CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)さんの画像
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
ちばNPO情報館バナー_20150623.png
リンク集
https://blog.canpan.info/npo-club1/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npo-club1/index2_0.xml
台風15号被災から1年 [2020年10月19日(Mon)]
昨年9月9日、千葉県南房総地域は、台風の直撃を受けました。
千葉は温暖で、災害の少ない土地といった通念が行政にも、
民間にもありました。強風で、あちらこちらで鉄塔が倒れ、
電線が切れ、電話の基地局も不通になってしまったこともあり、
被災後、3日間ほど空白のがあり、対応が遅れた感がありました。

特徴的だったのは、屋根上の被害が多く、一部損壊の家屋の多さ。
1年を過ぎた今も、3割ほどの家屋が修繕ができずブルーシートで
被われた状態が続いています。

被災から1年。
継続した支援を目指して、昨年11月に立ち上げられた「千葉南部災害
支援センター」を会場に、9月9日に「情報共有会議」が開催されました。
参加者は、Zoomとリアル参加をあわせて、38名。県内外のNPO、県社協、
市町村社協、市町の行政担当者と多様な皆さんの参加が得られました。
 
被災地・被災者の現在の状況と必要な支援について、
そして次の災害への備え等、これまでの取組み、施策を
振り返りながら、今後の活動・事業について、意見交換しています。
「より多くの人の思いと力を復旧、復興につなげるために」は
これからも、多くの人との意見交換・情報共有を進めていきたいと
思います。

◆屋根の修繕が進まないのは⇒業者不足、経済力不足
 雨漏りによるカビの発生等、家の損壊が進み、健康被害も心配
◆次の災害に備えて必要なことは
 ⇒@人材育成  A支援拠点づくり B情報発信の工夫
◆災害ボラセンの運営等、災害対応の多くを社協が担うには、
社協もマンパワー不足。
⇒行政、地域組織、NPO等との連携で、より迅速な復旧・復興を。
119070689_3669298849780359_8296553119861500344_n.jpg

119066196_374067570256734_5870486624660229557_n.jpg
タグ:被災地支援
Posted by NPOクラブ at 16:13
この記事のURL
https://blog.canpan.info/npo-club1/archive/507
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント