CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『雨の島』

[2022年01月11日(Tue)]
『雨の島』(呉明益著、2021年(原著は2019年)、河出書房新社)

2201雨の島.JPG

台湾には、ネイチャーライティングという自然を描く文学的伝統があるらしい。もともと博物画家になりたかった著者の呉さんは、その伝統を出発点とし、今日の環境問題などを含めて多様な生態系と人間の関係について考えていく手法として、エッセイや写真などを経て、小説という方法にたどり着いたらしい。

「クラウドの裂け目」という一種のコンピュータウイルスが、誰かのファイルをその関係者が見ることができる鍵を送り付けるという事件が起こる近未来、軟骨無形成症のミミズ研究者や、自閉スペクトラム症で鳥の声の研究者になった人の話など微妙に絡み合う6つの短編で構成されています。話の主体が急に変わったりして、ちょっとわかりにくかったりするものの、全体として台湾の奥深い自然の中に迷い込んでしまったような不思議な感覚にさせてくれる作品たち。

お隣の国の素敵な作品に出会えてうれしい気持ち。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ