CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『人新世の「資本論」』

[2020年11月29日(Sun)]
『人新世の「資本論」』(斎藤幸平著、2020年、集英社新書)

2011人新世の資本論.JPG

1989年のベルリンの壁崩壊、それに続く1991年のソビエト連邦の崩壊などによってなし崩し的に共産主義国がなくなっていく中、その礎となったカール・マルクスさんの『資本論』は等閑視されているような印象を持っていましたが、こつこつと研究は進められていて、その最新研究から、マルクスさんが晩年にたどり着いた「脱成長コミュニズム」こそが、現在資本主義による経済成長によってもたらされつつある地球の破壊を救い、豊かな未来をもたらす道筋であると著者は訴えています。

こう書いてしまうと、なんだか小難しいことが書いてあって読みにくそうですが、実際にはこういった経済に関する本にしてはとても読みやすい。

その前に、「人新世(ひとしんせい、または、じんしんせい)」という見慣れないかもしれない言葉について一言書いておきましょう。かつて(大昔)の小惑星の衝突や火山の大噴火などが地球の地質や生態系に重大な影響を及ぼしたように、現在人類の活動が、地球環境に大きな影響を与えるようになったとして想定した地質時代の名称として発案されたもので、第二次世界大戦のころに提唱されたのですが、いつから始まったかについては、1万年位前の農耕革命のころや、産業革命のころ、終戦間際の原爆実験の時など、諸説あって確定はしていないようです(これから注目される言葉になりそうです)。

グリーン・ニューディールやSDGsなど、何だかんだと成長のネタを探して食い物にしていく今日の資本主義って、本当に大丈夫なの?という素朴な疑問に正面からダメ出しをしていて、水や電力などの基本的な公共財を、コントロールしやすい開放的な技術を使って<市民>営化することによって、成長しなくても豊かな暮らしをみんかが享受できる可能性について書いています。

そして、それが理念だけでなく、スペインのバルセロナなどの都市で、協同組合による市民参加型社会を目指しつつあるという具体例も示してくれています。

失礼なのかもしれないのですが、マルクスさんにそれほど思い入れのない私からすると、この本の内容自体はとても興味深いのに、それほどマルクスさんを持ち上げなくてもよかったのではないかと思ってしまいます(もちろん、先行で言及している人がいれば尊重されるべきだと思いますが、ことさら取り上げなくてもよかったような気がするという意味で)。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ