• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『アジア発酵紀行』

[2024年04月09日(Tue)]
『アジア発酵紀行』
(小倉ヒラク著、2023年、文藝春秋)

2403アジア発酵紀行.JPG

発酵デザイナーとして古くて新しい発酵に関する普及啓発活動を行い、『発酵文化人類学』や『日本発酵紀行』などの書籍も出版している著者が、「糀」(こうじ)の起源を求めてアジアの旅に出ることになるのだが、若かりし頃バックパッカーとして世界を旅していたからこそと思われるディープなものに。

日本の文化は中国南西部の雲南省だといわれることを私も聞いたことがあるような気がします。最初の舞台がそこで、高度差もある様々な環境の中で育まれた味噌や焼酎などを実際に作る現場を訪ねたりして、厳しい環境の中で保存や栄養を取るために発酵が活用されていることを解き明かしていきます。

中でも、お茶の古木から作られるプーアル茶については、お茶席で飲む機会があって興味深かったことを記憶していて、その地方では、それぞれがお茶を持ち寄って、ざっくばらんに楽しむお茶会が開かれているという話が面白かったです。

そして旅はむしろそこが始まりで、そこから民族紛争が勃発しているインドへとたどり着き、発酵文化を守るためにインド社会からはずれて森の中で暮らす人々の中に糀の起源があることを探り当て、その驚きの歴史と文化を紹介してくれています。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ