CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

岩国市民歴史講座の資料が冊子にまとまりました

[2020年10月11日(Sun)]
長年岩国徴古館に務め、最後は館長となって退職した学芸員の宮田さんを講師に、2018年の1月から2020年2月まで、隔月で14回にわたって開催された「岩国市民歴史講座」の資料をまとめた冊子が自費出版されました。

2008岩国の歴史.JPG

何といっても、岩国の歴史に詳しい宮田さんの話を聞く機会はあまりない貴重な機会なので、私は都合が合わなかった2回を除いて聴講させてもらっています。

南岩国にある明屋書店にこれが置いてあるのをたまたま見つけたので購入したのです。口座に出たときの資料はとってありますが、やはり冊子にまとまっているのはうれしいし、ちらちらと見たら、冊子にするにあたって若干見直しをしたり、図を書き直してあったりしているみたいです。

江戸時代の岩国の歴史について、詳しめの解説レジュメと、時に図入りの古文書の書き起こし文で、江戸時代を中心に岩国の歴史の結構細かい話がわかりやすく解説してあってなかなか興味深い。

干拓についての具体的な技術であったり、寺社仏閣など宗教について、鵜飼や漁、製紙や製塩などの産業、祭り・神楽などの風俗、身分制度、一揆、家格問題に伴う差別についてなど、多岐にわたっています。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ