CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

71『サンマデモクラシー』2021横川シネマにて23

[2021年11月16日(Tue)]
『サンマデモクラシー』
(監督・プロデューサー:山里孫存、製作:沖縄テレビ放送、99分、2021年、日本映画)

2111サンマデモクラシー.JPG

2021年、映画鑑賞71作品目にして、劇場での鑑賞23作品目。

戦後の米軍占領下にあった沖縄では、民主主義のショーケースとして、形の上では沖縄住民による三権分立の機関が設けられていたが、実際には何代にも渡って派遣された高等弁務官による布令によって支配されていた。

ある日突然の布令により、沖縄在来でない魚に高額の税金がかけられることになったが、マグロの釣り餌として日本から入ってきて、そのうち大衆魚として食べられるようになったサンマが布令の課税対象魚の名称に入っていなかったのに課税されていたことで、一人の女性が税金の返還請求の裁判を起こす。

「サンマ裁判」と呼ばれたこの訴えが、沖縄の人々を巻き込んで大きな動きになったことを、その女性、裁判を支えた弁護士であった保守派の政治家や、“米軍(アメリカ)が最も恐れた政治家”と呼ばれた男など、注目をあびた人物の背景を軸に、うちな〜噺家 志ぃさーをナビゲーターとして、一大エンターテインメント作品として地元の放送局がまとめ上げた痛快な作品。

これは面白い。

現代につながる歴史の一ページとして多くの人に知ってほしい。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ