• もっと見る
プロフィール

ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)さんの画像
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
ちばNPO情報館バナー_20150623.png
リンク集
講座「オンリーワン商品の見せ方&売り方」開催しました [2010年01月28日(Thu)]
1月25日、講座「オンリーワン商品の見せ方&売り方−福祉施設商品の販売力向上講座」を開催しました。
NPO法人千葉県障害者就労事業振興センターとの共催で、福祉施設・作業所等の職員を中心に33名が参加。


講師は日本財団システム統括グループの山田泰久さん。
山田さんの講義から、メモ書きしてみました。
・福祉施設ならではの利点を生かした販売方法。
 小回りのきく出張販売や移動販売、地域の他施設と連携したセット販売。
 売ってもらう場所にふさわしい商品を提案することがポイント。
・地域の特産品を生かして、地域のニーズに応える商品開発。
 たとえば「パン屋が廃業して買えなくなった地域」の「パンが欲しい」ニーズ。
 「高齢者には大きくて食べきれない」から「小ぶりのパンが欲しい」ニーズなど。
・要望ではなく、提案すること。
 「お店で売ってください」→「この商品を置くと、お客さんが喜びます」。
 相手にとってのメリットをきちんと見せる・伝えることが大事。
・広報もワンパターンでなく、相手に合わせて。
 マスコミの署名記事や連載などから、記者の関心を知る
→それに合わせた切り口の文章を提示する
→担当者宛にピンポイント郵送!これなら紹介してもらえる。
・興味のある人、企業・行政・マスコミも、最初にインターネットで検索する時代。
 ホームページ、ブログをぜひ活用しよう。
 (日本財団のCANPANなら検索の上位に来る!)


後半は、千葉県内3施設の商品お悩みプレゼンテーションを聞き、
グループごとに、その施設のスタッフになったつもりで
「どう見せる?」「どう売る?」戦略を話し合いました。
顧客の立場に立って「商品を見つめなおす」ことの大切さを実感できたようです。
それぞれの施設に帰って、同じように利用者・スタッフで考えあうことができれば、
千葉の福祉施設商品も変わっていくと思います。
Posted by misuzu at 10:35
この記事のURL
https://blog.canpan.info/npo-club1/archive/115
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント