CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)さんの画像
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
カテゴリアーカイブ
最新記事
ちばNPO情報館バナー_20150623.png
リンク集
https://blog.canpan.info/npo-club1/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npo-club1/index2_0.xml
そごう千葉店にて 写真展開催 のご案内 「忘れない東日本大震災―あれから10年」 [2021年02月10日(Wed)]
忘れない東日本大震災―あれから10年

今年の3月11日で、東日本大震災から10年となります。
被災地・被災者のお役に立てることはないだろうか?
私たちに何ができるだろうか?
そんな思いで、福島県から千葉県に避難されている方々を支援する活動を、震災直後より千葉県内各地で活動する団体と協力しながら続けてきました。

写真展では、震災当時の様子を伝える写真パネルや、被災された方々が自ら撮った写真を撮影者のメッセージとともに展示します。
県内の支援団体の活動状況紹介パネルもあわせてご覧ください。

写真展に足を止めていただくことで、
福島県から千葉県内に避難されている2000人あまりの方々に、心を寄せていただき、理解がより広がり深まるきっかけとなれば、と祈ってやみません。

どうぞお立ち寄りください。

そごう写真展2021年.png

開催時期 : 2021年3月9日(火)〜3月15日(月)
開催時間 : 10:00〜20:00(最終日は16時まで)
         新型コロナ感染防止のため、変更になることがあります
         2月時点では20時が19時までとなっています。
開催場所 : そごう千葉店 地下フォトギャラリー
         (本館とジュンヌ館の連絡通路内)
展示内容 : 東日本大震災当時の被災地の写真
         フォトボイス被災当事者が撮った写真と声(メッセージ)
         千葉県内の支援団体活動状況紹介パネル

主   催 : 福島県県外避難者相談センターちば
協   力 : NPO法人フォトボイス・プロジェクト、千葉県内の支援団体
実施団体 : 認定特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ

次項有問合せ・連絡先 : 福島県県外避難者相談センターちば   
電 話 : 080-5418-7286 
住 所 : 千葉市花見川区検見川町3-159-2(おおなみこなみ内)

■チラシのダウンロードは下記より

チラシ写真展表202103.pdf

チラシ写真展裏202103.pdf

■NPOクラブのこれまでの福島県県外避難者の支援活動は、下記ブログより。
これまで発行してきた千葉県内避難者のための情報紙「縁joy~エンジョイ~」の内容紹介を中心にご覧になれます。


https://blog.canpan.info/nabe/
Posted by NPOクラブ at 12:48
【2/10オンライン開催】「Withコロナでの市民活動を考える」セミナーの参加者を募集中 [2021年01月05日(Tue)]
「新型コロナ」で活動の停止、縮小をせざるを得ない団体が多くなっています。
一方で、生活不安を抱える人が増えています。団体の活動の仕方について、
知恵を出し合い、次の一歩を見つけましょう。


WithCorona_no_chienowa.png

【日時】2021年2月10日(水) (Zoom開催)
【定員】40名(申込み〆切2/8、先着順)
【参加費】無料
【対象】NPO(NPO法人、任意団体、社団法人等)のメンバー
    行政職員、関心のある市民
 主催:千葉県(千葉県市民活動団体マネジメント事業)
 企画運営:NPOクラブ


<1部> 14:00〜15:00  コロナ禍での地域のニーズと活動について「事例報告」
@子ども食堂からその先へ… とうかつ草の根フードバンク/高橋 亮さん
A心と体が喜ぶウオーキング… NPO法人船橋ウォーキング・ソサイエティ/佐藤 ヒロ子さん
Bママになったその日から、一緒に子育て…(一社)マザーズコンフォート/大谷 明子さん
C無料学習教室の現場から… NPO法人ダイバーシティ工房/宮坂奏子さん
Dコロナ禍における自然体験活動…NPO法人千葉自然学校/富田 拓郎さん

<2部> 15:10〜16:30「事例報告」をもとにした意見交換−テーマごと@〜Dに分かれて
事例報告団体との質疑応答と意見交換、みんなで共有

■申込みは電話、メールまたはフォームで
https://forms.gle/ccifEiv4p7jRzLag9

※参加申込みいただいた方に、ZoomミーティングのURLをご案内します。

チラシのダウンロードは下記から(活動報告団体の活動内容の簡単な紹介もこちらからご覧ください!)
↓↓↓

tienowa-seminar-tirasi20210210.pdf

■企画運営・問い合わせ先
認定NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
(NPOクラブ)
電話 043-303-1688 FAX 043-303-1689 
Email npo-club@par.odn.ne.jp
Posted by NPOクラブ at 17:20
”多世代交流拠点 おおなみこなみ”で、「青空市」を開催しました! [2020年12月28日(Mon)]
2020年12月26日(土)、晴天に恵まれ、10時半の開店時の早い時間から、地域の方々がお買い物や遊びに来られました。

JFSAのリサイクル衣料の大バザールは、青空市の名のとおり青空のもと、行われました。
※NPO法人JFSA・・・パキスタンのスラムの子どもたちの学校を支援する活動を衣料などのリサイクルを通じて行っています。

屋内では、お子さんが喜ぶ輪投げや小物づくりのワークショップなどを用意しました。
真剣な眼差しで小物づくりに集中する姿、できた作品をスタッフに見せに来てくれる子たち。

老弱男女さまざまな方が足を運ばれ、久しぶりの再会を喜び近況を伝えあう声や、ワークショップで作った作品や輪投げに笑顔のお子さんたち、そんな生の表情にたくさん触れて、ボランティアさんやスタッフも自然と笑顔で過ごした半日でした。

マスク着用や、入り口での消毒をお願いし、「みんなでランチ」のカレーの提供も「おにぎりセット」の持ち帰りに変更。

制限のあるなかで、気をつけながらの開催となりましたが、おおなみこなみでのひと時に、ちょっとほっとしていただけたようでした。

厳しい状況だからこそ、地域にふらっと立ち寄れる場、おおなみこなみがあること、そして大変ななかでも工夫をしながら活動しつづけることが大事だと感じました。

DSC_0048.JPG


DSC_0037.JPG

DSC_0027.JPG

DSC_0036.JPG

DSC_0030.JPG



Posted by NPOクラブ at 18:56
「千葉南部災害支援センター」の活動に、千葉県知事より感謝状をいただきました [2020年12月21日(Mon)]
千葉南部災害支援センター 感謝状贈呈式に出席.jpg


千葉南部災害支援センター 千葉県知事と.jpg

昨年の9月、10月の千葉県内の台風、大雨から1年が経過するにあたり、災害応急対応や復旧・復興における活動で貢献した82団体に、千葉県知事から感謝状が贈呈されました。
その贈呈式に、82団体を代表して7団体が出席し、NPOクラブが運営団体のひとつとして関わっている「千葉南部災害支援センター」も出席させて頂きました。

被災された地域では、今もブルーシートで補修された屋根が残っているなど、復興にはまだ時間が必要で、今後も支援を続けていきますが、活動を支えてくださった多くの皆さまへの感謝の気持ちを新たにしながら、ご報告させていただきます。

これまでの活動は、下記Facebookページでご確認いただけます。
https://www.facebook.com/chibansss/

千葉県知事からの感謝状贈呈82団体を代表して7団体が出席.jpg


写真で贈呈を受けているのは、同じく運営団体のひとつ、NPO法人ディープデモクラシー・センターの加納さん
(NPOクラブも同席しましたが、カメラマンだったので、写っていません(^^ゞ)
Posted by NPOクラブ at 18:55
「ちばプロボノチャレンジ2020」10団体の支援が始まる! [2020年12月17日(Thu)]
応募のあった千葉県内の10団体を、プロボノで支援するプロジェクトが各チームごとに、いよいよ始動しています。

今年度は、10団体に対し28名のプロボノワーカーが支援にあたっています。

プロボノワーカーは、それぞれ担当の支援団体ごとに、チームになって、活動状況や困りごとを丁寧に聞き取り、団体の悩みに寄り添いながら支援を始めています。
社会経験を活かして、状況を整理、分析し、解決に向けた提案を熱心に進めている様子に、その熱量や力量、私たちにはない視点などに、事務局でも感心しながら、経過を見守っています。
支援団体側の皆さんも、最初は緊張の面持ちで始まったミーティングでも、ご自分たちの活動について熱心に聞き取ってくれる姿に、徐々に表情が変わり、活動を改めて見直したり、気づきを得るきっかけになる場合も多く、事務局としてはマッチングができてよかったなぁと、つくづく嬉しく思う瞬間です。

コロナ禍の今年、ヒアリングやミーティングはオンラインを基本として進めなければならず、もどかしい部分もありますが、オンラインの気軽さを活かして、オンラインミーティングの回数を各チームごとに重ねています。
徐々にプロボノチームメンバー、支援団体との関係性を築きながら、団体への理解を深めて、真摯に支援内容を深めていくプロボノワーカーの皆さんの活動には、支援団体だけでなく、事務局メンバーにとっても様々な気づきをもたらしてくれます。

11月から2月末にかけての4ヵ月(活動は実質は約3カ月間)を使って、チームで実現可能な支援内容に取り組みます。
今年度の10団体の支援内容は下記をご覧ください。
ちばプロボノ2020支援内容一覧.pdf

オンライン説明会_ちばプロボノ2020.png

<↑オンライン説明会の様子です>

らしんばん対面ミーティング2_201129.jpg


BeCOMプロボノチームキックオフ.png


キックオフ1.jpg

Posted by NPOクラブ at 13:48
【2/10 情報交換会 オンライン開催】「Withコロナ」での活動を考える 『ちえのわ』情報交換・課題共有し次のステップへ! [2020年12月11日(Fri)]
千葉県市民活動団体マネジメント事業
【2/10 情報交換会 オンライン開催】
「Withコロナ」での活動を考える 『ちえのわ』情報交換・課題共有し次のステップへ!


「新型コロナ」で活動の停止、縮小をせざるを得ない団体が多くなっています。一方で、生活不安を抱える人が増えています。団体の活動の仕方について、知恵を出し合い、
次の一歩を見つけましょう。


【日時】2021年2月10日(水)14:00〜16:30

<1部> 14:00〜15:00
コロナ禍での地域のニーズと活動について「事例報告」
〈事例報告団体〉
とうかつ草の根フードバンク、NPO法人船橋ウォーキング・ソサイエティ、一般社団法人マザーズコンフォート、NPO法人千葉自然学校ほか

<2部> 15:10〜16:30 「事例報告」をもとにした意見交換ーテーマごとに分かれて

・定員:60名(申込み先着順)
・受講料:無料
・主催:千葉県
受講者全体画面写真修正済み.jpg

次項有【お申込み、問合せ】お名前、ご所属、Email、電話番号、住所を添えてEメールでお申込みください。
※受付後に、ZoomのURLをメールでご案内します。

【申し込み先】
認定特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
  E-mail:npo-club@par.odn.ne.jp
TEL 043-303-1688 FAX 043-303-1689 
  〒261-0011千葉市美浜区真砂5-21-12




Posted by NPOクラブ at 11:38
【12/26開催】おおなみこなみ「青空市」を開催! [2020年12月11日(Fri)]
おおなみこなみ「青空市」を開催します!!

子どもも、おとなも、親子でも…
NPO法人JFSAのリサイクル衣料品の販売、回収
おにぎりセット(50円)の販売や「お菓子輪投げ」
ワークショップ…
マスクをしてきてね(^_-)-☆

※古着の回収希望の方は、チラシ裏面を確認、記入して古着と一緒にお持ちください。


◆「多世代交流拠点おおなみこなみ」は、NPOクラブが運営する地域の学びと遊びのホッとスペースです。

当日は、寄付キャンペーンを実施中exclamation×2
年の瀬に、寄付で誰かのことに心を寄せ、支援することでつながろう!というキャンペーンですexclamation

黒ハートリサイクル衣料の購入や提供は、パキスタンの貧困のために学校に通えない子どもたちへの支援につながります。

黒ハートおおなみこなみで販売している福祉作業所のお菓子やジャムなどを購入いただくことは、障がいのある方たちの自立支援につながります。

黒ハートまた、当日設置の募金箱への寄付は、おおなみこなみの運営継続の支援につながります。
おおなみこなみは、皆さんの地域の居場所として、地域の皆さんに育んでいただき、続けてこられた場です。
NPOクラブの自主事業として運営しているこの場を、これからも続けていけるよう、皆さんのあたたかいご協力を、ぜひお願いいたします。 



おおなみこなみ青空市.jpg


おおなみこなみ青空市古着受付.jpg


黒ハートNPOクラブは、「寄付月間2020」の賛同パートナーです黒ハート

寄付月間 -Giving December-
Posted by NPOクラブ at 11:16
| 次へ