CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

「ひじっ好」の美味しい食べ合わせ発見

[2021年01月12日(Tue)]
周防大島でいりこなどを製造販売している潟Iイシーフーズが製造販売している味付けひじき「ひじっ好」(そのまま食べても、ごはんにかけても美味しい)。

210109ひじっ好01.JPG

個人的に好きで、時々買っているのですが、最近、近所のスーパーでもお試しなのか扱うようになっているのに気付きました。たまたま年末に買ったカマンベールチーズが冷蔵庫にあって、何となく合いそうな気がしてたので一緒に食べてみました。

210109ひじっ好02.JPG

これがなかなか(お酒のおつまみにも)。

私個人の好みなのかもしれませんけど、是非試して他の人の感想も聞いてみたです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

2『12人の優しい日本人』2021レンタルにて

[2021年01月11日(Mon)]
『12人の優しい日本人』
(監督:中原俊、出演:塩見三省、相島一之、上田耕一、二瓶鮫一、中村まり子、大河内浩、梶原善、山下容莉枝、村松克己、林美智子、豊川悦司、加藤善博、久保晶、近藤芳正、116分、1991年、日本映画)

2101_12人の優しい日本人.JPG

2021年、映画鑑賞2作品目。

三谷幸喜さん脚本の舞台の映画化。有名な映画『十二人の怒れる男』(私は観てない)へのオマージュであり、パロディであると言われていて、日本でも第二次世界大戦終戦前に十数年間一応存在していた陪審員制度が現在あったらという設定での密室劇で、舞台としては2020年コロナ禍にあってオンライン生配信再演も行われている(ちなみに現在存在している裁判員制度は2009年から運用されている)。

夜の人気のないバイバスで、元夫の男性が、元妻に突き飛ばされて通りかかったトラックにはねられて死亡した事件を巡って、元妻に対する陪審真理のために集められた12人の、それぞれ個性豊かな陪審員たちの会議室でのやり取り。

全員一致による評決が原則のため、最初に採決すると、全員が無罪に挙手したため、あっさり終了となりかけたところ、ある陪審員が「話し合いがしたい」と有罪に変更し、長い話し合いが始まる。

日本人らしい、というべきなのかはわからないけど、参加意識が薄かったり、自分の意見を言いたがらなかったり、妙に威勢だけよかったり、かみ合わない状況が進む中、話は紆余曲折、着地点は?

三谷幸喜さんらしい、面白いながらも、話し合うこととかコミュニケーションとか考えさせられる作品。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

816_寒さの中の野菜たち

[2021年01月10日(Sun)]
3年ぶりの寒い冬で、野菜たちもだいぶやられています(岩国市でも瀬戸内海の近い沿岸部なので、零下になることはあまりないので−4℃とかはとても寒い)。

寒さに強いブロッコリーも葉っぱがしなってますし、セロリもこのへなり方。

210109セロリ.JPG

人参(ニンジン)も葉っぱが倒れかけて、ロゼッタ状(地に這う状態)になろうとしています。

210109ニンジン01.JPG

でも、食べる根の部分はちゃんとしてていい感じ。

210109ニンジン02.JPG

スナップエンドウなども寒そうです。小さい状態なのでこのまま頑張るでしょう。

210109スナップエンドウ.JPG

そんな中、小松菜(コマツナ)や蕪(カブ)などは元気ですし、意外とルッコラが元気です。よく見るとこの寒い時期に薹が立とうとしています。この寒さの中、このまま本当に花が咲くのか見守ってみたいと思います。

210109ルッコラ薹立ち01.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

『日本習合論』

[2021年01月09日(Sat)]
『日本習合論』(内田樹著、2020年、ミシマ社)

2011日本習合論.JPG

習合という言葉は、神仏習合という日本において長い間神道と仏教が共存していた状態であったことを指すときに主に使われるようです。内田さんは、「神仏習合は雑種文化の典型的な事例である」という仮説のもとに、明治維新の時期にそれまで千年以上続いた宗教的伝統であったものが、政令一本でいとも簡単に「神仏分離」が実現し、さらには「廃仏」にまで拡大解釈されてしまった謎について説き起こしながら、土着のものと外来のものが習合していることが「ふつう」であり、複雑なものを複雑なまま受け入れる大切さ、面白さについて語りかけてくれます。

個人的には、私もその場で聴いた2015年に周防大島で行われた内田さんの講演が、第三章「農業と習合」に収められていて懐かしかった(内容は結構忘れてた)のと、第六章「仕事の概念を拡大する」の中に、引きこもりの人に限界集落の家の守をお願いするというアイデアが特に印象に残りました。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』2021レンタルにて

[2021年01月08日(Fri)]
『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』
(監督・脚本:タイラー・ニルソン、マイケル・シュワルツ、出演:シャイア・ラブーフ、ダコタ・ジョンソン、ザック・ゴツァーゲン、ジョン・ホークス、ブルース・ダーン、97分、2019年、アメリカ映画)

2101ザ・ピーナツバター・ファルコン.JPG

2021年、映画鑑賞1作品目。

なぜか(家庭の事情?)老人養護施設で暮らすダウン症の青年が、あこがれのプロレスラーなるために施設を脱走。しっかり者の兄を亡くし、他人の漁果をくすめたりして挙句の果てには漁具に放火をして追われる羽目になった漁師が彼と出会い、自然豊かなアメリカ南部を旅することに。

途中で、青年を探していた施設職員の女性も旅に加わることになり・・・。

どこにも持っていくことのできない暖かい心が、少しずつ重っていくお話。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

『カラスの教科書』

[2021年01月07日(Thu)]
『カラスの教科書』(松原始著、2016年(2013年雷鳥社から出版されたものの文庫化)、講談社文庫)

2011カラスの教科書.JPG

カラスはよく出会うし、他の鳥と違って、目が合ったりするのが何となくわかったり、せっかく育てたスイカを食べられてしまったりと実際に関わりがあるので関心があります。

それで、いろいろと研究が進んでいるのかと思いきや、カラスの生態、行動と進化を研究テーマとする著者が、指導教官から冗談半分で、「カラスは行動範囲広すぎて見えねえ、捕獲できねえ、標識できねえ、年齢わからねえ、性別わからねえ、巣が高すぎて覗けねえの三重苦どころか五重苦、六重苦。だからオレはやめた」といわれたくらい研究は難しいらしい。

とは言え、この本で、かなり詳しく観察に基づいたいろんな論考がなされていて、鳥好きならずとも野鳥の世界の魅力にを感じるのではないかしらん。

知能とか遊び心などについては、いろいろな関連で考えていかないといけないのでどの程度どうなのかというのは、本当にわからないのだなあと改めて考えさせるというか、学者ならではの慎重な説明が結構面白い。

巻末には、「あんな黒づくめで暑くないんですか?」とかいったよくある質問コーナーもあって楽しめます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

815_ブロッコリーの収穫のはじまり210105

[2021年01月06日(Wed)]
昨年の9月13日から、初めてタネから育て始めて、約1か月後の10月11日にはたけに定植したブロッコリーもようやく年末から収穫できるようになってきました。

210105ブロッコリー01.JPG

とは言っても、ほおっておくと、食べる部分である花芽はどんどん大きくなってくるので、メインの花芽だけを食べるのならもっと待っていた方がいいのです。しかし、数本しか育てていないので、メインの花芽を採ってから後に出てくる脇芽を食べるのが主になるので、早めに収穫します。知り合いによると、500円玉くらいの時に採ると脇目も大きくなるらしいのですが、ちゃんとやったことがなくて、どうしても、少し大きめになるまで待ってしまいます(握りこぶしくらいの大きさ)。

210105ブロッコリー02.JPG

そして、花芽を採った後をよく見てみると、葉が出ている直上にどんどん脇芽が出てきているのがわかります。

210105ブロッコリー03.JPG

ちなみに、収穫した花芽を下から見てみると、こんな感じです。外側に脇目が出てきて、最初に花芽になった部分はそのままの状態で待っていてくれて、大きくなっていくのだと思われます。

210105ブロッコリー04.JPG

下の方を見てみると、小さな脇芽が出てきています。

210105ブロッコリー05.JPG

さらに下の方を見てみると、さらに小さな若芽が。

210105ブロッコリー06.JPG

少し前の年末にメインの花芽を採った株は、脇芽がだいぶ大きくなってきています。実はこれまで、脇芽の出る様子はあまり観察していなかったので、あらためて、なるほどと思った次第です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

『ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集』

[2021年01月05日(Tue)]
『ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集』
(斉藤倫著、2019年、福音館書店)

2012ぼくがゆびをぱちんとならして、.JPG

小学校の男の子が、学校と家の途中にある謎のおじさんのうちに遊びに来ると、カップラーメンができるのを待っている時だったり、庭の草取りの続きをどうしようかと考えている時だったり。男の子は学校で先生に怒られたことや宿題のことを話し、おじさんは、そのことを受けて家の中に山と積まれた本の中から、いろんな詩を紹介してくれるという十の短いお話。

タイトルの通り、子どもがおとなになっていく刹那を切り取っているとともに、いろんな詩の読み方、詩をつくっていることばのことなど、いろいろ考えさせてくれる。というか、文章全体が詩のような、いとおしくなるような作品。

子どもに読み聞かせしてもよさそうだし、小学生くらいの子どもがいる人だけでなく、普通におとなの知り合いにも紹介したくなる。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

117『ホモ・サピエンスの涙』2020横川シネマにて57

[2021年01月04日(Mon)]
『ホモ・サピエンスの涙』
(監督・脚本:ロイ・アンダーソン、出演:マッティン・サーネル、タディアーナ・デローナイ、アンデシュ・ヘルストルム、76分、2019年、スウェーデン=ドイツ=ノルウェー映画)

2011ホモサピエンスの涙.JPG

2020年、映画鑑賞117作品目にして、劇場での鑑賞57作品目。

きっちり作られた映像美。そこはかとなくおかしみのあるエピソード。

そういう意味では、面白いんだけど、観る時を選んだ方がいい映画かもしれません。退屈と言えば退屈でしたので。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

『料理と利他』

[2021年01月03日(Sun)]
『料理と利他』(土井善晴・中島岳志著、2020年、ミシマ社)

2101料理と利他.JPG

ミシマ社が2020年5月からスタートしたオンラインイベント、「MSLive!」を、書籍化した「MSLive! BOOKS」シリーズの一冊。

料理人の土井さんは、テレビで時々見かけて面白いこと言っているなあと思っていたし、愛聴している森田真生・生命ラジオでも取り上げられていたので思わず購入。

これ、単純に面白いです。私自身が料理が好きだからということもあるのでしょうが、土井さんの料理に対する考え方が、その背景にある自然観とか、人間と自然とのかかわりとかが共感できるからなんでしょう。

プロの料理人を目指して家庭料理を下にみていた土井さんが、「淡々と真面目に仕事をすること、自分が生活するということで、美しいものはあとからついてくる」といった河井寛次郎さんらによる民藝(運動)に出会って家庭料理は民藝だと思ったこと、ハレ(非日常)とケハレ(日常)の料理やそれを盛る器や盛り方の違いなどいちいちうなずいてしまう。

中には、日本料理には「混ぜる」という考え方があまりなくて、基本は「和える」(均質になるまで混ぜてしまうのではなく、美しいハーモニーを出しているところでやめることで、いろんあ味わいが楽しめるし、無駄な水分が出たりしなくて雑菌が繁殖しにくい)のだということなど、あまり考えたことのなかったことも語られていて、ちょっと、料理に対する考え方が変わったりもしました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

116『アイヌ・モシリ』2020横川シネマにて56

[2021年01月02日(Sat)]
『アイヌ・モシリ』
(監督・脚本:福永壮志、出演:下倉幹人、秋辺デポ、下倉絵美、西田正男、松田健治、床州生、平澤隆二、廣野洋、邊泥敏弘、山本栄子、西田香代子、平澤隆太郎OKI、結城幸司、三浦透子、リリー・フランキー、84分、2020年、日本・アメリカ・中国映画)

2012アイヌモシリ02.JPG

2020年、映画鑑賞116作品目にして、劇場での鑑賞56作品目。

北海道阿寒湖畔にあるアイヌコタン(アイヌの集落)のアイヌ民芸品店を営む母と暮らす14歳の少年が主人公。

小さいときからアイヌ文化に触れつつも、父親の死後、そこから離れていき、今はバンド活動に熱を入れていて、中学卒業後は高校入学のため村を出ていく予定。

なりわいとして観光化していくアイヌの文化と、その根っこを何とか取り戻したいと苦悩する人々の葛藤が、ありのままに描かれているように感じられ、多感な時期の少年のまなざしが、そこにさらに厚みを加える。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

『縁食論―孤食と共食のあいだ』

[2021年01月01日(Fri)]
『縁食論―孤食と共食のあいだ』
(藤原辰史著、2020年、ミシマ社)

2012縁食論.JPG

それぞれが一人で食べる孤食と、ガチガチのコミュニティの中で一緒に食べる共食の間に、もう少しカジュアルな形で縁食というものが考えられないかという考えなのかな。

より根本的には、都会的な個々別々の人間関係の在り方と、田舎的なちょっとめんどくさいそれとの間の、クールな面も持ち合わせたコミュニティの在り方の食に関した提言ということができるのだと思います。

その中で、現在の子ども食堂の取り組みや、恐慌時などに世界中で取り組まれた施策としての公衆食堂の取り組みなども紹介しながら、(すべての人に最低限の賃金の保障をする)ベーシックインカムならぬ、ベーシック・フード・サービスというものについて「私たちは、食べものが無料であるという社会を非現実的だといいつつ、食べものが廃棄可能である社会の現実をあたりまえのこととして受け入れているという、風変わりな考え方と習慣を持ったエイリアンなのである」と鋭く突っ込みながら、いろいろと大胆な提言もしています(全体的にはすぐには無理でも、共通理解を図ることができる地域での学校給食からでもはじめてはという具体案も)。

最後の章の、「縁食人文学」の中で、生命がお互いに支え合っていることを「もれ」というキーワードで書いているのも、農業史・食の思想史の専門家としての著者ならではという感じで面白い。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ