソサイエティ(船橋市)
【活動内容】ウォーキングでの健康増進、維持を実践し、仲間づくりを行う。ウォーキング指導資格者の講師派遣も行い、会員の育成など、会への参加による「社会参加と生きがいづくり」もすすめている。
【支援内容】情報発信支援 〜 Web上の情報発信方法の改善策と維持管理のための提案と施策
【プロボノ活動の経過】Web上の発信方法を下調べ、検討したうえで、スタッフのヒアリングを行い、届けたい情報と対象などを整理しました。要望に合う形として、簡単なホームページの作成、ブログの更新方法を維持管理しやすい体制づくりを含めて、提案していきます。

船橋WSキックオフ.jpg


■特定非営利活動法人 千葉西地域包括多職種の会(千葉市)
【活動内容】生活援助・終活支援、未病改善支援・健康の維持増進の普及啓発、社会参加支援に関する事業を行うとともに、医療・介護等に携わる人々に対し、専門知識のスキルアップ及び多職種の連携推進に関する事業を行う
【支援内容】課題整理〜 活動目的に沿った運営のための課題整理と効果的かつ効率的な事業運営の提案
【プロボノ活動の経過】詳しく下調べを行った後、団体へのヒアリング、団体スタッフ各人に3年計画を提出してもらい、思いを受け止めたうえで、ワークショップを行って、団体の3年計画に落とし込みます。プロボノ活動の経験豊富なリーダーが緻密にスケジューリングしつつ、団体メンバーの理解を得ながら提案へとつなげていきます。

千葉西地域包括多職種の会キックオフ.jpg


■御成台三丁目自治会 支え合いの会 虹(千葉市)
【活動内容】自主的に集まった自治会会員、民生委員を中心に、見守り活動、生活支援(ごみ捨て、草取り、庭木の剪定など)を行うほか、自治会のサポート、体操、カフェ、イベントなどを行い、体力向上や地域での繋がり作りの機会を提供している。
【支援内容】情報発信〜住民に周知する団体紹介リーフレット案の作成と支援協力員増員のための提案
【プロボノ活動の経過】活動を支えるメンバーへのヒアリングのほか、集会所カフェにも参加し、声を拾いながら、支援内容のすり合わせを行っています。リーフレット作成だけでなく、簡単なホームページの作成、助成金の活用、ボランティア募集チラシの配布方法、イベントの実施方法の見直しなどを含めて、打開策を幅広く検討中。

DSC_1327.JPG


DSC_1331.JPG


■特定非営利活動法人サポートセンター花千(香取市)
【活動内容】香取市を中心に日常生活サポート・福祉有償運行のほか、交流の場の提供、イベント開催を行っている。
【支援内容】チラシ・リーフレットによる情報発信支援〜 会員・寄付獲得のためのチラシ作成と配布方法の提案
【プロボノ活動の経過】福祉有償運行のことなど福祉情報などを下調べのうえ、訪問。ヒアリングにより丁寧な現状把握を行ったうえ、効果的な広報ルートを知るため、現状会員の分析と地域のステークホルダーも交えたワークショップに取り組みます。並行してリーフレット作成準備をし、分析結果を反映した、広報手法も提案予定。

DSC_1363.JPG


DSC_1366.JPG


どのチームも、下調べの段階からとても熱心に取り組まれていて、熱意は支援団体にも伝わり、「こんなに丁寧に取り組んでもらえると思っていなかった。私たちも頑張らなきゃ!」と、おっしゃる団体もありました。それぞれ良いチームワークで進んでいます。
プロボノワーカーさんそれぞれの個性やスキルを活かした方法や進め方、またチームで行うことで起こる相乗効果など、同席した事務局スタッフたちも、よい刺激をいただいています。
今後の展開、まとめ方が楽しみです。
Posted by NPOクラブ at 18:48
「ちばプロボノチャレンジ2019」 プロボノワーカーのオリエンテーションを開催しました [2019年11月18日(Mon)]
「ちばプロボノチャレンジ2019」
2019年10月27日(日)10:00〜12:00、千葉市生涯学習センターでプロボノワーカーのオリエンテーションを開催しました。
DSC02095.JPG


プロボノに応募された方々の初顔合わせです。
5チーム14名の参加者が集まりました。(オリエンテーション欠席者2名)
初めて顔を合わせたと思えないほど、和気あいあいと会話されており、チームワークはばっちり。
2面写真.jpg


認定NPO法人 サービスグラント 嵯峨生馬さんを迎え、プロボノとは?非営利組織とは?そしてプロボノでの支援を行うにあたっての注意点などについてお話を伺いました。
なかでも非営利組織にとっての「成果」とは人の変化である、というピーター・F・ドラッガーの言葉を引用した話はもっとも重要なポイントでした。

その後は、チームでの活動の時間です。
事前に支援団体をお知らせしておいたのですが、みなさん下調べを念入りにされており、話題が尽きることがありませんでした。
DSC02106.JPG


お昼をはさんで、再度熱心に支援団体へのアプローチや進め方を議論するチームもありました。

こんな熱量の高いプロボノワーカーが地域を応援することにより、その地域がどのように変わっていくのか楽しみです。
今後もブログ等でお知らせしていきます。

ちばプロボノチャレンジ2019.jpg

Posted by NPOクラブ at 12:58
「ちばプロボノチャレンジ2019」プロボノワーカー説明会を開催しました [2019年09月25日(Wed)]
ちばプロボノチャレンジ2019」
プロボノワーカー説明会を開催しました


8月から支援団体の募集を終え、5団体の支援が決まり、いよいよ担い手となるプロボノワーカーのための募集説明会が開催されました。
第1回目が、2019年9月13日(金)18:30~20:30 船橋市勤労市民センター 第3会議室で行われ、お仕事帰りの社会人や退職後のシニアなど13名の参加がありました。

船橋説明会全体2(トリミング).jpg


参加者の自己紹介を行ったあと、認定NPO法人 サービスグラント 小林智穂子さんを迎え、プロボノとは?、プロボノ参加者についてや特徴、昨年事例について などについてお話を伺いました。そののち、今年度の事業説明や支援団体の紹介を行ったあと、プロボノに対する不安と期待を付箋に書いてもらい、グループにわかれて出し合いながら、話し合うワークを行いました。

船橋ワーク.JPG


2回目の説明会は、2019年9月23日(月・祝)13:30〜15:30 千葉市民会館 第5会議室で行い、当日参加者や東京からの参加者も含めて、11名の参加がありました。
グループワークで話が弾んだところもあり、和やかな雰囲気のなか行われました。

千葉説明会全体.jpg


千葉説明会ワークtoriminng.jpg


千葉説明会ワーク6.jpg


プロボノに初めて参加される方がほとんどなこともあり、グループワークや質問の時間のなかで
不安に思う部分をできるだけ出していただきました。

「団体の期待に応えられるだろうか」「自分のスキルで足りるのか」
といった期待度に対する不安、
「急に仕事が忙しくなったら」「成果物が間にあわなかったら」「他のメンバーと都合が合うだろうか」
といった作業時間に関する不安、
「何から始めればいいのだろう」「どの程度まで踏み込んでいいのか」
といった作業の進め方に対する不安、
「馬の合わないメンバーとうまくやっていけるだろうか」「支援団体の人たちは新参者の意見を聞いてくれるだろうか」
といった人間関係に関する不安など。

出していただいた不安について、次のようにまとめてみました。

●期待度に対する不安
スキルとして必要とされるのは、専門性の高いものだけではなく、一般的なビジネススキルで、十分です。相手の話を聞きとる力、整理する力、整理したものを文書にまとめる力など、ご自身の得意なところ、できるところを担って、分担し、作業を進めていただければと思います。
また、マッチングが完了した時点で、支援団体と合意した支援内容の範囲を文書にして確認しますので、団体とやり取りをしていく流れで、「もっと」と求められたりといったことも防げます。(もちろん、お互いに合意して支援内容を広げる、深めることは可能です。)
プロボノワーカーさんが、もっと期待に応えたいと頑張りすぎてしまうことを含めて、事務局も支援団体との間に入って、サポートします。

●作業時間に関する不安
作業時間は、週3〜5時間を目安としています。昨年度のアンケートからも、ほとんどの方が週3〜5時間以内におさまっていたと回答しています。
また、チームメンバーの都合が合わないときも、会える人だけで会って進めるなど、スケジュール重視で進めましょう。マッチングの際にも、できるだけスムーズにいくよう、配慮します。
急な用で忙しくなることは、だれにでも起こりうること。忙しくて、すぐに対応できないときは、「今はこういう状況で、〇日まで大変なので、そのあと頑張ります。急ぎのこの作業は、どなたか代わっていただけませんか。代わりに○○は私がします。」と伝えるなど、連絡をマメにとり、自分の状況をありのままに伝えて、無理のない形で進めていただければと思います。お互いに、様子がわからないことからくるストレスを減らせます。臨機応変に、お互い様の気持ちで、チームで乗り切りってもらいたいなと思います。

●作業の進め方に対する不安
10月27日(日)のプロボノワーカーのオリエンテーションで、作業の進め方や注意点、団体の支援内容の詳細や関連情報など詳しくお伝えします。また、作業の進め方のガイドもありますので、参考にしながら、進めていただけたらと思います。
グループメールに事務局も加わりますので、サポートさせていただきます。

●人間関係に関する不安
気の合わない人と一緒になったら、と心配なこともあるでしょう。ですが、プロボノワーカーさんは、団体を支援することで地域がよくなればという思いを持って集まられた方ばかりです。その目的でつながることを意識しましょう。目的をやり遂げたいという気持ちを見失わなければ、人間関係のもろもろは、さほど気にならなくなるもの。

また、支援団体は、応募時に次の3点について、確認をしてもらっています。
「プロジェクトが円滑に進められるよう、組織的な受け入れ体制を作ること」
「必要時にはプロボノワーカーの対応をしてもらうこと」
「メールや電話などで、コミュニケーションが滞りなく行えること」
支援団体では、外部の方の視点が入り、新しい提案を望むからこそ、応募されています。
成果物や提案が、受け入れてもらえるものであるためには、団体にとって実用的、有用なものであることが大切です。そのためには、支援団体の活動の背景や思いなど理解を深めたうえで、成果物を利用するのは団体側だということを意識しつつ、作成することなど、注意点はオリエンテーション時にもお話します。
チームで困ったことがあったときは、どうぞ事務局にご相談ください。

****************************************

不安だけではなく、プロボノに期待するものを、たくさん挙げていただきました。

「社外での活動、交流」「支援団体のシニアとの交流」
「人脈づくり」など新しい人との出会いへの期待

「他のプロボノワーカーからの学び」
「PDCAを回しきる力を身につけること」
「自分にはない新たなスキルを教えてもらうこと」など自分自身の成長への期待

「団体の新しい風になる!」
「団体の弱い部分を支援することで、活動がさらに広がること」
「社会課題解決の現場を知れること」
「地域の様子を肌感覚で知れること」
といった地域の団体と関わることへの期待感

「プロジェクトにゼロから関われること」
「達成感」
といったこれから始まる新しい体験へのワクワクや意気込みを伝えてくださった方も。

千葉ではまだあまり浸透していないプロボノ。
馴染みがないからこそ、初めての経験に不安はつきもの。
プロボノワーカーの方々は、責任感の強さから、役目を果たせないことへの不安を感じておられるようでした。
少しでも不安を小さくして、臨んでいただきたいと、説明が長くなり失礼いたしました。
長文をお読みいただき、ありがとうございます。

これからプロボノがもっと広がり、市民が気負わず参加できる社会となれば、市民のスキルが貴重な地域資源として活かされ、もっと豊かな暮らしになるのではと思います。

プロボノワーカーの登録は9月30日までです。
2回の説明会は終わりましたが、関心のある方には、
9月28日(土)17:30より 
千葉市民活動支援センター(千葉中央ツインビル2号館9階)
 会議室
 で、
事業説明を行います。

18:00〜20:00 の市民活動交流サロンでは、
「プロボノって何?」
をテーマにお話し、理解を深めます。
(19:30からは交流会の時間となっています。)
そちらもあわせてご参加いただけたらと思います。
参加費無料ですが、参加希望の方は、事前におしらせいただけると幸いです。
迷っておられる方は、説明をお聞きになられるだけでも。
お待ちしています。

市民活動交流サロンのチラシは、こちら
↓↓↓
http://www.chiba-npo.net/wp-content/uploads/2019/09/2019市民活動交流サロン%EF%BC%88第%EF%BC%91回%EF%BC%89.jpg

※17:30〜17:50 の事業説明のみ、NPOクラブ主催となります。

<連絡先> NPOクラブ TEL 043-303-1688  Email: npo-club@par.odn.ne.jp
Posted by NPOクラブ at 15:43
【8/31支援団体の募集締切です!】ちばプロボノチャレンジ2019 プロボノの支援で活動を充実させたい団体を募集!(高齢者支援の地域福祉団体)エントリーしたい団体はまず一報をください。エントリーシート作成はお手伝いします。 [2019年08月29日(Thu)]
【8/31支援団体の募集締切です!】
ちばプロボノチャレンジ2019 プロボノの支援で活動を充実させたい団体を募集!
(高齢者支援の地域福祉団体)


エントリーしたい団体はまず一報をください。エントリーシート作成はお手伝いします。

プロボノによる支援で活動を充実させたい団体を募集!
(高齢者支援の地域福祉団体限定)



プロボノとは・・・
   仕事で培った経験や知識を活かして行うボランティア活動です。

「ちばプロボノチャレンジ2019」
今後、急速に進む千葉の高齢化に備えて、高齢者を支える地域団体やボランティア団体にはさらに力を発揮してもらいたい。高齢者支援を行う団体の困りごと解決を、企業人・専門家など社会人のボランティアチームが支援します。高齢者を支える地域の団体と社会貢献を考え始めた人との出会いを応援する「ちばプロボノチャレンジ2019」。プロボノとの出会いで、団体の活動をステップアップしませんか。

probono_dantaibosyu_tirasi_omote.JPG


支援メニュー:日々の業務でなかなか手が回らない、組織運営上の課題解決を支援します!

運営を改善・強化!
●運営の手順書作成
●業務の「見える化」
●会計業務改善提案
●会則・規約の整備

参加の輪を広げる!
●効果的なチラシの作成
●ホームページ・SNSの立ち上げ

資金調達を強化!

●営業資料の見直し
●寄付受付の仕組み改善
●クラウドファンディング

活動の刷新や見直し!
●アンケートの分析・活用
●ニーズ調査
●課題整理

参加の流れ
3〜5名のプロボノワーカーが団体ごとにチームを組んで、課題解決に向けた具体的な成果物を10月下旬より2〜3か月かけて完成させ、団体に納めます。
その後、振り返りワークショップや成果発表会などへ参加していただくことで、成果や意義などを検討、確認します。日程など詳しくは、下記資料をご覧ください。

支援団体募集の詳細資料はこちら
↓↓↓
ちばプロボノチャレンジ2019公募要領団体募集用.pdf

●プロボノワーカー募集も含めた事業概要はこちら
↓↓↓
ちばプロボノチャレンジ2019概要.pdちばプロボノチャレンジ2019概要.pdちばプロボノチャレンジ2019概要.pdf

【募集要項】
■募集期間:8月1日〜8月31日まで  
     
■募集対象:千葉県内を拠点とする高齢者の生活支援、介護予防や社会参加の促進を行う地域福祉団体、ボランティア団体 5〜10組程度

■申込み方法

詳細資料の「費用について」などの諸注意をご確認いただき、参加に関して団体の合意を得たうえで、お申込みください。
応募団体エントリーシートを、下記よりダウンロードのうえ、下記のNPOクラブのEメール、FAX宛でお送りください。
↓↓↓
dantai_entry_sheet.doc
 

次項有問い合わせ・申込み
認定NPO法人 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
(NPOクラブ)

電話 043-303-1688  FAX 043-303-1689 
Email npo-club@par.odn.ne.jp
URL  http://npoclub.com/
所在地 千葉県千葉市美浜区真砂5丁目21-12


※団体名、電話番号、メールアドレス(FAX番号)、窓口担当者名 をご連絡いただきましたら、折り返し、詳細とエントリーシートをお送りすることもできます。

■主催 千葉県高齢者福祉課 委託事業「我がまちシニア応援プロジェクト」

団体募集チラシダウンロードはこちら
↓↓↓
Probono_dantaibosyuu_omote4.pdf
Probono_dantaibosyu_ura .pdf

Posted by NPOクラブ at 03:32
| 次へ