CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

アップルパイをはじめて作ってみた(忘備録)

[2020年10月23日(Fri)]
ここ10年以上は、長野県で低農薬で作っているリンゴを、10月から1月くらいにかけて何種類か共同購入しています。昔からリンゴの中で紅玉という品種の酸っぱさが好きで、最初に来るのが紅玉なのでいつも秋の楽しみにしています。

加熱しても味がしっかりしているので、お菓子にするといいのは知っていたものの、生食が好きで、今まで作ったことはなかったので、今年は思い切っていつもより多めに購入してアップルパイ作りに挑戦してみました。

1021アップルパイ.JPG

20個くらい作ったので、冷凍パイシートの解凍具合や、シートの麺棒での伸ばし方、端をフォークでつぶすことにはまあまあ慣れたように思います。

ただ、中に入れるフィリングのレシピについては数量を忘れそうなので記録しておこうと思ったわけです。インターネットで雰囲気をつかんで、自分なりに決めて、結構自分好みの味になったので。

材料:紅玉5個(大体1玉、皮芯込みで200グラムくらいでした)、小さめのライム半個(レモンが品切れだったので)、キビ砂糖100グラム、蜂蜜80グラム、シナモンパウダー少々、卵黄、冷凍パイシート(1枚を4等分して2個分)。

紅玉1玉は皮のままイチョウ的な切り方(皮の食感も少しは残したくて)、2玉は皮をむいてイチョウ的に。残りの2個は、ライムを絞っておいて、すりおろしてすぐ混ぜて変色を防ぎます(水分はこれだけ)。

それらと砂糖、蜂蜜を一緒に鍋で1時間弱くらい炊くと、すりおろした果汁の水分もとんで行ってジャム状になるので出来上がり。

あとは、少し伸ばした冷凍パイシートに入れて、フォークで端を抑えて、ナイフで切れ込みを入れ、上に卵黄を付けてオーブンで焼くだけです。

高めの220度で20分くらいでカリっと焼きたかったのですが、どうもオーブンの手動操作がうまくいかず、お任せお菓子モード(170度23分)を2回繰り返すことでまあなんとかいい感じになったかな。

ちなみに、フィリングがたくさん出来たので、2回に分けてパイを作りました。フィリングをジャム瓶に入れて冷蔵庫に保存して、作るときに冷たいまま使っても焼き具合が問題になることはありませんでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ