CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

67『MINAMATA』2021サロンシネマにて20

[2021年10月17日(Sun)]
『MINAMATA』
(監督:アンドリュー・レヴィタス、出演:ジョニー・デップ、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子、ビル・ナイ、115分、2020年、アメリカ映画)

2108ミナマタ.JPG

2021年、映画鑑賞67作品目にして、劇場での鑑賞20作品目。

チッソ水俣工場の排水内に含まれていた有機水銀が原因で、中枢神経が侵され、感覚障害などが起こる病気である水俣病。原因が特定された後も長い間会社側は責任を認めていなくて、現在でも認定問題など未解決の問題を抱えている。

1970年のころ、アメリカの著名な写真家であったユージン・スミスさんは、引退を考えていたところ、水俣病の取材を持ち掛けられ、最初は乗り気でなかったものの通訳のアイリーンさんとともに日本に来ることになる。

最初は反発されていたものの、徐々にコミュニティの中に入って取材を続け、世界的にも水俣病を知らしめるきっかけになったアメリカのライフ誌に掲載されるまでの過程を、人間味あふれる人となりも含めて描いた力作。

このところ、この映画がきっかけになってか、水俣病に関する報道を目にすることが多いような気がします。

水俣病については、学生の頃読んだ石牟礼道子さんの『苦海浄土−わが水俣病』がとても記憶にに残っています。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ