CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
益田川クリーン大作戦 参加 [2013年07月15日(Mon)]
 島根県飲食業生活衛生同業組合青年部が5年間継続して実施している「益田川清掃活動」。今年からアンダンテ21も加わった。環境保全意識をもった若い人達を中心に100名以上の人が集合。益田の若者も捨てたものではないな。
 大元橋から月見橋一帯のゴミの回収。人の背まであるヨシをかき分けると、ペットボトル、ビニール、中には掃除機やテレビまで出てくる。さらに表面のゴミを取ると下の層にもビンや年季の入ったプレスチック類がわんさか埋まっている。数メートルの進まないうちに用意したゴミ袋は一杯。結局、本日の清掃できれいになったエリアはたった2‐3坪。益田川恐るべし。 


『高津川は清流日本一。一方、益田川はどうしてこんなに汚れているの?』

古地図を見ると、益田川と高津川はつながり、大きな河口部を形成していた。だから、下流域は「中ノ島」や「中須」といった地名がついている。この益田川と高津川を持っている益田市。「家」で例えると「玄関・応接室」はとても奇麗に掃除されているが、「居間や裏口」はゴミだらけといった現象と同じ。ここの住人の環境に対する考え方はどうなっているのだろうと不安になる。「益田は川がきれいでいいところだから遊びに来いよ」と言える自信がだんだん薄れてくる。
 アンダンテ21では、今年秋から、ハマグリ漁を行なっている「益田蛤の会」と一緒に河口部のヨシの刈り取りやゴミの取り除きを予定している。どうも沢山の人々とネットワークを組んで、大きな活動につなげないと成果が見えにくいと感じる。

益田クリーン大作戦_01.jpg
ゴミの下にもゴミ。層になっている。

益田クリーン大作戦_02.jpg
右が益田川。用意したゴミ袋はすぐに一杯なった。
Posted by アンダンテ21 at 00:00 | その他の事業 | この記事のURL | コメント(0)
恒例!「海の命をいただく会2013」開催しました! [2013年06月10日(Mon)]
今年も6月の恒例行事「海の命をいただく会2013」を飯浦町で開催しましたビールビールビール

森・川・海の恵に感謝し、心地よい潮風に吹かれながら楽しみましょう!をコンセプトに開催される会です。

今回は大きな見島産クロマグロ(15キロ!)まるごとのお命ちょうだいしました!!
20130608海の命@.jpg
マグロの解体ショーも間近で見ることができました。
マグロの心臓って三角すい中なんですね!胃袋って細長いんですね!知らなかったです!

他にも目移りするようなメニューばかりでした。
写真は今回より登場した大きなお品書き★(会員のF山さんの手書きです(´∀`))
20130608海の命A.jpg

いい匂いをさせてたBBQ
20130608海の命B.jpg

こちら、川の恵み「鮎」
20130608海の命C.jpg

どれを食べようかな。。。
20130608海の命D.jpg

益田産最大級サイズのハマグリのお命もいただきました!
20130608海の命E.jpg


参加者全員の自己紹介からはじまり、ミニお魚クイズコーナーがあったりとゆったり、まったりと土曜の午後が過ぎました。
普段、なかなか一斉にアンダンテ会員や関係者の方々がそろうことはありません。参加された方皆さまが楽しいひと時を過ごされたのではないでしょうか。

これからも、「海の命をいただく会」で美味しい命をいただけるように、この地域をとりかこむ「森・川・海」に感謝して大事にしなくては!と思いながらブログをUPしていますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

今回参加していただいた方々のお手伝いや、おいしい差し入れをいただき本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


追伸!この会に参加していただいた方2名がアンダンテ21の会員になっていただきました。
(正確には、1人の方は再入会だそうです手(チョキ))
ほんとうにうれしいかぎりです(*≧∀≦*)
Posted by アンダンテ21 at 11:53 | その他の事業 | この記事のURL | コメント(0)
最初の一滴 [2013年05月28日(Tue)]
水は上から下へ。
清流日本一の高津川。

その水は長い時を超えて、森から醸し出される。
益田市の田中幾太郎さんと柿木の田中哲郎さんの協力を得て、ヤブコギをしながら高津川の源流(源頭)となる「最初の一滴」を探した。

島根県内最高峰の安蔵山(1263m)はこの流域の水をはぐくむところ。原生林の中にそこはあった。頂上から20m下のブナやウリハダカエデの巨木にかこまれ、岩の間からにじみでる水が、かすかにたまり、下に向かってつながっていた。

この水は、カレイ谷を下り、支流の七村川、紙祖川、匹見川となって高津川となる。威厳ある森が生み出し、生命の源となり、河口のハマグリまでつながる。

20130528最初の一滴@.jpg
最初の一滴となる源頭

20130528最初の一滴A.jpg
周辺あるブナの巨木、周囲3.7m
Posted by アンダンテ21 at 10:53 | その他の事業 | この記事のURL | コメント(0)
ヒメバイカモ(姫梅花藻)の移植作業 [2012年12月07日(Fri)]
本日、2012年12月7日に吉賀町にて地元の椿さんや島根大学國井教授、県環境課、津和野土木事務所の方々が中心となり、ヒメバイカモの移植が行われましたダッシュ(走り出すさま)

なぜなぜ12月の寒いさなかに川に入って作業が行われたの??
⇒来年1月に津和野土木事務所による河川リフレッシュ工事で行われる堆積土除去のエリア内に2パッチのヒメバイカモが生息していました。どうもこの工事によってこの貴重な2パッチの生息が危ぶまれるのではどんっ(衝撃)ということで避難となりました。

実は、事前に河川改修事業関係者から連絡が入り本日の「避難」活動とつながりました。
ヒメバイカモ保全の輪が少しづつ広がってる手応えを感じる出来事でしたexclamationすばらしいですね。

移植先は、秋に地域住民のご協力によってツルヨシ除去作業が行われた沖場橋上流です。
ヒメバイカモ移植1.gif
そして、移植には椿さんを中心とした地元の方々も参加され、これからヒメバイカモの成長を見守っていただける気運が出てきたようですぴかぴか(新しい)

ヒメバイカモ移植2.gif


Posted by アンダンテ21 at 14:21 | その他の事業 | この記事のURL | コメント(0)
笹ヶ谷鉱山いってきました [2012年10月12日(Fri)]
島根県地学会主催の秋季見学会で笹ヶ谷鉱山を見学してきました。ガイドはアンダンテ21の地学専門家Wさんぴかぴか(新しい)
個人では立ち入ることのできない鉱山の坑道に入り、鉱物採集や歴史を学ぶことができました。笹ヶ谷鉱山はの鉱山。江戸時代には全国有数の銅の産出を誇っていました。

反面、銅鉱山ではヒ素を含む硫ヒ鉄鉱も産出するので、ヒ素鉱毒問題も歴史の一ページを飾り、四日市ぜんそく、水俣病、イタイイタイ病に次ぎ、第4の公害地域に指定されてきました。

江戸時代には笹ヶ谷で採取された、「いわみぎんざんねこいらず」の名称で売り出された殺鼠剤(亜ヒ酸)が、「いわみぎんざん」の名で毒薬の代名詞として有名になり、大正時代は綿花の殺虫剤としてアメリカに輸出されたそうです。また太平洋戦争時代、大久野島の毒ガスの材料ともなったようです。
昭和46年に鉱業権を放棄して以来、坑道での人々の行き来はなくなったとされている七番坑道から、他の見学者と共に入っていきました。夏はとても涼しいらしいそうです。ただし、坑道内は暗く、歩くには懐中電灯、長靴、ヘルメットは必須道具。特に坑道の高さは低いところでは150p、身体を曲げての歩行となるが、油断するとヘルメットの上が岩にあたってしまいます。40年近くになるそうですが、地面はコンクリートで舗装され、水路が整備されているために足元は歩きやすい。数か所落盤の跡もありますが、前進の障害とはなりませんでした。ただ、腰を曲げての歩行は少々息が切れるあせあせ(飛び散る汗)
セメント.jpg

300メートルぐらい入ったところで、大きな空間が広がります。立坑を通じて、石を外部に取り出すところや、今は立ち入り禁止となっている分坑があります。以前はこの坑道が製錬所まで続き、砥石山をくりぬいていたとか。また、笹が谷小学校に通う反対側の子供達がこの坑道を通学路として利用していたそうだ。まさに地下道(近道)グッド(上向き矢印)

今回の見学では、ヒ素の原料となる硫砒鉄鋼(トンカチでたたくとニンニクのにおいがする!)、トーチライトを当てるときらきら光る灰鉄輝石、銅の原材料となる黄鉄鉱などを見ることができた。また40年の時を経て、坑道にはカルシウムが固まった鍾乳石のこども達があちこちで見られる。歩いていると昼寝をしているコウモリもいた。
鍾乳石こども.jpg
こうもり.jpg
話は聞いていましたが、灯台本暗し。地元の歴史に触れる貴重な一日を過ごすことができました。

Posted by アンダンテ21 at 09:40 | その他の事業 | この記事のURL | コメント(0)
平成23年度協働実践事業報告会 [2012年03月26日(Mon)]
先週の金曜日は、平成23年度協働実践事業報告会に参加するため
島根県庁に行っておりました。

昨年は3月11日に開催され、あの大震災を会場で知ることになりました。
松江からの帰路、被害はどれくらいなのだろうとラジオを聴きながら帰宅しました。
とんでもなく大きな被害であることが分かってきたのは翌日以降でした。
あれから1年、復興はなかなか進んでおりませんが、可能な限り早期の復興を願っています。

今年は18件の報告があり、皆さん様々な分野の活動を展開されておりました。
そんな中で特に私たちが展開している「新しい公共モデル事業」は、何を残したのか?が
大きなテーマになるとのこと。
24年度、このテーマに向かって更にブラシュアップして進めてまいります。
Posted by アンダンテ21 at 16:34 | その他の事業 | この記事のURL | コメント(0)
一緒に [2012年03月13日(Tue)]
アンダンテ21では

「益田市市民活動推進協議会」なるものを


益田市保育研究会と

NPO法人コアラッチと

社会福祉法人益田市社会福祉協議会と

益田市経営企画部地域振興課と

一緒にやってます。


これは、

@公民館単位での課題を明確化し、解決するために

  NPOならではの協力(ネットワーク形成、環境学習、ワークショップ等の実施)などを通して

ANPOサイドもスキルアップ、地域に理解を得、寄付等の必要性を

 実感してもらい、体制基盤を整えることに繋げる

という2本柱を目標に昨年より立ち上げた協議会です。


この事業実施のための事務局が

市民学習センター(私はこっちの方が馴染み深い、旧県民会館)正面の

商工会議所1階にある

「スマイルデスク」です。

きれいなおねえさんがいます。(好みは人それぞれですので、意見は受け付けません)

地域をよくしたい、何か役にたつことをしたい、こういうアイデアがある、などなど、

気軽に足を運んでみて下さい。

Posted by アンダンテ21 at 11:35 | その他の事業 | この記事のURL | コメント(0)
森の研修会 in 真砂 [2012年02月14日(Tue)]
2月12日(日)に屋外のイベントとしては今年度最後になる「森の研修会 in 真砂」を開催しました。

この時期、天候が最も心配だったのですが、ラッキーにも晴れてくれました。

メニューは、午前中に「森の健康診断」、午後は「集材・搬出研修」となっています。



人工林に入る前には軽くストレッチをして体をほぐします。



診断エリアの傾斜角を測定したり、、、



どんな植物が自生しているかなども調べます。



測定した樹高や木の直径、半径5.65mの円の中の植栽木の本数などから混み具合を数値化します。

この日は2カ所の人工林を診断したのですが、超過密と過密と判定され間伐が必要なことが示されました。

真砂公民館の館長さんも健康診断に参加され興味を持って頂いたようです。

24年度は、真砂地区の子供達や大人の方にも参加していただき啓蒙の輪を広げたい。

午後行った「集材・搬出研修」の様子は後日報告します。
Posted by アンダンテ21 at 13:35 | その他の事業 | この記事のURL | コメント(0)
消えた・・・ [2012年02月13日(Mon)]
消えました・・何もかも・・

写真を載せ下書きしたのに

「保存」ボタンを押したら固まってしまい

全部消えました・・・・・

しかも勤務時間終わりギリギリに



・・・・今日の、また後日書き直します。

ホントにガックリ困った
Posted by アンダンテ21 at 17:02 | その他の事業 | この記事のURL | コメント(0)
森の研修会 in 真砂 [2012年02月08日(Wed)]
2月12日(日)に真砂で「森の研修会」を開催します。
講師は、もりふれ倶楽部のO氏にお願いしました。

午前に「森の健康診断」を実施し、真砂の人工林を診断します。
午後は、PCウンチを使った集材・搬出の研修を実施。
アンダンテ21メンバーは、初めての体験になります。
事務局スタッフは、昨年10月に津和野町で行われた研修会でその楽しさを経験済みです。
週間予報では、12日は曇り時々晴れの予報。
楽しい研修になりそうです。
Posted by アンダンテ21 at 15:31 | その他の事業 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ