CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ハマグリ稚貝調査速報 [2013年09月08日(Sun)]
週末になると大雨に悩まされた今夏、9月8日(日)に延期となっていた市民参加型ハマグリ稚貝調査をなんとか実施しました。

アンダンテ21メンバー、地元漁師、益田サーフィン協会(http://ameblo.jp/surf-union/entry-11609498687.html)や一般の方、総勢20名で午前中に津田海岸、午後にはハマグリの産地である中須海岸に足を運び、一生懸命、ハマグリの稚貝を探しました。

津田海岸では、7センチ以上のハマグリが見つからない課題を抱えています。1−2センチ程度の稚貝はたくさん見つかるのですが、その原因がどこにあるのかを調べています。ことしは、昨年まで多く見つかっている2008年生まれの貝(4センチ程度と予想)の量や順調に生育しているか大きさ確認に焦点を当てました。

午後からの中須海岸の調査では波が強く胸まで海に使って砂を取る作業が進まず、確認できたハマグリの数は少ない状況でした。(分析結果は後日報告します)

なお、今年の調査には、ハマグリの成長年齢を知るため、また中須海岸と津田海岸のハマグリの関連性を見るために九州大学名誉教授の小池裕子先生も参加していただきました。

blog001.jpg
津田海岸での調査・計測


blog002.jpg


blog003.jpg
高波の中須海岸での調査
Posted by アンダンテ21 at 00:00 | ハマグリのささやき | この記事のURL | コメント(0)
ハマグリ稚貝調査 参加者募集中!! [2013年08月06日(Tue)]
ハマグリ稚貝調査を行います。
日にち:8月25日(日曜日)
時間:8:00〜16:00
会場:津田海岸、中須海岸
定員:50人

詳しいことは、チラシにてご確認ください。
みなさんのご参加、お待ちしております。稚貝調査.jpg
Posted by アンダンテ21 at 18:43 | ハマグリのささやき | この記事のURL | コメント(0)
訃報 [2013年05月07日(Tue)]
「益田蛤の会」前代表の山本均さんが亡くなった。5月4日の朝、ハマグリ漁に出掛け、そのまま帰らぬ人へ。享年80歳。
昨年秋、地元小学生に磯見漁の説明後、「もう歳取って、海底のハマグリも見えんし、長い鉾を持ち上げられんようになった」と嘆いていたが、生涯現役を貫いた。

 NPO法人アンダンテ21のハマグリのささやきプロジェクトがあるのは、山本さんのおかげともいえる。漁師気質をあまり見せず、色々な人と言葉を交わすことが好きだった山本さんは、初心者にいつも丁寧にハマグリの生態や漁法を説明してくれた。ハマグリが減少した原因が川の環境悪化や2000年にハマグリが復活した喜び、実演を交え砂浜でのハマグリの動きや特徴について教えてくれた。また、アンダンテ21のつなぎ役として、私達の考え方を漁師仲間にうまく通訳してくれていたことが、活動初期のお互いにあったわだかまりを解消してくれた。

「高津川が日本一になり、ハマグリは戻ったけれど、家の側にある益田川はいまだに汚い。これを何とかせにゃいけん。」と話していた山本さん、アンダンテ21の課題として残していかれた。

20130507_訃報.jpg
(写真)ハマグリの説明後、小学生から感謝の言葉を受ける山本さん(平成24年7月、中須海岸にて)
Posted by アンダンテ21 at 15:06 | ハマグリのささやき | この記事のURL | コメント(0)
移動型ハマグリ貝アート展! [2013年01月11日(Fri)]
2013年初のブログです!

そして、今回載せている取り組みも晴れ晴れです!

それは・・・「移動型ミニハマグリ貝アート展exclamation
広報の一環として今年度分の受賞作品とハマグリに関するパネル一式を一般企業や公共施設へ貸出をする、という取り組みをはじめてみました。

第1回目の会場は益田市役所ロビーですぴかぴか(新しい)
1月10日から31日まで展示をしておりますexclamation×2

photo3.jpg
さぁ。。どうやってディスプレイしようかな。。

photo2.jpg
「このパネルはここの方がいいかな〜」理事長Tさん

photo4.jpg
作品へ札をつけている理事Kさん。「みんなが素通りせんこう見てくれたらええね〜〜」

この企画をとおして、「貝アートっちゅうのがあるんじゃね〜」とか「へぇ〜ハマグリってこうやって獲るんじゃね〜」「私もやって絵を描いてみたいわ〜」などなど一般の方の心へハマグリが入り込んで行けばいいなあ。
益田のハマグリは全国的に見てもほんとうに貴重だったりしますグッド(上向き矢印)
ブログの読者の方の中でうちでもミニ貝アート展したいな〜という方はぜひご連絡くださいませ!


photo (5).JPG
益田市役所ロビー入ってすぐです。
photo.jpg
裏もあるので、見逃さないでねあせあせ(飛び散る汗)
Posted by アンダンテ21 at 13:59 | ハマグリのささやき | この記事のURL | コメント(0)
第3回ハマグリ貝アート展A  [2012年12月07日(Fri)]
昨日、お伝えしました「ハマグリ貝アート展」。1年のうちの短い6日間ですが、その準備には多くの方のご協力をいただいていますハートたち(複数ハート)
感謝・感謝・感謝ですexclamation×2

今回はそんな「ハマグリ貝アート展」の前日をちらっとおみせします(๑≧౪≦)

前日とは言えども、グラントワの休館日と重なってしまい、前々日の夜に搬入+作品設置しました。どうも噂によると、この搬入+設置作業が毎回深夜まで及ぶ。。。という恐ろしい噂を聞いていた私はビクビクしていました。

いざ作業が始まってみると、ものすごい速さで壁にディスプレイ板が設置され、そしてハマグリ達が並べられていきます。
貝アート2-1.gif
貝アート2-2.gif
貝アート2-3.gif

作業終了してみると、余裕でうちに帰ってばんごはんを食べられる時間グッド(上向き矢印)

実は、今回のこの速さには2つ秘密があります。
一つは「ディスプレイ棚」。大庭建具さんにご協力をいただき、(;´Д`)スバラスィものを作っていただきましたぴかぴか(新しい)
二つ目はご協力いただいたみなさまの経験と情熱ですexclamation
ありがとうございました

さて、残りの今回の受賞作品をご紹介していきます。
貝アート3-1.gif
作品名:チョッキンチョッキン
貝アート3-2.gif
作品名:ハチ
貝アート3-3.gif
作品名:出港を待つ
貝アート3-4.gif
作品名:いのち
貝アート3-5.gif
作品名:赤瓦のまち

今年も数多くの素敵な作品が集まりました!ありがとうございました☆
Posted by アンダンテ21 at 13:11 | ハマグリのささやき | この記事のURL | コメント(0)
第3回ハマグリ貝アート展@ [2012年12月06日(Thu)]
2012年11月14から19日の6日間、開催していました『第3回ハマグリ貝アート展』が無事終了いたしました。

開催場所は、今までと同様多目的ホール。
貝アート1.gif
ただ、今回は「ますだしふれあい囲碁フェスタ」とコラボ。なぜ囲碁???という方も多いかと思いますが、実はむか〜しはハマグリの貝殻で碁石を作っていたようです(;゚Д゚)!
どうやら有名な碁石の産地だったようですひらめき

今回は総作品数188点ぴかぴか(新しい)一つ一つの作品も素敵ですが、壁に展示してあると、なにかモダンなオブジェのよう。。
貝アート2.gif
そして、6日間で800名近い方がご来場されました!県外からいらっしゃた方もちらほら。かわいい保育園生もお散歩の途中でよってくれたみたいです。
貝アート3.gif

今回で3回目のこのイベントですが、来場された方々に「益田の宝、ハマグリ」の新たな発見をしてもらったり、自慢できる益田ネタにしてもらえるようになってきたかな?

さてここで、今回の受賞者の作品を少しずつUPしていきたいと思います。
貝アート4.gif
タイトル:仲良し兄弟です


貝アート5.gif
タイトル:石見神楽

次回は、ハマグリ貝アート展舞台裏をUPしていきます〜手(パー)
Posted by アンダンテ21 at 11:22 | ハマグリのささやき | この記事のURL | コメント(0)
恐るべし女子力☆新アンダンテ21 女性7人衆登場ヾ(*´∀`*)ノ゛貝アート実演 [2012年09月05日(Wed)]
新アンダンテ21が9月1日にグラントワで開催された「キャンドルフェスタ 2012」に登場しましたぴかぴか(新しい)
キャンドルフェスタ2012は子育て家庭に体験活動の楽しさを伝え、子どもの健全な成長を支援することを目的としたイベントで、今年で7回目を迎えているそうです。
地域みんなで子育てを応援する気運を醸成するこの催しを通して、未来につながる子ども達、そして若い保護者を育てていこう!がテーマのようです。
これまで残念ながらアンダンテ21は組織としてこのイベントに関わりを持っていませんでした。酒飲みオヤジ連中が支えてきた組織の弱点かもしれませんバッド(下向き矢印)会員も少しずつ年齢を重ね、いつの間にか白髪が増えているどんっ(衝撃)頭の中もまだバブル時代の思い出を肴に回転させている。てなわけで、子育て世代を卒業したはオヤジ達の酒の席での話題にもなりませんでした。
そこで事務局の女性軍団が立ち上がりましたぴかぴか(新しい)もっと子ども達や若い保護者にハマグリ貝アートを体験してもらい、11月にアンダンテ21が行う「第3回ハマグリ貝アート展」のエントリー受け付けを早いところ始めてみようではないかexclamation×2と。「キャンドルフェスタ」は毎回1,000人以上の参加者があるとかで最高のチャンスとのこと。しかしexclamation土壇場の出場ですでに展示スペースはいっぱい失恋なんとかフリーマーケットスペースにすべり込ませてもらい、ぎりぎりセーフ黒ハート
それから開催までの数日間、彼女たちのモチベーションは高くなっていきました。ブースのデコレーション、小さなハマグリの貝を利用した装飾品づくり、磨いたハマグリのディスプレイなどなど。。アイデアが滝のよう〜。恐るべし女子力!!!これを呼応して女性会員の方も当日の準備に率先的に関わっていました。モチベーションが高潮に達したところで本番当日るんるん
hamaguri_1.jpg
当日は約2時間半の短い時間にも関わらず、29名の園児、小学生が楽しそうに絵を描いてくれましたハートたち(複数ハート)また11人が後日、ハマグリ貝アート展にエントリーするため貝殻をお持ち帰り。まずまずの成果晴れ
hamaguri_2.gif
島根県職員としてボランティア参加してくれた西部農林振興センターのKさん(女性)のコメント。
「オープンイベントやそもそも親子イベントには初めての参加だったので役に立つか不安でしたが、お役に立てたのなら幸い。初めての経験ながら楽しかったです」
これも前線で頑張ってくれたアンダンテ21女性7人衆(Aさん・Sさん・Aさん・Nさん・Sさん・Tさん・Kさん)のおかげ猫ちなみにオヤジ達は荷物運び、作品回収などの裏方に回っていました。
少子高齢化したこの地域で将来を悩む中にも、地域社会は少しずつ時代交代や世代交代をしていることを忘れていたようです。さて、アンダンテ21は遅ればせながら時代の流れに乗ってうまく進化していくでしょうか。。。。
Posted by アンダンテ21 at 10:21 | ハマグリのささやき | この記事のURL | コメント(0)
ハマグリが環境省「レッドリスト」に指定したこと [2012年08月30日(Thu)]
環境省によるハマグリ「レッドリスト」指定について

8月28日、環境省が「レッドリスト」を見直し、
ハマグリを絶滅危惧種として新たに指定したニュースを
多くの方が読まれたと思います。

私たちアンダンテ21にも2009年から、益田市海岸にてハマグリの
環境保全活動を実施しているため、幾つかの問い合わせがありました
今日は、ハマグリについて
私たちの活動内容を含めてもう一度ご紹介したいと思います。

これで家族や友人との話題が一つ増えるでしょう。

1.「ハマグリ」と「チョウセンハマグリ」の違い。
一口にハマグリと言っても、日本の在来種は2種類で
「ハマグリ」「チョウセンハマグリ」それから輸入されているハマグリがいます。
「シナハマグリ」です。

今回、絶滅危惧種に指定されたのは、「ハマグリ」(写真1)
で内湾性の場所に多くが生息します。一般的には貝殻に「ハ」の模様が出てきます。
昔は東京湾にも多く生息していましたが、現在はほとんど目にすることがありません。
図2.jpg
ハマグリ(写真1)

益田市で捕獲される通称、“鴨島ハマグリ”は、
「チョウセンハマグリ」(写真2)で在来種です。
図1.jpg
チョウセンハマグリ(写真2)

最後の「シナハマグリ」(写真3)ですが、
中国、韓国から年間15000トン前後も輸入され、
皆さんがスーパーマーケットで見かけるのはこれが多いと思います。
少し膨らみがあります。写真で外観の見比べをしてください。
図3.jpg
シナハマグリ(写真3)


2.それでは、益田のチョウセンハマグリはたくさんいるの?

益田では、一時絶滅と思われたほとんど採れなくなったハマグリが
平成の初め頃から徐々に復活、平成20年には12tの漁獲となりました。
しかし全国では減っており、「ハマグリ」同様、絶滅の可能性はあります。

益田のハマグリが復活したのは、
漁師の方々が捕獲時間制限を行っているだけでなく、
大きさ7センチ以上のハマグリを取らないような伝統漁法を
守っていることが大きく影響しています。

また高津川の環境状況が良くなっていることも重要な要素です。
中須海岸はハマグリが住みやすい状況になっていますが、
このバランスが少しでも崩れると、また採れなくなることも有ります。
図4.png

3、アンダンテ21はハマグリ資源の保全のために市民と一緒に活動しています。

ハマグリが持続的に生育できるよう2009年から
アンダンテ21は市民と共にハマグリの環境保全を推進しています。
ハマグリは高津川を中心とした自然環境状況を知る上で貴重な指標です。

アンダンテ21は「調べる」、「遊ぶ」、「伝える」という視点からから、
以下の3つのプログラムを総合的に実施しており、
世代・性別を超えて市民がハマグリ保全の活動に参加できる取り組みを行っています。

図5.jpg
市民参加型稚貝調査
図7.JPG
貝の大きさを計測しています

@「市民参加型ハマグリ稚貝調査」では、
益田市中須海岸・津田海岸において将来のハマグリ生産基礎データとするため
、稚貝数、サイズ、他の生物等を毎年、計測、記録しています。
調査結果は参加者で共有するだけでなく、水産事務所等へも提供も行っています。

市民参加によって初めて可能になります。調査は科学的なデータを収集するだけでなく、
市民がハマグリの生息状況を実際に理解することと海の恵みの豊かさを
感じてもらうことをねらいとしています。

図6.jpg
第1回貝アート 市長賞
図8.JPG
第1回アート展 会場内風景

A「貝アート展」は、ハマグリの貝殻の内側に絵を描いた作品を市民から
募集、毎年11月、島根県芸術文化センター「グラントワ」にて展示、
優秀な作品を選出、表彰しています。

平安時代の「貝合わせ」遊びをベースにした企画で地域自然資源と
新しい文化のコラボレーションを通して、
ハマグリと市民のふれあいを高めようとするものです。

B「出前授業」は‘ハマグリを益田の宝に‘というテーマで
市内の児童を対象とした環境教育です。

ハマグリの生育環境や復活した理由などを通して、
海へつながる川、森との関連を児童にわかりやすく説明し、
将来「地域の宝」としてハマグリ自慢が出来る子供をつくっています。
Posted by アンダンテ21 at 14:41 | ハマグリのささやき | この記事のURL | コメント(0)
candle festa 2012出店します! [2012年08月30日(Thu)]
緊急〜〜に9月1日に開催される、candle festa 2012に出店します手(パー)
そこで、すでに何件かお問い合わせをいただいている
「第3回ハマグリ貝アート展」
のPRを大々的に行ってきます右斜め上右斜め上右斜め上
その場で一足先に貝アート展のエントリー受け付けもします。
去年の受賞作品、その他面白い展示もしてますので、お出かけ予定の方!ぜひお立ち寄りください。
hamaguri2.gifじゃ〜ん
hamaguriJF.gif
ハマグリアートちらしコピー.jpg
みなさまのお越しをおまちしておりま〜〜すぴかぴか(新しい)
Posted by アンダンテ21 at 11:20 | ハマグリのささやき | この記事のURL | コメント(0)
ハマグリ稚貝調査その2 [2012年08月21日(Tue)]
調査をしていると、浜辺の色々な「?」に出会います。
P8120028.JPG
点々と穴を開けているのは・・・「カニ」でした。
当のカニはカメラを向けると同時に穴に入っちゃうので写真に収められず・・無念。

調査中、チビイカが入ってました。ラブリィハートたち(複数ハート)
P8120081.JPG

これは「キンセンガニ」ハマグリの稚貝も食べます。キレイな色と形です。
P8120029.JPG

なんと高津川の夏のご馳走「モクズガニ」です
海と行き来するとは知りませんでした目びっくり
P8120062.JPG

さて、これなーんでしょっ???
P8120056.JPG

・・・・正解は・・・

「砂茶碗」(スナジャワン)でっす

上部に写っている巻貝、ツメタガイが産卵する際に
粘液で固めた砂に卵を練りこんで
帯状の砂のベルトをウニョウニョ出し、
結果、ぐるぐる輪になっていくんですって。
(写真のものは完全な形状ではない)

出来あっがた「砂茶碗」は固くてそう簡単には壊れません。
この中に約3〜5万個の卵が産み付けられています。

打ちあがったハマグリの貝殻の多くには
このツメタガイに食害された証拠がばっちり残されています。
蝶番のとこにきれいなすり鉢状の穴が開いた貝殻が
あれば、それはツメタガイの食べカスなのです。


これは、オキアサリ
P8120088.JPG

こっちはハマグリ。
P8120086.JPG

こんな色のハマグリ初めてみましたexclamation×2何と鮮やかな黄色exclamation×2
P8120039-1.JPG

みんなで記念撮影です。
P8120077.JPG
本当にありがとうございます。
この地道な活動に地道にいつも協力してくれる方々です。
こういう方々が私たちを支えて下さっていると
つくづく感じます。

これからもよろしくおねがいしまするんるん
Posted by アンダンテ21 at 14:08 | ハマグリのささやき | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ