• もっと見る
『住み慣れた地域で、自分らしく、暮らす』
住み慣れた地域で、当たり前に、自分らしく、幸せを感じながらみんなで暮らしていく」ために、わたくしたちバトンの活動を発信していきます♪
« 新聞掲載 | Main | フォーラム »
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
令和3年度第12回バトン勉強会と事例検討会[2022年02月28日(Mon)]
2月28日18時から令和3年度第12回バトン勉強と事例検討会を開催しました。講師は、兵庫県西宮社会福祉協議会副理事長で、2019年度第21回糸賀一雄記念賞を受賞された清水明彦さんです。清水さんは、長年に渡って重い障がいのある人達を主体とした地域生活支援に先駆的に取り組んでおり、重度障がい者の生活拠点を施設から地域へ広げようと「本人中心の計画」による支援や権利擁護支援、共生のまちづくりの活動に取組まれています。実践を踏まえた内容に、参加者の皆さんは感動と刺激を受けられたようです。
Posted by おおいた成年後見権利擁護支援センター at 14:59 | 勉強会と事例検討会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和3年度第11回バトン勉強会と事例検討会を開催しました。[2022年02月09日(Wed)]
2月9日(水)18時から令和3年度第11回バトン勉強会と事例検討会を開催しました。
講師は、徳田法律事務所代表 徳田靖之弁護士です。
全身のしびれや痛み、失明などをもたらした整腸剤「キノホルム」による薬害スモン訴訟や、血友病患者が使用する非加熱製剤にHIV(エイズウイルス)が混入しHIVに感染した被害者による薬害エイズやハンセン病患者隔離政策など、国を相手にした訴訟で個人の人権を回復させてこられ、徳田先生の優秀さは、衆目の認めるところです。そして、誠実な人柄、謙虚さは人としても尊敬されています。
今回は、「人としての尊厳を守るためには」と題して、薬害エイズの問題で、加熱製剤がアメリカで承認されたが、それにより日本の製薬(会社)が売れなくなるということで、自社の利益のために、国と製薬会社と医師の三位一体の構造により、血友病患者(特に子どもや青年)に被害が拡大したこと。また製薬会社の本質と現在のコロナワクチンをめぐる格差(日本では3回目の接種がすすんでいるが、発展途上国では、未接種者が多いなどの不条理など)や膨大な利益を得ているであろう製薬会社の倫理観。強者や多数派の利益のために弱者や少数派の尊厳が平気で無視されることなど、日本や世界の動きを通して人間の尊厳について学びました。
らい菌により感染した慢性感性病にもかかわらず、遺伝病と誤った認識のもとで、国策によりらい予防法が制定された。ハンセン病患者隔離政策で投獄されているような辛い生活状況(強制労働、断種、堕胎(優性政策)、無らい県運動(地域で排除・学校で差別・排除、結婚・就職への悪影響))や偏見など、差別の根源は国にあるが、社会で実際に差別をしたのは、隣人、教師、親戚等の地域住民であること。などをお聞きして、日本の中で人間として扱われていなかった状況に耳を覆いたくなるような憤りを感じました。特に、黒川温泉宿泊拒否事件でハンセン病患者さん宛の手紙を先生が読まれたとき、心無い言葉の羅列に、悲しくなりました。
私たちは、まだまだ知らないことがたくさんあります。真実を知る努力をこれからもしていきたい。そして、自分の中にも潜んでいるであろう、差別の目を摘んでいきたいとおもいます。
先生は、子宮頸がんワクチン問題や公共交通機関(JR)の無人駅化問題にも取組まれています。
今回の勉強会を通して、かかわりが少ないから興味がない、知らないから良いではなく、徳田先生が取り組まれている問題も含め、自分たちの問題としてとらえ、興味を持ち、知識を得て、できることを協働していきたいと思います。権利擁護支援事業を行う団体として、差別や偏見がなくなり、自分らしく、笑顔で温かな心で、おたがいさまと言って、助け合える地域になれるよう今後も取り組んでいきたいと考えます。
Posted by おおいた成年後見権利擁護支援センター at 14:02 | 勉強会と事例検討会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和3年度第10回バトン勉強会と事例検討会[2022年01月27日(Thu)]
1月27日18時から感染防止対策のもと、令和3年度第10回バトン勉強会と事例検討会を開催しました。『見守る人の消費者の知識が必要になる』と題して、消費者相談専門員の姫野るみさんからご教示いただきました。消費者問題に長年取り組まれた知識や経験、また最新の手口や対応方法について、詳しく教えて下さり、事例の紹介などもあり、大変学びの深い講義でした。県外からも参加者があり、「特に支援者としては、必ず必要な知識だと改めで感じ入りました。参加して良かった。わが市の消費生活センターの相談専門員と日頃から、連携を取っておくことも必要だと思いました。」等、アンケートに書かれていました。次回、第11回は、2月9日(水)18時〜『人としての尊厳を守るためには』と題して、弁護士 徳田康之さんから権利擁護についてお話していただきます。徳田弁護士のお話は何度聞いても感動します。今回も素晴らしい内容です。皆様のご参加お待ちしています。
Posted by おおいた成年後見権利擁護支援センター at 14:07 | 勉強会と事例検討会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和3年度第12回バトン勉強会と事例検討会[2022年01月09日(Sun)]
地域で、 自分らしく、 笑顔で、 みんなと一緒に暮らす、 本当の地域共生社会とは何か? 権利擁護とは何か? について一緒に考えていきませんか。
講師は、「重度の障がいがある人と地域で ともに暮らす」と題して、西宮社会福祉協議会 副理事長で、実践畑での長年の活動が認められ2019年第21回糸賀一雄記念賞を受賞された清水明彦さんです。
2月28日(月)18時〜19時30分まで、会場とZoomのハイブリット方式で開催します。
全国からどなたでも参加できます。ご応募お待ちします。
Posted by おおいた成年後見権利擁護支援センター at 15:18 | 勉強会と事例検討会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和3年度第11回バトン勉強会と事例検討会を開催します。[2022年01月09日(Sun)]
『人としての尊厳を守るためには』と題して、2月9日(水)18時〜19時30分、令和3年度第11回バトン勉強会と事例検討会を開催します。
講師は、ハンセン病問題や薬害エイズ訴訟など、国を相手にした訴訟で個人の人権を回復してこられた弁護士 徳田靖之さんです。
誠実な人柄、緻密な法的分析、リーダーシップは衆目が認める方です。 
思いやる心は、自分に出来る範囲の事、ささやかな事であっても、誰かの生きる支えになります。
地域で、みんなと一緒に、笑顔で暮らすために、権利擁護について一緒に考えていきませんか。
会場とZoomで開催します。
全国から、どなたでもご参加できます。
ひとりでも多くのみなさまの、ご参加お待ちします。
Posted by おおいた成年後見権利擁護支援センター at 15:16 | 勉強会と事例検討会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和3年度第10回バトン勉強会と事例検討会を開催します。[2022年01月09日(Sun)]
親族や隣近所の人からの相談をうけたり、仕事上でも、関わる者として『消費者問題』を深く知る事は、重要です。
令和3年度第10回バトン勉強会と事例検討会を1月27日(木)18時〜19時30分まで、会場とZoomのハイブリット方式で開催します。全国どなたでも参加できます。
講師は姫野るみさん(消費者相談専門員・全国消費生活相談員協会九州支部運営委員・大分家庭裁判所家事調停員)です。
ご参加お待ちしています。IMG_8389 (2).jpgIMG_8389 (2).jpgIMG_8389 (2).jpgIMG_8389 (2).jpg
Posted by おおいた成年後見権利擁護支援センター at 15:12 | 勉強会と事例検討会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第2弾3回目(令和3年度バトン勉強会と事例検討会)[2021年12月22日(Wed)]
12月22日18時から第2弾の3回目(バトン勉強会と事例検討会)を開催しました。
行政・包括・社協職員をはじめ、施設管理者・職員や保育士など他職種参加のもと、日頃の業務上での困りごとや気にかかること等の質問を受け、NPO法人共にに生きる代表 江藤裕子さんから回答やアドバイスをいただきました。
江藤さんは子育て経験や支援実績を多く積まれていて、適切で実践上で活用できる指導・アドバイス・情報提供をいただき、みなさんから満足のいく有意義な勉強会だったと評価いただきました。
他の子どもと同じ行動をしないからといって怒ってはダメ!
発達障がいは、脳の病気です。
怒ると二次障がいを招くだけです!
わかりやすく、根気強く何度も何度も説明をしていくことが重要!
たとえ発達障がいがあっても環境次第で、自活ができるようになり社会参加ができている人は沢山いる!
NASAの職員の90%は何らかの障害を抱えている人がいて、日常生活のサポートを受けながら、素晴らしい仕事を成し遂げている!
など、具体例をお聞きすると、少しでも発達障がいの疑いがあれば、より早く受診をした方が良い。
早ければ早いほど、治療や環境整備がなされやすく、より良い対応ができて、その人の人生が幸せへと繋がると思いました。
今年最後の勉強会にご参加くださいましたみなさまに感謝申し上げます。
今後も、勉強会を継続していきますので、1人でも多くの方のご参加お待ちしています。
人として学び続けることは、とても大切なことだと思います。
Posted by おおいた成年後見権利擁護支援センター at 16:07 | 勉強会と事例検討会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第2弾2日目(令和3年度バトン勉強会と事例検討会)[2021年12月16日(Thu)]
12月16日第2弾 勉強会と事例検討会『発達障がい者支援の実践事例をとおして考えよう』を共に生きる代表江藤裕子さんを講師に迎え開催しました。
参加者は行政職員や施設相談員、専門職、当事者家族等多岐にわたりましたが、2事例をとおして家族本意ではなく、ご本人がどうしたいのか、どうしてもらいたいのか、どう暮らしていきたいのかをコーチングで導き出し(それを何度も何度も実践し繰り返すことで)、ご本人自身が行動を起こし、発信していけるよう関わっていくことで、たとえ障がいがあったとしても、自身が特性を受入れ、自信を持ち、自己肯定感が高まり、自立を目指し、社会参加や自己実現を果たす可能性があることを学びました。
それには環境が重要で私たちも環境の1つとして、その人その人の特性(肌・音・光・臭覚等に過敏感、聴覚派・視覚派、距離感)を理解し温かく見守る度量とご本人だけではなく家族にも目を向けること(障害がないか?)が重要だと感じました。
次回江藤さんの講座は、最終日12月22日(水)18時〜19時30分です。
どなたでも参加できます。ご参加お待ちしています
Posted by おおいた成年後見権利擁護支援センター at 15:58 | 勉強会と事例検討会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
1日目(第2弾 令和3年度バトン勉強会と事例検討会)[2021年11月30日(Tue)]
11月30日18時からNPO法人共に生きる代表江藤裕子さんによる1日目(令和3年度勉強会と事例検討会第2弾3回シリーズ)を開催しました。 『発達障がい者の理解』の基礎編と題して、江藤さんの2人の発達障がいがある子どもさんの子育て経験や自らが主宰する発達障がい当事者とその家族への支援などをお話しくださいました。 絵本「学校がコワイ」の朗読からはじまり、発達障がい当事者が作成したチラシや特性を活かした働き方マニュアルなどを紹介してくださり、“自分の普通は、自分だけのもの” “ “社会が成長・熟成していくことが大切”であるなど深掘りした内容が盛りだくさんでした。 終了後 参加者からは、発達障がい⇒スーパーマンへ名称変更したほうがいいなどの意見もありました。当事者作成マトリックスも興味がわきます。 次回は、12月16日(木)応用編では、実践事例の紹介などで より深く学べると思います。ご参加お待ちしています。
Posted by おおいた成年後見権利擁護支援センター at 18:41 | 勉強会と事例検討会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和3年度第6回バトン勉強会と事例検討会を開催しました。[2021年11月01日(Mon)]
11月1日18時から6日目(バトン事例検討会と勉強会)を開催しました。日本福祉大学社会福祉学部教授田中千枝子先生の講義最終日は、『地域でチームで支援するということ』と題して、2事例を挙げ、エコマップとタイムラインを活用しながら、社会的孤立、介入拒否、複数課題と言われる状況、世帯の境界(バウンダリー)が固いなどの家族世帯に介入することの困難性やチームが形成される契機に何が必要かなどをわかりやすく解説してくださいました。
6回シリーズの田中千枝子先生の講座を通して、人にかかわる支援者として、学び続けることの必要性と権利擁護の価値観とミッションの共有の重要性をあらためて感じました。今後もバトン勉強会は続けていきたいと思います。みなさまのご参加をお待ちしています。第2弾の勉強会は、11月30日から3回シリーズで、発達障がい者についてがスタートします。ご応募お待ちしています。
Posted by おおいた成年後見権利擁護支援センター at 15:35 | 勉強会と事例検討会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

おおいた成年後見権利擁護支援センターさんの画像
https://blog.canpan.info/npo-baton/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npo-baton/index2_0.xml