CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ふくしま復興フォラーム1 終了しました | Main | 10月15・16日NPOまつり@代々木公園に出展します»
 NPO農都会議ボタンバイオマスWG ホームページ

  FacebookボタンNPO農都会議 Facebookボタン農都サロン
検索
検索語句
NPO農都会議について
カテゴリ
最新ニュース
コメント
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議さんの画像
QRコード
https://blog.canpan.info/noutochiiki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/noutochiiki/index2_0.xml
ふくしま復興フォラーム2 終了しました [2011年09月30日(Fri)]
 新しい公共をつくる市民キャビネットは、9月19日、ふくしま復興フォラーム2『住民・行政・支援NPO等の協働で取り組む復興』を開催しました。
 →イベント案内
 →9月5日フォーラム1 報告へ

ふくしま復興フォーラム2

 会場の総評会館には、南相馬市など福島や宮城からも駆け付けていただいた約150名の参加者が集まり、熱い議論を行い、ゲストの方々のお話に耳を傾けました。資料と併せて、ご覧いただきたいと思います。
 →当日プログラム & 講師プロフィール(PDF)

ふくしま復興フォーラム2

 午前は、『ワールドカフェ 〜復興支援のネットワークを拡げるには』が行われました。
 「ワールドカフェ」は、カフェのような雰囲気のなかで、自由で創造的な会話をする場ですが、鴻巣将樹氏(南相馬桜援隊代表)から、南相馬での支援活動のお話を聞いた後、伊藤武志氏(株式会社価値共創代表取締役)のファシリテーションにより、復興支援の輪をどう拡げるかを皆で考えました。
 →ワールドカフェ 進行資料(PDF)
 →鴻巣将樹氏 資料(PDF)

ふくしま復興フォーラム2

 ここでは、次のような意見が出されました。
 ・ニーズは地域によって変わるので、それぞれに合った復興計画をサポートすることが必要。
 ・そのためにも現地に行って、肌で感じ考えることが大切。
 ・放射能は見えない恐怖なので、見える化が必要。
 ・特に子供の健康不安に対する多様な支援が求められる。
 ・心の復興が大切・・・心が前向きにならないと先に進めない。
 ・日本全国の人が忘れないでいることが大切。

ふくしま復興フォーラム2

 続いて、「支援NPO等からのメッセージ」として、馬場照子氏(コミュニティカフェレストラン亘理いちごっこ代表)、岩渕美智子氏(首都大学東京(OU)講師)、小澤真人氏(デジタル・ストーリーテリング研究所代表)等から、復興に向けた考え方や取組みの紹介がありました。

ふくしま復興フォーラム2

 午後は、『フォーラム 〜住民・行政・支援NPO等の協働で取り組む復興』が行われました。
 主催者を代表して、河口博行氏(市民キャビネット運営委員、農都地域部会共同代表)の挨拶の後、来賓として、筒井信隆氏(農林水産副大臣)の挨拶、下川正和氏(市民キャビネット農都地域部会政策担当)から9月5日に行われた「フォーラム1」の報告がありました。
 →9/5フォーラム1 報告資料(PDF)

ふくしま復興フォーラム2

 筒井副大臣(上の写真)からは次のようなお話がありました。
 ・震災からの復興は政府、農水省としても最大の課題である。これを加速して進めるために、ワンストップでいろんな手続きができるようにしていく。
 ・一番の問題は福島県を中心としたセシウムの除染。農地は5センチほど表面の土壌をはぎ取るという物理的手法が効果的。
 ・再生可能エネルギーがキーとなる。木質系のガレキを処理する施設をつくり、これを活かして木質チップを利用していきたい。農山漁村は総発電量の43%をカバーするポテンシャルを持っている。

ふくしま復興フォーラム2

 第1部は、「現地報告」でした。
 澤田精一氏(南相馬市農業委員会事務局次長、連合福島相双地区議長)、箱崎亮三氏(NPO法人実践街づくり理事長)、鴻巣将樹氏(南相馬桜援隊代表)、中山弘氏(東北コミュニティの未来・志縁プロジェクト共同代表)から、南相馬市の状況・課題と復旧・復興に向けた取組みの話がありました。
 特に、放射能への不安が住民の最大の関心事であり、「除染なくして復興なし」。そのためには、住民と行政が一体となった取組みや、専門家の知見を共有しながら、除染活動に反映していくことの重要性が示されました。南相馬市はフクシマが抱えている課題の縮図である。ここで「除染・復興モデル」を確立し、福島県や世界に発信していきたい、という提案がありました。
 →澤田精一氏 資料(PDF)
 →箱崎亮三氏 資料(PDF)
 →鴻巣将樹氏 資料(PDF)
 →中山弘氏 資料(PDF)

ふくしま復興フォーラム2

 第2部は、「基調報告」です。
桜井勝延氏(南相馬市長)から「南相馬から訴える」というテーマで、南相馬の3月11日以来、これまで南相馬市がどんな形で変化してきていて、今後、復旧・復興に向けてなにが必要なのかをあらためて皆で考えたいという趣旨のお話がありました。

ふくしま復興フォーラム2
・これまでに経験したことのない激しい地震の後、大津波に襲われ多くの知人、友人が波のなかに呑みこまれていった。言葉では言い尽くせない焦燥感と悲壮感。今でも同じ状況にある。
・3月12日に警察無線で原発が爆発したという情報があったが、確認したらそういう事実はないという報告を受けた。市民7万1千人のうち6万人近くが避難したが、南相馬市には正確な情報はほとんど入らなかった。
・3.11以前に、原子力防災計画を作ろうとしたが、住民の不安を煽るという理由で国は作らせてもらえなかった。結果的にどこへどう逃げたら良いのか、どのような方法で逃げるかまったく分からなかった。まして、SPEEDI(スピーディ)のような報告もなく、浪江や飯舘の高線量の地域に避難した人もいた。
・国からの連絡があったのは3月17日だった。国の指示は屋内退避だったが、市民は自主判断で避難をしていった。新潟県、杉並区、群馬県、いろんな自治体が協力してくれた。
・南相馬市は警戒区域、緊急時避難準備区域、計画的避難区域、特定避難勧奨地点、なんでもない地域の5つの地域に分かれている。それぞれの地域により対応が異なるので、住民の人たちの心はバラバラになっている。
・原発事故の後にマスコミが居なくなった。逃げたマスコミのおかげで南相馬市の実態がまったく伝わらなくなった。ところが、7月初めに南相馬市の肉牛からセシウムが出たら、途端に報道が押し寄せてきた。住民が戻り始めていた時だったのに、農家タタキをやる、現地自治体タタキをやる。東電から多額のスポンサー料をもらっているマスコミの責任を感じる。
・原発というものの存在をしっかり考えることが必要だ。原発事故一つで南相馬市と伊達市が除染に入っている。巨額の除染費用がかかることになる。これを東電が出すのかどうか分からないが、国民が多額の負担を強いられる。
・南相馬市民の命を守るために全力を尽くすが、東電が起こした事故によって多くの住民が運命を変えられてしまった。
避難によって100名以上の方がなくなった。医療、介護施設が崩壊した。学校が避難を余儀なくされて、20Kmの線量の低いところから30Km圏外の線量の高いところに子どもたちを通わせているのが実態だ。
・被災自治体の多くの職員は頑張っている。にも拘わらず、職員が疲労して休職をして辞めていく実態がある。このような現実を皆が共有することが必要です。オールジャパンでやるべきです。日本の国力を示すときなのだから、政治が本当に機能して欲しい。
・多くの市民が立ち上がっている。この経験を共有して日本をもっと素晴らしい国していくために皆で協力してやっていきたい。
 続いて、長谷川一樹氏(京都市環境政策局循環型社会推進部長)からBDFのお話がありました。
 →長谷川一樹氏 資料(PDF)

ふくしま復興フォーラム2

 第3部は、パネルディスカッションが行われました。
 稲葉光圀氏(NPO法人民間稲作研究所理事長)、逢見直人氏(日本労働組合連合会副事務局長)、稲見哲男氏(民主党震災対策本部福島県対策室長)のお話の後、山田厚史(AERA編集部、元朝日新聞編集委員)をコーディネーターとして、桜井市長、長谷川部長、澤田次長、箱崎理事長を交えて、討論が繰り広げられました。
 →稲葉光圀氏 資料(PDF)

ふくしま復興フォーラム2

 ここでは次のような意見が出されました。
 ・復興に向けてはもっと地方自治体に任せたほうが良い。除染、土地利用、医療、その他、地元が考えて取り組むのが良い。現場に必要な金は直接、国が自治体に金を渡すのが良い。また、除染や復興施策が地元の雇用に結びつくことが大切である。
 ・地域主権を進める良い機会であるとも言える。障害となる法律を是正しながら取り組んでいく。政治家の責任で受け入れる。
 ・心の被災が進行している。南相馬の多くの農家は作付できずに意欲を失っている。仮設の人たちは孤独で問題も多い。
 ・現場で住民が主役となり、自立していくことが大切。それを国や県がカバーするようにしたい。
 ・東京の人たちにも、被災者の健康、被災地の物品の購入、働く場づくりなど多様な方法で支援を継続することを期待する。

 USTREAMで中継・録画を行ったので(午前のワールドカフェを除く)、ご覧いただきたいと思います。


第1部 現地報告、 第2部 基調報告
 →USTREM録画


第3部 パネルディスカッション
 →USTREM録画

 当日の参加者からご回答いただいた感想です。
 →参加者アンケート結果(PDF)

 最後になりましたが、2回にわたるふくしま復興フォーラムを開催できましたことは、一重に、福島・宮城の地元の皆様と首都圏で被災地支援を行っている皆様、ご出演の皆様、当日お手伝いいただいた皆様、そしてご参加いただいた皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。

ふくしま復興フォーラム2

 フォーラムの準備に尽力されたスタッフの皆様もありがとうございました。お疲れ様でした。
Posted by NPO農都会議 at 05:40 | 食農環境G 勉強会 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント