CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)さんの画像
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
ちばNPO情報館バナー_20150623.png
リンク集
https://blog.canpan.info/npo-club1/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npo-club1/index2_0.xml
台風15号被災地域の現状把握のためのアンケート調査中間報告 [2020年10月19日(Mon)]
昨年9月の台風被災から、1年あまり。
被害の大きかった館山市の中で、比較的高齢化率が低く
地域自治組織の活動が活発な「船形地区、那古地区」の住民の
皆さまへのアンケートを実施しました。
中間報告書表紙.png

コロナ禍の中、当初想定した「戸別訪問」は難しく、「体操教室」
や「交流サロン」のご参加の皆さまへのアンケートと
館山市ケアマネジャー連絡協議会の協力によるアンケートを実施
しています。より多くの皆さまの声を拾えればとアンケートは継続
していますが、現時点での「中間報告」を公開させていただきます。


概要です。
世帯人数が2人以下の世帯が76%と多くなっている。
高齢独居の割合が35%と高いこととあわせて、高齢な親と子ども二人暮らしと
いった回答も目立ち、10年後、20年後の地域状況が不安視される。
家屋の被害を受けた人が62名、67%と多くなっている。そのうち屋根の損壊が19名、
カビ被害が3名となっている。風向きによって雨漏りがするといった回答もあり、件数は少ないがカビ被害も課題となっていることがうかがえる。
損壊した家屋等について、修繕済みとの回答が72%、修繕予定が22%となっている。被災から1年近く経っても、2割を超える世帯が修繕できていない状況がうかがえる。また、修繕しないとの回答の理由には、資金の問題と業者の手配があげられている。

回答結果から今後に向けて
今回、館山市社会福祉協議会等の協力を得てアンケートを実施したエリアは、館山市においては、台風の被害が比較的小さく、高齢化率が低く、自助、共助の力が高いとされている。
アンケート回答内容からも、台風による家屋の損壊があっても、
現在の暮らしへの満足度は高く、家に住み続けたいという意向がうかがえる。
一方で、高齢化が進む中、10年後、20年後の暮らしへの不安もうかがえ、災害への対応力の弱さも感じ取れる。
支援情報の取得方法について、回覧板や行政の配布物をあげる人が多く、発災時、その後の支援情報の伝達方法について、想定しておくことが必要と思われる。
今後必要な支援として、情報提供と相談対応が大切と考える。平常時の相談対応と合わせ、被災後の生活についての相談対応を誰が担うのか、仕組みづくりが急がれる。
 全文はこちらでsoon  台風15号被災者アンケートまとめ.pdf





Posted by NPOクラブ at 17:00
この記事のURL
https://blog.canpan.info/npo-club1/archive/508
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント