CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

220710参議院選小ネタ05_資産所得倍増計画_貯蓄から投資へ

[2022年06月30日(Thu)]
「新しい資本主義」という言葉が全くピンと来ないというか、言っていることのどこが新しいのかよくわかりません。

もしかしたら、この「貯蓄から投資へ」というのもその一つなのかもしれませんが、貯蓄から投資へなかなかお金が動かないということは数十年前から言われていたことで、今に始まったことではありません。

日本ではもともと投資をするという習慣があまりなかったことや、高度成長期には銀行に預けても金利が高かったなどいろいろな要因があるのでしょう。

それにしても、貯蓄額が減っているという今になってことさらに強調するのは若干の悪意を感じざるを得ません。株などへの投資は、うまくいけば貯金や預金より利率がよくなりますが、下手をすれば元の値段よりも安く(元本割れ)なってしまう。そもそも、元手が少額では得する額も知れています。

しかも、経済成長が進んでいるときには全体の価値が膨らむのでそれを分け合うことができますが、現在のような低成長期では、全体としてみれば誰かが得をすれば、誰かが損をすることになって、大きなお金を動かせる人はもともと余裕があるからいいかもしれませんが、なけなしのお金が目減りしてしまったのでは目も当てられません。

政府が、率先して「貯蓄から投資へ」というからには、いくら自己責任とは言え、投資で元本割れした生活に困っている低所得者に対して、何らかの保障をしないとおかしいのでは、という話になりかねない危険な提案なのではと思ってしまいます。

投資で一定額以上の利益を上げた人からお金を集めて、低所得者の投資の利率を保証するという仕組みを作るというのならわからないこともないのですが(それはそれで大変でしょうが)。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1086_みやた農園の白皮南瓜(白皮カボチャ)の定植とタネ蒔き

[2022年06月30日(Thu)]
周防大島で耕作放棄地を開墾し、無農薬・無化学肥料・露地栽培・不耕起で農業を行っている「野の畑 みやた農園」から分けてもらった南瓜と玉蜀黍(トウモロコシ)と大豆のタネ。

まずは、人肌発芽で南瓜の4つのタネを発芽させ、育苗ポットで育てていて、定植してもよさそうな大きさになってきたので、一つは知り合いにあげ、

一つは、薩摩芋(サツマイモ)ばたけの空きスペースに、去年の秋に芋の収穫時にとった芋づるを積み上げていた場所をあけて、一旦玉葱(タマネギ)に使った使い古しの穴あきビニールマルチを二重にして敷いて、朽ちかけた芋づるを再びかぶせ、苗を植えるところだけ軽く耕して植え(暗くなりかけて時間帯にやったので写真がおどろおどろしいのはご勘弁を)、

220619カボチャばたけ01.JPG

220619カボチャばたけ02.JPG

もう一つは、錦帯橋近くのはたけの隣との壁に支柱とネットで上に登っていくようにした場所に植え(写真の右上に小さく見えています)、

220619ライブデポ2はたけ01.JPG

もう一つは、低いコンクリートの壁が立ち上がった端っこの空きスペースに、同じく使い古しの穴あきビニールマルチを敷いて、枯草や稲わらなどをかぶせ、苗を植えるところだけちょっと耕して植えました。

220621みやた農園白皮南瓜定植02.JPG

220626みやた農園の白皮南瓜.JPG

南瓜はつるがどんどん伸びて場所をとるので、植える場所に悩みます。

そして、玉蜀黍と大豆も作っておいた畝に交互にタネを蒔きました。

220619宮田農園トウモロコシ大豆タネ蒔き.JPG

1週間後にはしっかり芽がでてきています。


220626みやた農園の大豆と玉蜀黍01.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ