• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

光原百合さんを偲ぶ旅 その2

[2024年04月11日(Thu)]
尾道市立大学教授で小説家であった光原百合さんが一昨年亡くなり、大学時代の同級生数人で昨年の夏、お墓参りと彼女とともに巡った場所をたずねる旅をしました。

そのとき、桜の時期にも来ようという話になり、4月6・7日に同級生を中心に数人で尾道を再訪。

予定を決めた時点では桜が散るころだと思っていたのですが、この日に合わせたように満開となり、観光地でもある尾道は、たくさんの人でにぎわっていました。

240407光原さんを偲ぶ旅2_19.JPG

彼女がひいきにしていた喫茶店でホットケーキを作ってもらってお供えし、おさがりをみんなでいただきながら話をしたり、ともに行った場所を巡ったり。

一時みんなで盛んに行っていた句会も行い、日ごろから俳句を詠んでいるメンバーの取り仕切りでひときわ学びの多いものとなりました。

ちなみに、兼題は、光原さんと最近亡くなった同級生の名前を一字は入れて詠むというもののみで、あとは自由題でした。プライベートな句会なので、ほかの人の句を勝手に紹介するわけにもいかないので、私が名前すべての文字を入れて詠んだもののみ紹介しておきます。

「春光の百合わさりて凪ぐ海原」

翌日は、最近亡くなってしまった同級生の思い出話をしたり、参加者の一人が幼いころに一時住んでいた尾道の向いにある向島に渡船で渡って、レンタサイクルで巡ったりと、比較的まちの中心部からは少し離れた場所に行くことが多かったので、人ごみに煩わされることはあまりなく、じっくり過ごした二日でした。

240407光原さんを偲ぶ旅2_15.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ